ドラッグストアの薬剤師の年収の真実とは?仕事の幅は割に合うのか!?

ドラッグストア薬剤師の年収は、400万円から700万円です。

あなたはこの金額を高いと思いますか?それとも、低いと思いますか?

ドラッグストアで薬剤師が働くというのは、専門分野から外れている仕事として、あまりよい印象を抱かない方も多いでしょう。

しかし考え方を変えれば、日用品やサプリなど医薬品以外の健康食品を幅広く扱えるのはドラッグストアの薬剤師だけなのです。

需要の面から見ても、今後の更なる高齢化社会の中で、他の薬剤師の職種同様ますます引く手あまたとなるでしょう。

年収はイマイチに見えたとしても、ドラッグストアは今後大幅に伸びる可能性のある分野なのです☆☆☆

ドラッグストア薬剤師の年収は、仕事の割には◎!

1

 

ドラッグストアの薬剤師の年収は、いくらかと言いますと・・・

 

初任給だと大体

月給25万円から35万円

と言われ、

その初年度の年収は

350万円から450万円

が相場であるとされています。

 

この月給や年収の金額には、調剤薬局や病院などと異なり、薬剤師手当が5万円から10万円程度付くため、初任給に関しては調剤薬局より給料が高いとも言えるでしょう。

 

また、ドラッグストアで働く薬剤師全体の年収の目安については、

400万円から700万

ほどとされています。

 

しかし、ドラッグストアでは仕事内容が調剤や服薬指導にとどまらず、レジや品出し、掃除なども含みますよね・・・

専門的な仕事内容とはいえない!

はい、確かにそういった意見はごもっともなのです。。

ドラッグストア薬剤師の仕事は、ある意味

「雑用」

とも呼べるかもしれません。

 

2

 

また、24時間営業のドラッグストアもあることから、勤務時間が長かったり、残業のイメージが有りますよね?

実際には完全週休2日制で、残業なしというところも多くあります。

実は、働きやすい!?

・・・そうなんです。

 

ドラッグストアに行って、風邪薬を購入しようとしたら、’薬剤師不在のため医薬品の販売ができません’と窓口に看板がぶら下がっているところを見たことがありませんか?

場合によっては、パートのため、一週間の3日ほどしか薬剤師が在籍していないドラッグストアもあります。

 

調剤薬局では、薬剤師がいなければ商売になりません。

しかしドラッグストアでは薬剤師の代わりに他の従業員もいますし、最近であれば、登録販売者もいます。

そのため、ドラッグストアとしては、薬剤師が全くいないのは困りますが、毎日いることを指定していません

 

ですから残業も少なく、ドラッグストア全体の品出しや片付けなどをしなくても良い場合もあり、そこまで雑用が多くはない場所もあります。

もしかして天国?

そう考えると、時給換算したら2000円以上ということでドラッグストアの薬剤師は非常に割のいい仕事、という風にも受け取れます。

ドラッグストアの薬剤師 年収は転職、中途採用で上がらない!?

ドラッグストア薬剤師の年収は、転職では上がらないものなのでしょうか?

様々な仕事を渡り歩いて転職を繰り返している薬剤師には、年収を上げるためにそのような行動を繰り返している人がいます。

しかし、ドラッグストアに関しては、それが通用しない場合があるので注意しなければなりません。

え?簡単には上がらないの?

そうなんです。

 

もちろん、調剤薬局や病院など他職種からドラッグストアへ転職した場合、年収アップの可能性は高いです。

また、売上げ上位の大手かつ優良なドラッグストアへの転職の場合、ドラッグストアからドラッグストアへの転職でも年収アップは望めます。

え?じゃあ何が問題なの?

 

問題なのは、通常のドラッグストアからドラッグストアへの転職の場合です。

ドラッグストアの薬剤師とは、薬剤師が就く他の職業、例えば調剤薬局であったり、病院であったり、更には企業とも異なるものです。

調剤もするし、服薬指導もするし、掃除もしてレジもして、品出しもして・・・本当に仕事は様々です。

しかも、同じドラッグストアでも扱う医薬品、サプリ、健康食品が異なったりと、例え過去にドラッグストアで勤務したことがあると言っても、転職先にとってはただの新米です。

 

そのため、過去の経歴によって給料が上乗せされること、つまり経験加算はそうそうありません。

 

経験者優遇、などという求人もありますが、その言葉の質は、調剤薬局などと一緒にしないようにしましょう。

そもそも、こういった事情からもドラッグストア間の転職で年収アップを図りたい場合は、転職エージェントに相談するのが安全でしょう。

売上げ上位の大手かつ優良なドラッグストアへの転職をすることによって、可能性が見えてきます。

売り上げ上位の大手&優良なドラッグストアはこの6つ。

ウエルシア
ツルハドラッグ
コスモス薬品
マツモトキヨシ
スギ薬局
サンドラッグ

この6つが、日本のドラッグストア業界の売上高トップ6です。

この6つのドラッグストアは、売り上げ上位の大手企業なだけあって、薬剤師の年収は高めです。

だから、ドラッグストアに転職するなら、この6つの中から選んでおけば、転職で年収をアップさせることも夢ではありません!

 

3

 

ドラッグストアは薬剤師の仕事として注目されてきませんでした。

しかし、今後の高齢化社会の中で在宅医療、セルフメディケーションなどが更にすすめば、ドラッグストアの薬剤師は患者さんにとって調剤薬局以上に一番身近な薬のプロとなるのです。

そのため、品出しとかしたくないからドラッグストアはいやだ、という理由では本来のドラッグストアの意義が見えなくなってしまいます。

転職で自分でやりたい仕事を目指すことは重要ですが、その中の目的に偏見があっては天職かもしれない可能性を見逃してしまいます。

先ほどご説明したように、転職エージェントに頼れば年収の面もクリアできますので、いろいろな意味で、今まさに薬剤師が目を向けるべき職種がドラッグストアなのではないでしょうか。

4

 

もちろん、薬剤師は年収が全てというわけではありません。

ドラッグストアの薬剤師の年収だけにとらわれず、転職サイトを活用して先輩の言葉であったり、転職エージェントのアドバイスから自分に最適な選択肢を見つけましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ