ドラッグストアの薬剤師の年収の真実とは?仕事の幅は割に合うのか!?

 

ドラッグストア薬剤師の年収は、400万円から800万円です。

あなたはこの金額を高いと思いますか?それとも、低いと思いますか?

ドラッグストアで薬剤師が働くというのは、専門分野から外れている仕事として、あまりよい印象を抱かない方も多いでしょう。

しかし考え方を変えれば、日用品やサプリなど医薬品以外の健康食品を幅広く扱えるのはドラッグストアの薬剤師だけなのです。

需要の面から見ても、今後の更なる高齢化社会の中で、他の薬剤師の職種同様ますます引く手あまたとなるでしょう。

年収はイマイチに見えたとしても、ドラッグストアは今後大幅に伸びる可能性のある分野なのです。

3

 

ドラッグストア薬剤師の年収は、仕事の割には◎!

 

ドラッグストアの薬剤師の年収はいくらなのか気になりますよね。

ドラッグストアの薬剤師の平均年収は400〜800万円となっています。

新卒での平均年収は350〜450万円ですね。

 

厚生労働省の賃金構造基本統計調査と中央社会保険医療協議会の「第20回医療経済実態調査(医療機関等調査)報告」のデータから、ドラッグストアの薬剤師の年収と、それ以外の業種の薬剤師平均年収を見てみましょう。

 

 

新卒の年収

平均年収

薬剤師全体

男性:372万4,000円

女性:370万3,800円

543万5,900円

調剤薬局

300~400万円

474万3,650円

ドラッグストア

350~450万円

400~800万円

病院

300~400万円

557万5,193円

製薬会社

300~450万円

400~1200万円

 

ドラッグストアの年収高い!

そうなんです!

ドラッグストアの薬剤師の年収は、ほかの薬剤師の業種と比べると高めになっていることがわかります。

 

 

ドラッグストアの薬剤師の年収は仕事量と幅を考えると妥当?

 

ドラッグストアの薬剤師の年収は、ほかの薬剤師の業種と比べると高めになっています。

ただ、ドラッグストアでは、

年収が高い!ラッキー!

というわけではないんです。

 

なぜなら、ドラッグストアの年収は仕事量と幅を考えると妥当と言わざるを得ないからです。

 

  • 拘束時間が長く、長時間労働
  • 品出しやレジ、掃除などの雑用がある
  • 土日祝日の出勤もある
  • 店長業務を行わなくてはいけないこともある

1

このような条件を考えると、ドラッグストアの薬剤師の年収は仕事量と幅を考えると、決して高いとは言えないんです。

 

パートなら給料が高くて、残業もなく、好きな時間に働けるんで、ドラッグストアは割は良いんですけどね・・・。

常勤だとそうはいかないんです・・・。

2

 

ドラッグストアの薬剤師が年収をアップさせるための対策

 

ドラッグストアの薬剤師はほかの薬剤師と比べると、年収は高めです。

でも、仕事の大変さを考えると、年収が高いとは一概には言えないのです。

では、ドラッグストアの薬剤師が年収をさらに高くするにはどうすれば良いのか?

3つの対策をあなたに伝授します。

 

 

大手ドラッグストアを狙う!

 

大手のドラッグストアは、中小のドラッグストアよりも年収は高めです。

さらに、福利厚生が整っているので、年収以上のお得感を味わうことができるんです。

 

しかも、キャリアデザインが豊富です。

店長が出世の終着点ではありません。

エリアマネージャー、さらには本社勤務などの道も開けています。

 

大手ドラッグストアの売り上げトップ6は次の通りです。

 

  • ウエルシア
  • ツルハドラッグ
  • コスモス薬品
  • マツモトキヨシ
  • スギ薬局
  • サンドラッグ

 

この6つの中から転職先を選ぶと、年収をアップさせることは可能です。

この6つのドラッグストアは、色々特色が違います。

それぞれの年収の目安や特色をまとめた記事をチェックしておくと良いですよ。

 

 

地方の店舗を狙う!

 

ドラッグストアの薬剤師が年収アップを狙うためには、地方の店舗を狙いましょう。

簡単に言うと、

ど田舎にある店舗

ですね。

 

田舎は薬剤師が不足しているので、「勤務地手当」などが高いんです。

そのため同じドラッグストアでも、都会の店舗で働くよりも年収が100万円以上高いこともあります。

 

だから、大手のドラッグストアの田舎にある店舗で働くとおすすめです。

 

 

調剤併設店舗を狙う!

ドラッグストアには調剤併設店舗とOTCのみの店舗があります。

年収アップを狙うなら、調剤併設店舗がおすすめです。

 

リクナビ薬剤師のデータでは、次のような結果が出ています。

 

 

男性薬剤師

女性薬剤師

調剤併設店舗の年収

655万円

539万7,000円

OTCのみの店舗の年収

592万2,000円

550万円

 

女性薬剤師の場合は妊娠・出産でのキャリア中断があるので、さほど変わりませんが、男性薬剤師の場合は、調剤併設店舗で働いている方が年収が高いことがわかります。

 

調剤業務の経験を積んだほうが、薬剤師としてのキャリアの幅が広がる。

つまり、出世しやすくなるということだと思います。

 

それに、調剤併設店舗で調剤業務をしていると、ドラッグストアでも勤務時間は短めで、さらに日曜祝日はお休みなどのメリットもあるんです。

 

 

まとめると…大手ドラッグストアの田舎の調剤併設店舗!

 

ここまでドラッグストアの薬剤師が年収をアップさせる3つの方法を紹介しました。

この3つの方法とは、

 

  • 大手のドラッグストア
  • 田舎にある店舗
  • 調剤併設店舗

 

でしたよね。

 

まとめると、大手ドラッグストアの田舎の調剤併設店舗に転職すれば、

年収高い!やったね!

と思えるはずです。

 

 

 

ドラッグストアに薬剤師が年収にこだわって転職するなら転職サイトを使おう

 

ドラッグストアの薬剤師の年収は高いですが、仕事量や仕事の幅を考えると、そこまで高いとは思えないのが現実です。

 

ただ、先ほど紹介した大手ドラッグストアの田舎の調剤併設店舗に転職すれば、納得できて、

「割がいいじゃん!」

と思えるはずです。

 

でも、「大手ドラッグストアの田舎の調剤併設店舗」の求人を探すのはなかなか大変ですよね。

そういう時は、薬剤師転職サイトを使うと良いですよ。

転職サイトを使えば、「大手ドラッグストアの田舎の調剤併設店舗」の中でも、特に年収が高い求人を紹介してくれます。

 

田舎は嫌だ〜!!

という人にも、都会にある大手ドラッグストアの調剤併設店舗の中から年収が高めの求人を紹介してくれるんです。

転職コンサルタントが給料交渉をしてくれますので、最初に提示された給料よりも高い給料を貰える可能性もあるんです。

 

転職コンサルタントに頼れば年収の面もクリアできますので、いろいろな意味で、今まさに薬剤師が目を向けるべき職種がドラッグストアなのではないでしょうか。

4

もちろん、薬剤師は年収が全てというわけではありません。

 

ドラッグストアの薬剤師の年収だけにとらわれず、転職サイトを活用して先輩の言葉であったり、転職コンサルタントのアドバイスから自分に最適な選択肢を見つけましょう。

 

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ