ジャスコの薬剤師はながーく明るく働ける!

ジャスコの薬剤師というとどのようなイメージが有るでしょうか?

ジャスコに所属しているから買物割引制度がある、というイメージがあるだけではもったいないです!

ジャスコには数多くの店舗を運営しているだけ、あるといえる完成された経営体系で安心して働ける環境が揃っているのです。

それらの点を詳しく見ていきながら転職先候補とするか考えてみてください☆☆☆

ジャスコの薬剤師は好きな分野で活躍できる!

ジャスコの薬剤師として修士卒の薬剤師が新卒で入社すると、その月給は311,000円~351,000円であるとジャスコホームページに提示されています。

また、6年制大学卒でジャスコの薬剤師になると月々296,000円~336,000円の支払いになります。

そしてジャスコの薬剤師全体の平均年収を見てみると約400~500万円です。

これはあくまでも平均です。勤務する地域や忙しさなどによっても金額も異なり、さらに調剤経験の有無や実績によって給与が変わってきます。

そのため、一概にジャスコの薬剤師は安定収入とは言えません。

併設された薬局があるジャスコの店舗は1999年にたった3店舗の調剤併設薬局から始まりましたが、2012年にはその数をなんと205店舗にまで増やしました。

ただ数を増やすだけでなく、内容充実にも務めていて、漢方薬コーナーを作ったり、在宅医療や介護施設調剤などといった事業も展開しています。

ジャスコの薬剤師になって好きな仕事を極められる!

ジャスコの薬剤師になれば、優れた人材教育システムで薬剤師として、そして人として成長ができます。

新人教育だけでなく、中途採用であってもそれぞれの立場にあった教育を準備しているので、例えブランクがあっていきなり業務を行うのは不安だという方にもピッタリです。

さらに、自分がどのような道を進みたいかによって様々な支援制度を受けることが可能です。

具体的には店長などの経営者向け、さらに開発者向けなどといったものがたくさんあります。

また、数多くの店舗を運営していく上で非常に確立された給与体系、そしてそれに合わせた職業の多さがジャスコならではといえるでしょう。

例えば、調剤業務が中心の薬局やOTC医薬品のみを扱う薬局という場所を選ぶことによって専門分野をしぼれますし、役職を見ても管理薬剤師や店長といった管理関連を中心にしたものを目指すことも出来ます。

さらにジャスコであれば治験などの新薬開発にまで手を伸ばしていることから前職や大学における研究を活かせるという特徴があるといえるでしょう。

また、あえてこれまで触れたことのない種類の仕事を行うことによって、さらに自分磨きをしていくことも可能です。

新たな自分の力を見つけることで仕事へのモチベーションを上げ、やりがいにすることもできるかもしれませんね。

ジャスコの薬剤師はテストで昇進!

ジャスコの薬剤師になれば教育制度を受けられることはすでに述べましたが、その中でも特徴的なものに資格登用制度があります。

これは役職に就くために必要になる資格と言っていいでしょう。

つまり、ジャスコで役職につき、その結果年収アップを狙うのであれば、この資格登用制度に使用されている試験で合格しなければなりません。

合格さえすればキャリア形成において大きな一歩となるのですが、やはり努力しなければなりません。

そのための努力を通じても自分のスキルを磨き、仕事へのモチベーションへとつなげることができると考えられると決して無駄とはいえないでしょう。

ジャスコの薬剤師はワークライフバランスが抜群!

ジャスコの薬剤師に用意されているのは何も仕事のための制度だけではありません。

ジャスコには仕事だけではなく、私生活も充実させてくれる制度が数多くあるのです。

イオンリテールは、従業員はイオンピープルという概念を元に、会社と従業員が共に働き、そして成長するといった豊かなワークライフバランスを目指しています。

仕事を生き生きと行うためには、仕事だけでなく、生活の両面において、充実したライフスタイルを保つ必要があります。

そのための主な支援制度のひとつとして、まずは長期休日制度が挙げられます。

もともとある年間125から120日の休日のうち、20日間は1回~3回の連続した休日として取得可能ですので、旅行や趣味に自由に使用することが出来ます。

また、転居に伴う住居の不安を取り除くための社宅制度もあります。社宅もありますが、もし個人で住居を借りたとしても補助金が出ます。

ほかにも育児休職、育児勤務制度が充実していて、決められた期間での休職や、時短勤務が可能になっています。

使用実績も高く、安心して利用できる制度となっています。 休職期間が必要になるのはなにも子どもの出産や育児だけではありません。

介護が必要な人と住むことで介護に集中するための休職や時短といったことが必要になるでしょう。

そこでジャスコではそのような状況に対応した介護休暇などといった制度を利用することが出来ます。

また、休暇など定まった期間で介護や育児が終わらない、家の都合上ジャスコの店舗がない地域に引っ越さなければならないなどといった理由で退社しなければなくなった社員が再度就職する事のできるリ・エントリー制度もあります。

ただし、これには事前登録が必要になるので注意が必要です。

このように様々な特典のあるジャスコですが、実際に自分にとって合う職場であるかというのはよくわからないものです。

そこでオススメなのが転職サイトへの登録です。

登録によって非公開の情報もたくさん入手できるといった特典もありますが、それ以外にも転職を成功に導いてきたプロのアドバイスを聞いたり、悩みを相談できるといったことも可能です。

せっかくの転職、成功させる第一歩に転職サイトへの登録から始めてみませんか?

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ