ホスピスの薬剤師として得られる人生の教訓

ホスピスの薬剤師、といったら終末ケアを必要とする患者さんと時間を共にするということで精神的にも肉体的にも辛い仕事というイメージが有るかもしれません。

しかし、人の命に最も身近に寄り添える場所として人として成長できる場所でもあります。具体的な仕事などを見ながらホスピスというものを見て行きましょう☆☆☆

ホスピスで薬剤師として働くってどういうこと?

ホスピスの薬剤師とは、そもそもなんなのでしょうか。

ホスピスとは緩和ケア、という別名もあるように、治療を目的としたものではなく、症状の緩和を目的とするものになっています。

そのため、入院患者は末期がんといったような終末ケアを必要としている方が殆どになります。

最近では、高齢者の増加にも伴い、終末ケアというものの定義が論議の対象になっています。

最近では、病棟に入院するのではなく、最期は我が家で、というように家での緩和ケア、つまり在宅ホスピスも着目されていて、場所を選ばないお仕事となっています。

以前であれば設備や人員的に入院という選択肢しかなかったのですが、最近では設備も充実し、薬剤師を始めとした、看護師といった医療人が在宅医療に対する知識や技術を得るようになり、在宅ホスピスケアも可能になったのです。

それは同時に薬剤師にとって働き方が広がったとも言えるでしょう。

ホスピスの薬剤師になるということはやりがい大?

ホスピスの薬剤師が勤めるのは民間病院ということが通常ですが、ホスピスという言葉が注目されるとともに、国公立の病院でも取り扱う場所が多くなってきました。

近くに設備の整った病院がない、という理由で在宅ホスピスを求める人も多いことから全国各地にて開設が広がっています。

確かに設備が充実し、医療人の知識や技術は高まってきますが、そこに患者さんへの心のケアというものが同時に向上しているか、というとひとえにそうとは言えないのが現状です。

例え教えられて患者さんの心のケアに努めようと思ってもなかなか思うように行かないものです。

そのため、患者さんへの心に気を配り、毎日、もしくは会った時にコミュニケーションに真剣に取り組み、経験から学ぶということがポイントになるでしょう。

そのため、確かにやりがいはあると言えますが、同時に治療の過程を見られる事がほとんどないのでストレスが多くなるとも言えます。

ホスピスの薬剤師として得られるスキル

ホスピスで薬剤師として働くことは終末ケアに関わるということで確かに末期がんやエイズといった病の知識は増えますし、心のケアという面でのスキルが磨けるといえます。

また、在宅医療を経験できますので、同時にその形態での経験を積むことも可能です。

これらは次にもし転職を考えた際の強みとなりますが、それ以上に多くのものが獲得できると思われます。

私たちは普段自分の最期、もし不治の病にかかったら、といったことを考えることはなかなかありませんし、そのような境遇にあっている人にどのように対応していいかということは口では伝えることは難しいです。

その現場を実際に経験することはキャリアだけでなく、人生観にも影響をあたえることでしょう。

ホスピスの求人は探してみると見つかるかとは思いますが、やはり働き方、福利厚生といったポイントは変わってきます。

自分に合うものを効率良く見つけるためにもまずは薬剤師の転職サイトに登録することをオススメします。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ