ドラッグストアの薬剤師がむかつく店員とは

ドラッグストアの薬剤師がむかつく店員はいくつか種類があります。

薬剤師と店員がかかわりを持つことがむかつくという感情につながるので、主に調剤薬局が併設されていないドラッグストアについて取り扱っていきます。

ドラッグストアでのむかつく店員についてどのような種類があるのかを見ていき、それぞれに対する対策を見ていきましょう☆☆☆

ドラッグストアの薬剤師がむかつく店員、悪口ばかりの人

ドラッグストアの薬剤師がむかつく店員の一種、悪口ばかりをいう店員が挙げられます。

悪口を言う人は、大体ストレスがあるからついつい言ってしまうという場合があります。

心に煮え切らない不満があり、その解消方法が他人の悪口を言うことに繋がってしまうのです。

簡単に言ってしまうと、可哀想な人です。このような人はそもそもストレスを感じていることに気づいていないのです。

また、プライドの高さから悪口を言ってしまうという場合があります。

特に薬剤師免許を持っていない方が自分の給与と薬剤師の給与を比較して、その差に我慢できない人は特に薬剤師に対して辛辣になってしまうでしょう。

自分の優位を示すために相手(薬剤師)の悪口を言って、自分の下にいるように自分に言い聞かせようとするのです。

このように悪口や批判の多い店員とは距離を置きましょう

このような性格的なものは、その人の生まれ育った環境やもしくは遺伝的なものなどからできるものなので、本人がそれを自覚するのも治すのも非常に難しいものです。

世の中には様々な人がいるのだと割り切って、そのような店員にはあまり近づかないことをおすすめします。

もし上司などでなかなかそういうわけにはいかない場合もできるだけ接触を避けて影をひそめるのが無難でしょう。

自分(薬剤師)、ほかの店員への悪口が始まったら適当に相槌を打って、相手が気が済むのを待つのも手でしょう

ドラッグストアの薬剤師がむかつく店員、話を聞かない人

ドラッグストアの薬剤師がむかつく店員に話を聞かない人がいます。

単純に会話をするだけでも疲れそうなこのようなタイプが部下や上司にいると非常に居づらく感じるでしょう。

特に調剤薬局併設型のドラッグストアでなければ店員とコミュニケーションを取りつつ、お客さんがレジに列をなせば、棚の整理などをしている薬剤師、店員もレジ打ちに回る必要性があります。

その際に人の話をきちんと聞かない人はそのような状況に気づかず(もしくはあえて気づかず)、自分の仕事を続けるなどして、同じ職場の人に不快感を与えるほか、並んでいるお客さんにもいらだちを与える結果になってしまいます

話を聞かない人には、寂しがり屋のかまってちゃんタイプ、自分の考えしか考慮できない頑固おやじタイプ、愚痴ばかりでネガティブな発言しか言わない人などがいます。

かまってちゃんタイプは自分にかまっている間は良いのですが、自分をちゃんと見ていないなどと感じるとひどい場合には無視といった行動に出ます。

適度に声をかけるようにするといったことが必要になります。

頑固おやじタイプは常に自分が正しいという考えを持っていますので、完全に意見を否定される言い方をされるとへそを曲げてしまいます。

相手の意見を受け入れていることを一言伝えることで少し話が通じるかもしれません。

ネガティブ発言の人には愚痴などに対していわゆるきれいごとになる極端に明るい返しはあまりお勧めできません。

ある程度相手の言うことを認めつつ、でも最後には良い(明るい)方向に会話を持っていくのが良いでしょう。

ただし自分のことを悲観的に言う人に対しては適当に相槌を打ってその場をしのぎましょう。

同意しても凹まれますし、否定して励ましても結局同じことの繰り返しになってしまう可能性が大きいです。

ドラッグストアの薬剤師がむかつく店員、常時監視する店員

ドラッグストアの薬剤師がむかつく店員に常時監視する店員がいます。

調剤薬局併設型のドラッグストアになればほとんど店員とかかわりがないのですが、もしドラッグストア内でのお薬相談コーナーのようなワンコーナーを担当することになるとほかの店員の目に触れる場所に常にいることになります。

店員によっては常に周りの人間の状況を把握したがる人がいます

それが店長などであれば把握するのが仕事であるとも言えますが、なぜか薬剤師を目の敵にするような店員もいます。

給与が一緒じゃないことに納得がいかない、薬剤師が棚卸やレジ打ちなどに参加してくれない、といった不満から悪いところを見つけようと躍起になっているのです。

もし店舗内が狭かったり、従業員数が少ない調剤薬局が併設されていないドラッグストアであれば少々厳しいかもしれませんが、できるだけかかわらない、というのが最も無難な考えです。

それが不可能であり、精神的にも負担になるようであれば、転職がおすすめされます。

薬剤師の転職サイトに登録することによって、このようなトラブルがあった店舗を避けたり、調剤薬局併設型の店舗を選別することが可能です。

精神的によい就業環境のためにもまずは薬剤師転職サイトへの登録から始めましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ