コスモスの薬剤師はキャリア街道まっしぐら!?


コスモスの薬剤師で得られる年収は中途採用であれば大体500万円と決して低くはないのですが、業界内ではごくごく平均的といえます。

しかし、役職につきやすく、会社側も早い昇進を推奨していることから役職手当を付けることにより年収アップが望めます。

また、教育にも力を入れていたりと様々な特徴のあるコスモス薬品なので、それらの点を踏まえつつ、転職先としてのポイントを見て行きましょう☆☆☆

コスモスの薬剤師は年収も気持ちもアップ!

コスモスの薬剤師になるというのは、正式名称がコスモス薬品の従業員になるということです。

コスモス薬品は昭和58年12月に設立され、今では年商が3300億円近くにもなります。本社は福岡にあり、そこを中心に店舗を展開しています。

調剤薬局は1店舗にとどまりますが、ドラッグストアの数は532店舗にもなります。そのコスモスの薬剤師になることで、若い年齢で責任ある立場につけます。

早い段階で管理者やリーダー格になれるということは、個人の努力する気持ちを引き出し、モチベーション向上につなげることが出来ます。

具体的な例を挙げるとすると、入社1年目でパートやアルバイトの薬剤師のマネージメントを行い、具体的な業務指示を出し、管理する側としてのスキルを磨くことが出来ます。

さらに、2年目になると店長を補佐する役目である副店長という役職に就きます。

店舗全体を管轄する店長の側で仕事ぶりを見て、さらに手伝うことができるので、店舗運営の技術や知識を学びとり、ついに3年目になると、いよいよ店長として実際に店舗運営に携わっていきます。

さらにそこから成長を続け、一つの店舗だけではなく、その区域一体のエリア長となり、よりたくさんの店舗を管理することも出来ます。

また、店舗内の薬剤師の管理だけにとどまらず、実際に商品を仕入れるバイヤーや会社全体に関わる人事や経理などと言った役職について、それらの仕事の角度から薬剤師のあり方を学ぶと言う道もあります。

これは、同時に年収を上げられるということにもなります。

昇給が少ないと言われているこの業界ですが、役職手当を増やしていくことで年収を増やすことができるので、知識や技術、そして責任が増えるとともに収入が増えることからさらにやる気をアップさせることができるでしょう。

ただし、役職がつき、エリアマネージャーなどに昇進すると、経験を積むためにも転勤が必要になります。

しかし、コスモス薬品の転勤は転居を伴わずに済むので、家庭の事情などで引っ越しが難しい方にも安心です。

コスモスの薬剤師はマンツーマンで先々まで安心!

コスモスの薬剤師は、十分で充実した教育を受けられます。教育においてコスモス薬品が重要視しているのは、職場内教育です。

これはいわゆるOJTを通じて、仕事を現場で実際に行い、日常的な業務の中で仕事を効率良く行うために必要になる知識、技能そして接客態度などを重点的に指導が行われ、将来的に店舗を管理できるよう、人材を計画的に育成していくのです。

コスモスでは、ブラザー制度という先輩後輩のペアによるマンツーマン教育が中心となっています。

入社後に、同じようにパートナーと組んで経験を積んできた先輩の社員がペアとなることで、仕事前に行う早期の技術習得を始め、業務の悩みや不安といったものへの相談に乗ったりと後輩の精神的に支える役割も果たすことが可能になります。

これは後輩の教育のための制度のようですが、同時に先輩社員は教える側になることによってより自分の知識や技術を深めるとともに、自らが入社してから築いてきた“努力の過程”を振り返り、自分の糧にすることができるので、一石二鳥の制度と言えるかもしれません。

この制度は中途採用でも行われることから、ドラッグストアの未経験でもきちんと仕事を把握し、遂行できるようにフォローをしてもらえると言えます。

さらに社外セミナーの種類も充実していて、10種類が用意されています。

その内容には、普段なかなか話を聞くことの出来ない社長セミナー、店長会議など、さらに上の立場を目指していく上で必要な知識やちからを得られるセミナーが準備されていて、好きなモノを選べるようになっています。

もちろん、ドラッグストアで働く中で決して疎かに出来ない医薬品に関する知識を得るためのセミナー等にも力を注いでいて、高い実施の回数、内容の充実に務めています。

もしコスモス薬品に興味をもったのであれば、説明会に参加してみるとよいでしょう。

新卒の薬剤師を集めるための説明会というのは就職説明会という形でありますが、中途採用者向けにも説明会を行っているのがコスモス薬品の特長の1つなので、転職先として考慮するのであれば、一度参加してみてはいかがでしょう?

また、コスモスには65歳まで働けるという再雇用制度が完備されています。

つまり、長く働ける場所となっているのです。しかしこのようなメリットが多くあっても実際に自分に合うのかどうかも不安がありますよね。

そこでオススメなのが転職サイトです。

薬剤師専用の転職サイトに登録することによって様々な情報を得ることが出来、求人票からは読み取れない詳細事項まで知ることが出来ます。

転職成功のため、まず転職サイトに登録してみましょう。


タグ: , ,
カテゴリー: ドラッグストアを会社別に見る
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。