ツルハの薬剤師になるべき?ならざるべき?


ツルハで薬剤師として働く、ということに関してどのようなイメージを持っているでしょうか?

多くの種類のあるドラッグストアの中から選ぶというのはなかなか難しいものです。

選択の決定打を見極めるためにも、ツルハの特徴を見ていき、自分にあっているのかどうかを確認していきましょう☆☆☆

ツルハの薬剤師になれば儲かるのか

ツルハの薬剤師になる際には、その給与は一概に言えないということを知って置かなければなりません。

これは、全国展開をしているお店について殆どの場合適応されることですが、やはり場所によって店舗の規模や仕事の忙しさ、さらにその職場の場所の人気によって変動するので、それに合わせて給与も変わるのです。

さらに細かいことを言えば、都心に近ければ交通費も家賃なども変わってくるので、できるだけ安い家に住んだり、交通費を浮かせようとする努力をすれば、貯金は大きくなるでしょう。

さて、ツルハは1975年に設立された本社が北海道の札幌市にあるドラッグストアチェーン店であり、その資本金はいまや42億円を超え、抱える社員の数はパートなども含め、8000人以上います。

薬剤師の就く仕事としては、OTC医薬品の販売、さらにお客さんへのアドバイスや相談受付、そしてお薬の調剤や服薬指導となります。

ツルハの具体的な給与としては、新卒で月収270,000円で、中途採用であればその能力値に応じて月々の収入はいきなり500,000円まで跳ね上がります。

OTC医薬品関連の仕事、調剤業務関係の仕事を未経験でいきなり高い月収は無理であっても、薬剤師免許を持っていれば応募可能なので、年齢によって応募を諦めなければならないということはないので、年齢に不安がある人には挑戦しやすい就職先といえるかもしれません。

ツルハの薬剤師になればいろんな業種に関われる?

ツルハの薬剤師になるということには、様々な事業に携われるという利点があります。

ツルハのドラッグストアに行ったことがあるのであれば、ドラッグストア内にて整体院や整骨院を見たことがある人もいるのではないでしょうか?

また、なかなか自分の足でドラッグストアに行くのが難しいという高齢者のために訪問医療や宅配サービスを行い、介護においても薬剤師の知識を活用できることから様々な分野に関わりたい人にとっては非常にやりがいのある職場となるでしょう。

他にも、人のため、自分のために美容や健康について勉強したいという方にもお勧めです。

そのような分野に全く経験がないから不安だ・・・と思われる方でも、ツルハではキャリアプラン、更にその中のどのレベルに到達しているかで段階的な教育体制が取られているので、初心者でも安心です。

つまり、基礎の基礎から、さらに人に教える教育者、管理するマネジメント業務まで到達度に合わせて教育を受けられるので自分のペースで学べるのです。

さらに、講義形式だけでなく、グループでの作業や調査研究やそれに伴うプレゼンテーションを通じて新たなスキルを獲得することができます。

ただ学び、自己満足で終わるのではなく、到達度や活用の度合いによって仕事にもその結果をつなげることができれば、年収アップも可能です。

はっきりしたキャリアプランを立てられるのも大きな魅力となるでしょう。

ツルハの薬剤師はなかなか休みがとれない?

ツルハの薬剤師になることについてデメリットはあるのでしょうか?

ツルハの薬剤師になるデメリットというのは、薬剤師業界全体、ドラッグストア業界全体について言えることが多いといえるかもしれません。

まず、4年から6年制に移行した薬剤師制度ですが、同じく6年かかって卒業する医師や歯科医師ほど地位、年収が高くないことから元が取れていないという印象を受けることがあります。

それは、国の医療費を削減していこうという動きから診断報酬が下げられ、その結果薬剤師の給与がなかなかあげられないという背景にあります。

また、ドラッグストア業界において薬剤師が不足していることからどうしても一人あたりの仕事量が増えてしまい、場所によってはなかなか有給休暇を消化できないという話もあります。

そのような忙しいお店は避けよう、なんて思っても、店舗維持の忙しさに伴う人材事情というのは、なかなか転職活動の中で得られるものではありません。

そこでおすすめなのが薬剤師のための専用転職サイトです。

様々な大手のドラッグストアは薬剤師確保に乗り出しており、自ら転職サイトに情報を売り込んでいることもあります。

そのため、なかなか入手しづらい非公開情報もサイトを通じて得られることや、転職に役立つアドバイスを受けたり、相談に乗ってもらうなど、多方面からの援助を受けることが可能になります。

このようなサービスを受けられる転職サイトに登録して、転職成功の第一歩を生み出しましょう。


タグ: ,
カテゴリー: ドラッグストアを会社別に見る
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。