アイランド薬局の薬剤師になって薬剤師のスキルアップ

アイランド薬局の薬剤師になることを考えると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

こちらではアイランド薬局の業務ポリシーや展開している研修プログラムを通じて将来どのような薬剤師として活躍できるかを探っていきましょう☆☆☆

アイランド薬局の薬剤師の募集条件とは

アイランド薬局の薬剤師になるというのは、東京都に本社がある従業員が薬剤師366名を含む従業員数734名の会社に入るということです。

売上高は206億円となっており、北は北海道から南は兵庫県まで多くの店舗を展開している調剤薬局の大手です。

従業員の平均年齢は36.1歳、平均勤続年数は5.8年と調剤薬局の中では長く、産休・育休復職率は100%と離職率の低い環境です。

アイランド薬局の薬剤師になって期待できることとは何でしょう。

多くの中途採用を随時行っている会社ではあるので、中途採用者のための研修制度が充実していて、キャリアアップを目指せる職場となっています

期待できる年収はというと、正社員で経験にもよりますが、420万円から600万円となっています。ちなみにパートだと時給は1800円から2200円 となっています。

給与手当もしっかりしており、時間外手当、赴任手当、通勤手当はもちろんのこと、専任職手当、管理職手当、役職手当、資格手当等多彩に用意されています。

勤務はシフト制で4週8休 で店舗ごとに少し変わりますが、変形労働時間制ありで週40時間勤務となっています。

休暇については、夏期休暇に合わせて年末年始休暇、有給休暇が初年度であれば10日、誕生日休暇というのもあります。

福利厚生についても 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、薬剤師保険、退職金制度、借上げ住宅制度、アイランドサークル、産前産後休暇制度、育児休業制度が準備されています。

アイランド薬局の薬剤師となって地域社会に貢献

アイランド薬局の薬剤師に期待されているのは、まずは調剤業務におけるテクニックです。

調剤業務はゆっくりしてしまうと患者さんを待たせてしまいます。

診察には長い待ち時間がつきものです。やっとその診察が終わったと思ったのにさらにその上に薬局での待ち時間が長ければ、さらに気持ち的にも身体的にも疲れてしまいます。

また、正確な調剤も重要です。

きちんと調剤を行わなければ当たり前ですが、患者さんを危険にさらす結果になりかねません。

業務を効率化し、できるだけ患者さんを守る状態を作り出せるよう、最新機器を積極的に導入しています。

また、薬剤師たちは7つの専門教育プログラムという研修プログラムを用いて、常に新しい情報と知識を身に付けられるようになっています。

こうした工夫と努力から患者さんを第一に考えた正確でスピーディーな対応を行えるようにしています。

アイランド薬局の薬剤師となってスキルアップ!

アイランド薬局では薬剤師に薬剤師が技術的にスキルアップするために多くの講習の場を用意しています

まずご紹介したいのが、医師を招いての勉強会です。

調剤では、どのような薬をどのような症状に処方するかという知識は増えますが、実施の際にどのような処方意図があるのかわからないことが多いです。

そのため、具体的な作用機序を理解するために全国各地で年に数回、循環器内科、神経内科、放射線科などの専門分野の医師の方を招いて勉強会を実施しております。

各店舗においても研修プログラムがあります。

店舗ごとに設置されているパソコンにて様々な病態をテーマとし、研修資料が毎月配信されています。

この臨床薬剤師研修は情報配信だけでなく、知識がきちんと習得されているか確認するためにミニチェックテストを実施したりすることで前述した専門医による病態病理勉強会への理解をさらに深めることができます。

パソコンだけでなく、様々な店舗購読誌からも勉強が可能です。

マガジン研修と呼ばれるこの研修では、『薬局』、『日経DI』、『日本薬剤師会雑誌』や『DSU』といった専門誌が多くの情報を伝えてくれます。

こちらについても確認テストもしっかりと行っていきますので、自分のスキルアップを感じることができます

この点数は、海外医療研修へ参加できるかを決めるのにもつかわれています。

海外医療研修では、よりプロフェッショナルな薬剤師を育成する目的から、多くの臨床薬剤師教育とその実践という実績で有名なアメリカの州立大学で講義を受講することができます。

日本でも最新医療体制を整備するため、そしてコミュニケーション能力アップのためにも、現地でコミュニティー薬局という調剤薬局や、長期療養施設などにも足を運び、実際に海外の施設の様子を肌で感じる講習となっています

アメリカだけでなく、中国や韓国、タイなど、アジア圏でも医療研修も積極的に実施しています。

いかがでしたでしょうか。

アイランド薬局の薬剤師の特色はその多彩な研修プログラムであるといえるでしょう。

もし薬剤師としてスキルアップしていきたいと思うのであれば、最適な職場といえます。

では、実際に就職を考えた際にどのように行動したらよいのでしょう。

お勧めなのは、薬剤師転職サイトへの登録です。

薬剤師転職サイトでは多くの求人情報を取り扱っているほか、求人の詳細であったり、最新の求人状況を知ることができる貴重な場です。

そのサイトに登録することで、それらの情報を得られるうえに転職コンサルタントの方に悩みを相談したり、履歴書などの書類の添削をお願いできたりするので、気持ち的にも安心して転職活動が行えます。

まずは登録から始めていきましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ