サンドラッグの薬剤師は学びとやりがいがゲットできる


サンドラッグの薬剤師になるということで期待できることとは何でしょう。

最も特徴的なのは、”学べる量”です。

他の企業の薬剤師より多くの仕事を任されることで仕事量は多くなりますが、その分やりがいも多く、企業側からの教育援助も手厚いことで知られています。

ではそんなサンドラッグのメリット、デメリットを見ていきましょう☆☆☆

サンドラッグの薬剤師が企業に求められていること

サンドラッグの薬剤師になる事を考える上では、企業のことを知ることが不可欠です。

サンドラッグは、ドラッグストアチェーン経営、調剤薬局経営そしてフランチャイズ・ボランタリーチェーン店への商品供給と経営指導の三本柱で成長を続けている企業です。

2015年の段階で直営店舗は593、フランチャイズ店舗は52 となっています。

東京都府中市に本社があり、東証1部上場企業ですので、ブランド力もある大手企業と言えるでしょう

薬剤師の立場らからだと、事業内容で確認すべきはドラッグストア事業と調剤薬局事業でしょう。

ドラッグストア事業では、1店舗2ライン制を採用していて、2つの役割で、店舗で働くスタッフをカウンセリング販売スタッフと運営スタッフのふたつに分け、専門業務を分担し、よりお客さんに安心、信頼、便利を提供することを目的にしています。

調剤薬局事業では、生活者のホームドクターとして地域密着型の店舗経営を目指していて、その一環としてカウンセリング能力、コミュニケーション能力の向上を目指しています。

サンドラッグの薬剤師が目指せる仕事とは

サンドラッグの薬剤師はどのような仕事を行い、何を目指すことが出来るのでしょうか。

最もメインの仕事となるのがカウンセリング販売でしょう。

OTC医薬品の販売を行う薬剤師は、訪れるお客さんとのカウンセリングを通じて、悩みを聞き出し、より健康な暮らしを叶えることを目的にしています。

この作業は何も未経験者に突然かせられるものではありません。

未経験者には2年間のカリキュラムのあるOTC研修を通じ、医薬品や病気に関する知識を身につけることはもちろんのこと、お客さんとの円滑なコミュニケーションをとれるように教育を受けることが出来ます

次に多いのが調剤業務です。これのための研修も約2年間あり、総合病院や医療モールにある、もしくは近くの調剤専門薬局にて行われます。

さまざまな診療科目の処方せんが扱われる薬局での実習なので、幅広く知識と実技を身につけることが出来ます

この2つの研修を通し、総合的な調剤技能を身につけた際には薬局長として就任可能で、薬局長になることで、調剤部門のマネジメントを任される他、新人、後輩指導を行う業務につくことが出来ます。

もちろんこれに伴い給与アップも望めますし、責任感が増すことでやる気もアップすることが望めます

サンドラッグの薬剤師に求められているもの

サンドラッグの薬剤師は「調剤+OTC併設型かかりつけ薬局等」で活躍することが求められています。

そのために、サンドラッグでは育成計画の一環として、4つの教育コースが用意されています。上記のようにカウンセリング販売と調剤を二年ずつ行うコースでどちらを先にするかで2コースあり、調剤業務に専念したいと考えるのであれば、調剤に集中して学び、調剤技能を究め、将来的にサンドラッググループの調剤研修指導者になるコースが1つ。

そして、2年間のOTC研修を極めて、OTCカウンセリング販売店長として活躍するコースがあります。

自分にピッタリの場所で力をつけられるコースになっています。

さらにサンドラッグでは、真のプロフェッショナルを育てる目的として、入社15年教育カリキュラムを展開しています。

個人の能力に合わせて詳細な教育カリキュラムが設計されています。

医薬品販売に必要となる基礎的な知識から、あらゆる処方せんに対応できる専門的な調剤教育まで受けられるので、安心して仕事のスキルアップが出来ます。

他にも、店舗内の仕事にとどまらず、さらに調剤マネジメント部門、人材開発部門、商品開発部門、そして人事部門など、本部スタッフとしても活躍する道があります。

それぞれにおいても専門分野として学べる教育カリキュラムが用意されています

サンドラッグの薬剤師として働く場合の注意点

サンドラッグの薬剤師として働く際にはどのような点で注意したら良いのでしょうか。

まず、当たり前ですがOTC、調剤で薬剤師の仕事の内容、負担が変わってきます。

OTC部門は、店舗規模や勤務地の環境にもよりますが、品出しや棚卸しなどに合わせ勤務時間が不規則になりがちで、作業にも肉体労働が伴います

そのため、体力に自信のない方には少々厳しい仕事に感じられるようです。

販売に関してはノルマは存在しないようですが、売上がアップした際にはその分評価されるため、やる気がアップします。

調剤部門に於いては、通常の調剤業務以外にも保険関連やレセプトなど、他の企業であれば事務の方が担当する業務も薬剤師が行うので、それを負担と思うのであれば少しきつい仕事に感じてしまうでしょう。

自分でこなせる仕事が多くなる分勉強になることが多く、自立を目指す方にもおすすめですが、その仕事量から残業はある方だと思っておいた方がいいかもしれません。

サンドラッグの薬剤師が期待できるメリット

サンドラッグの薬剤師として働くのであれば、丁寧な教育カリキュラム以外にどのようなメリットが有るのでしょうか。

女性に嬉しい、育休、産休は取りやすい環境が整備されています。

”復職フォロー制度”と呼ばれる制度では、休職から復帰後も同じ仕事、役職を保障してくれています

また、サンドラッグでは出産後の復帰をフォローするための時短勤務制度もあります。

もともとサンドラッグの給与は期待できる調剤薬局業界の中でもトップクラスで、福利厚生もしっかりしていることで知られています。

給与は薬剤師手当が充実していることもあり、金額には満足しているという声が多いです。

住宅補助は借り上げ住宅に住んでいる場合は非常に良いですが、自分で選ぶ場合会社負担はないようです。
必要になる費用と住みたい物件でバランスを考えるとよいでしょう。

このように転職を考える際のポイントが幾つかあるサンドラッグですが、もしサンドラッグに転職を考えるのであれば、まずは薬剤師専門の転職サイトに登録することがおすすめです。

様々な情報を元に転職を効率良く行うための第一歩に是非活用して欲しいです。


タグ: ,
カテゴリー: ドラッグストアを会社別に見る
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。