ザグザグの薬剤師になってザクザク稼ぐ!


ザグザグの薬剤師には、調剤薬局での服薬指導を中心としたルーチン業務以外にも、常に変化するお客さんのニーズに応え、医薬品に限らず多くの商品を提供する使命があります。

小売業は“変化対応業”なので、お客さんが何を求めているかを敏感に感じ取って店舗に反映させていくセンスが薬剤師にとっても、重要になります。

この“変化対応業”のセンスを成長させてくれる、そんなザグザグの詳細を見ていきましょう☆☆☆

ザグザグの薬剤師は高給取り!

ザクザクの薬剤師になることによって、高い給与が期待できるといっていいでしょう。

初任給が高収入な上位30社に入った調剤薬局・ドラッグストアの18位に入っている株式会社ザグザグの初任給は350,000円となっていますが総合薬剤師(調剤兼OTC)となれば基本給は薬剤師手当17万円を含む395,000円からで、OTC薬剤師であれば薬剤師手当15万円含む基本給375,000円からとなっています。

それに合わせ、中途採用の薬剤師で初年度から年収600万円以上も可能です。

さらにここから薬局長など役職者であればさらに別途手当があります。また、薬局責任者を3年以上経験している方は、年収700万円以上の求人もあります。

ちなみにドラッグストア薬剤師の年収目安は約400万~700万円となっています。

そうなるとドラッグストア未経験、ブランクありだといきなり仕事を任されて大変じゃないかと思われるかもしれませんが、中途入社社員向けの研修制度はしっかりと設けられています。

研修機能をもつ薬局があり、ブランクがある方や調剤未経験の方でも安心して働くことができます。

接客・接遇、薬歴管理・作成、投薬・服薬指導、調剤業務、現行の医療保険制度などをきっちり学べる様々な研修もあるので安心です。

ザグザグの薬剤師になれば体験できる実践型の研修

ザグザグの薬剤師になると、店舗業務を遂行するうえで必要不可欠となる医薬品・化粧品・日用品などの店舗商品に対しての知識を伸ばす“体験型勉強会”に参加することができます。

商品知識を活かした接客を行うために実際にやってみることができる“実践型”の研修が準備されます

「一生忘れない知識・技術」をテーマに、ただテキストから読み取るだけでなく、商品を実際に使ってみながら学ぶことができるカリキュラムを実施。例えばドリンク剤の味見、男女関係なくメイクを実践してみたり、さらに大人用紙オムツの着用体験などに挑戦し、より患者さん/お客さんの立場に立てることを目標に設定しています。

そして、更なる様々な分野でのスキルアップを目指す社員に向けて、専門的な技術や知識を学ぶ勉強会、役職に応じ、必要になるマネジメント能力を高める研修を行っています。

ザグザグの薬剤師はワークライフバランスを考えてもらえる

ザグザグ薬剤師として働くならば、ライフスタイルや希望する働き方に合わせて二つの選択肢があります。

働く中で転居を伴う異動のある「ナショナル社員」と、転居を伴う異動のない地域を限定して働く「エリア社員」から選ぶことができるのです。

ナショナル社員であれば、地域に関係なく全店舗に異動が可能な社員へは住宅手当や引越し費用、初期費用などを支給し、負担が少なくなるよう会社を挙げてサポートしてもらえます。

家族や介護などの状況で転勤が厳しい場合、エリア社員を選ぶことで一か所に住居を定めて安心して仕事が続けられます。

ほかにも、「リミット社員」という独自の社員区分があり、個々のライフスタイルに合わせて勤務することができます。

リミット社員とは、「子どもが小さいので遅番シフトには入れない」「通勤に時間をかけられない」など勤務時間に制限が必要な社員に対応するための特別枠です。

また、高い育児休業取得率も特に女性にとって仕事を続けられる大きな助けとなるでしょう。

取得率の高さの秘訣は、職場にいる女性がその苦労や悩みを理解し、それを支えあっている環境があるからこそです。

過去5年間でみると、取得可能な対象者の9割以上が取得しています。育児休暇を活用し、長く仕事を続けられます。

2013年6月からは育休を最長3年に延長しています。そのため、万が一保育園が見つからないなどのトラブルにも対応できます。

子供のいない方でも、5連休を取ることができる制度を準備したりなど、どの社員にも良い面があります。

少し薬剤師らしくない研修もあるザグザグですが、いかがでしたでしょうか。

その点を魅力と感じられるのであれば、ザグザグがあなたにとっての就職先候補といえるでしょう。

もし合うものがあると感じたのであれば、まずは転職サイトへ登録することからやってみましょう。

あなたのもっている経験や年齢であればザグザグであればどのくらいの年収を貰えるのか、といった具体的な条件の詳細を事前に知りたいのであれば、薬剤師専門の転職サイトに登録して、転職コンサルタントに依頼して先方に聞いてもらうのがおすすめです。

ほか、数多くの求人情報、さらに転職全般の情報が載せられていますので、登録から始めてみましょう。


タグ: ,
カテゴリー: ドラッグストアを会社別に見る
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。