たんぽぽ薬局の薬剤師でワークライフバランスを!


たんぽぽ薬局の薬剤師は野に咲く“たんぽぽ”のように、地域にしっかりと根ざした、人々から愛される存在でありたいとの願いを込められていることからわかるように、お客さまに愛され、信頼される薬局を目指しています。

そんな薬局で働くことが薬剤師の立場からはどう映るのか見ていきましょう☆☆☆

たんぽぽ薬局の薬剤師になるということ

たんぽぽ薬局の薬剤師になるということは、どのような会社に勤めることになるのでしょうか。

まず、たんぽぽ薬局の設立は1995年(平成7年)の10月で、資本金は6億9,300万円です。

たんぽぽ薬局の経営理念は以下三つ。
・私たちは、調剤と服薬指導が、人の命を預かる大変重要な仕事であることを自覚します。
・私たちは、サービス業に携わる者として、お客さまに愛され、信頼される薬局を目指します。
・私たちは、「薬と介護のプロ」としての自覚と誇りを持って、地域医療に貢献します。

たんぽぽ薬局の店舗戦略としては、地域薬剤師会と協調をきっちり図りながらのエリア拡大を行っていて今ではたんぽぽ薬局グループ全体で店舗数が150店舗に届こうとしています。

東海・関西・北陸・四国に今は123店舗の調剤薬局を展開しています。

たんぽぽ薬局の立地の特徴は、店舗の8割以上が大規模な総合病院前に立地していることです。

調剤報酬部門の売上は中部圏トップクラスを誇っており、在宅医療にも近年は積極的に取り組んでいます。

それでも社名に込められた願いを忘れることなく、常に患者さんのことを第一に考え、質の高い医療サービスの提供を掲げ、努力を続けている企業です。

たんぽぽ薬局の薬剤師が求めるべき姿

たんぽぽ薬局の薬剤師に求められるあるべき姿というのは、地域社会に求められる“真のかかりつけ薬局”で働く薬剤師です。

たんぽぽ薬局は主に総合病院の前に位置しているので、総合病院の処方にかかわることが多いといえます。

それは、できるだけ深刻で慢性的な疾患を抱える患者さんから近い立場で処方せんを応需したいという想いからきています。

そのため今までもこれからも総合病院の門前薬局としての出店を続けていく予定で、さらに所属している薬剤師の半分以上が認定薬剤師資格を取得しています。

それは、患者さんのためになる場所だけでなく、実際に助けられる“真のかかりつけ薬剤師”となれるように実力を兼ね備えておくためです。

薬剤師は会社にある支援制度を活用することで認定を目指せるようになっていて、会社としても、認定薬剤師資格100%取得を目標に掲げています。

さらに在宅業務にも取り掛かっていて、実際に行っている薬局は全店舗の8割以上となっており、それぞれが高い実績を誇っています。

そのため、薬剤師には多くの期待が寄せられている調剤薬局であるといえるでしょう。

たんぽぽ薬局の薬剤師が期待できる研修制度

たんぽぽ薬局の薬剤師が受けられる待遇や利用できる制度というのはどのようなものでしょうか。

まずは研修について見ていきましょう。

たんぽぽ薬局には、業界屈指ともいわれる多彩な研修プログラムが整っています

新入社員研修としてまず、本社研修と店舗研修があります。

これは合計2か月間あります。そこから店舗配属が行われ、約10か月間あるマンツーマントレーニングを受けることになります。

先輩社員がOJTトレーナーとして新入社員とマンツーマンで業務指導を行うほか、メンタル面での支援も行っていきます。

さらに2年目以降になれば、それぞれのステップに即した各種階層別研修が展開されます。

そこから役職に合わせた薬局長研修やエリアマネージャー研修などがあり、マネジメントに関わる研修プログラムも用意されています。

ステップアップ系とは別に、全従業員を対象にした専門別研修もあり、社内インターネット研修や各種研修会が常に開催され、最新情報に触れられる機会を提供しています。

たんぽぽ薬局の薬剤師が受けられる福利厚生

たんぽぽ薬局の薬剤師が受けられる福利厚生の代表格が育休産休制度でしょう。

患者さんの満足は、従業員の満足から。その考えからたんぽぽ薬局では、従業員が家庭と仕事を両立できるよう、ワークライフバランスを重視した社内システム作りに取り組んでいます

育休産休の取得を奨励していて、特に女性の比率が3/4を超えるので、育児休業を最長2年まで延長できる制度や、育児休業復帰後は勤務時間を1日最大2時間半まで短縮しての時短勤務ができる制度を採用しています。

この取り組みから、たんぽぽ薬局は2007年から5回連続で厚生労働省が管理している子育てサポート企業にも認定されています。

そのほか結婚している人にだけでなく、単身の方へのサポートも充実しています。

福利厚生、教育制度と魅力の多いたんぽぽ薬局ですが、興味を持ちましたか?

もし興味を持ったのであれば、まず行う作業として薬剤師転職サイトへの登録がおすすめです。

登録することで転職活動に使える企業の最新情報を入手できますし、内定獲得に必要になるステップの確認などもできます。

まずは登録から始めていきましょう。


タグ: ,
カテゴリー: 調剤薬局を会社別に見る
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。