クオールの薬剤師は向上心に火がつく!?


クオールで薬剤師として働くということは、一言で言えば、成長のチャンスをつかめる、とも言えるかもしれません。

その言葉の理由とともにクオールの薬剤師になることがどのようなことか、その内容について見て行きましょう☆☆☆

クオールの薬剤師になれば日々成長できる!?

クオールの薬剤師になってまず期待できるのが成長でしょう。

クオールの特長との一つと言えるのは、実績と経験から生まれた教育制度です。

このクオールの教育システムというのは、階層別研修体系、そして総合試験を合わせた独自の制度になっています。

この総合試験というのは、必要な研修を履修し、それらの知識がきちんと定着していて、薬局長になるために必要な能力が備わったかを確かめるためのものです。

行われる研修は、薬剤師として病気に対する専門的な知識以外にも、窓口での接客能力、医療保険などの患者さんの相談に対応できるようになどのスキルを得られるものになっています。

クオールは1992年に設立され、今では正社員の数は3000人を超え、パートやアルバイトの数を合わせると5000人近くにもなります。

大きく成長した影には、研修に力を入れていることが大きな要因となっているのかもしれません。

さらにコンビニやJR西日本と提携するなど様々な形態にも挑戦していて、会社全体として成長を感じられる環境といえるでしょう。

クオールで薬剤師として働けば資格取得にも有利

クオールの薬剤師になることは、目標を作りやすいとも言えます。社内での研修として、QOL認定薬剤師制度というものがあります。

このQOL認定薬剤師制度とは、現在のところ14疾患をも扱ったテキストを独自に支社内で作り、それを元にした研修を受けることによってQOL認定薬剤師の資格を受けられます。

これを目標の1つとして、達成感や責任感を生むものとして日々のやりがいにつなげることが期待できます。

2013年には、このQOL認定薬剤師の中でもがん患者のQOLを専門に取り扱うQOLがん認定薬剤師というものも認可されたことから、がんなどの特定の病に対する専門家育成にも力を入れています

クオールの薬剤師は学びの刺激が満載

クオールの薬剤師になることは、日々学んでいくことにおけるモチベーションを上げてくれる機会がいくつか存在します。

その1つが、クオールグループ学術大会といえるでしょう。

それは、クオールに属する社員が集まって、各薬局においてお客様である患者さんのために行った取り組みなどを発表し、それを全店舗の効率アップ、モチベーションの向上につなげています。

口頭発表やポスター発表などの多くの方式があり、毎年多くの議題や演題もあることで活気づいています。

他にも、海外留学制度というものもあります。これは基本的に管理職に就いている社員を対象としているものです。

医療制度の観点から日本と海外の違いを知り、それを仕事の中で活かそうという試みからですが、同時に日々に刺激を与えてやる気アップにも貢献しています。

クオールの薬剤師はながーく続く

クオールの薬剤師の年収というと、 新卒薬剤師の月収から言うと、26から35万円です。

決して低くない数値ですが、これが様々な手当込みと考えると基本給は少し少なめと言っていいでしょう。

手当の1例を挙げると、地方に行けば、赴任手当なるものが配給されます。他にも、家賃手当などの福利厚生には力を入れてます。

そのため、あまり年収の特徴がないクオールですが、そのような手当が多くなる勤務地に行くことによって高収入が期待できます。

しかしやはりクオールの魅力というのは、充実した福利厚生でしょう。

そのため、高い収入が欲しい方にとってはあまりよい就職先とは言えないかもしれませんが、産休育休制度がしっかりしていて、なおかつその制度が利用しやすいということは、特に結婚や出産をしても仕事を続けたいという女性には大きな魅力となるでしょう。

しかし、いくら福利厚生や教育制度に魅力があっても職場に自分が馴染んでいけるか、店舗の雰囲気がどうなのかというのは気になるものです。

そのようなことが気になれば、オススメしたい手段というのが、転職サイトへの登録です。

薬剤師専門の転職サイトに登録することによって、いわゆる非公開情報に分類される薬局などの内部情報に精通したプロの転職コンサルタントのアドバイスを受け、より効率よく転職活動を進めることが出来ます。

転職先選びから、実際に内定を勝ち取るまでの志望動機や自己PRの書き方、面接の注意事項といった場面でもサポートしてもらえるので、確実に希望の転職先ではたらくチャンスを掴むため、まずは登録から始めましょう。


タグ: ,
カテゴリー: 調剤薬局を会社別に見る
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。