マツモトキヨシの薬剤師の年収は高い!ホワイトで割がいいと評判!

マツモトキヨシの薬剤師の年収は高いと言われていますが、その噂は本当なのか気になっている薬剤師さんは多いと思います。

ここだけの話、マツモトキヨシの薬剤師の年収が高いのは本当です!

しかも、職場環境はホワイトなので、額面よりも割がいいと感じることができます。

マツモトキヨシの薬剤師の年収と職場の評判を知れば、「マツモトキヨシに転職したい!」と思う薬剤師さんが続出するはずです。

マツモトキヨシの薬剤師の年収は高いとの評判あり

マツモトキヨシの薬剤師の年収は高いという評判があります。

本当にマツモトキヨシの薬剤師の年収は高いのかどうかをチェックしていきましょう。

ちなみに、厚生労働省の平成30年賃金構造基本統計調査によると、薬剤師の平均年収は543万5,900円となっています。

この薬剤師の平均年収を念頭に置いて、マツモトキヨシの薬剤師の年収は高いかどうかをチェックしていきましょう。

  1. マツモトキヨシに転職した薬剤師の年収
  2. マツモトキヨシで働くと年収1000万円以上も夢ではない!
  3. マツモトキヨシのパートの年収はどのくらい?
  4. マツモトキヨシの薬剤師は年俸制だけどボーナスは出る

マツモトキヨシに転職した薬剤師の年収

まずは、実際のマツモトキヨシの薬剤師求人情報を見てみましょう。 こちらはマイナビ薬剤師に2019年10月に掲載されていた求人情報です。

マツモトキヨシの薬剤師求人

マツモトキヨシに転職した薬剤師の年収は、505~700万円となります。

薬剤師の平均年収は543万5,900円ですから、マツモトキヨシの薬剤師の年収は、平均とほぼ同じ~やや高めと言えますね。

 

え?なんでそんなに年収の幅があるの!?

 

…と思いますよね?

 

マツモトキヨシの薬剤師の年収に約200万円も幅があるのは、それまでの薬剤師としての経験や能力を考慮されて、転職してきた薬剤師の年収が決まるからです。

新卒で調剤薬局に就職し、3ヶ月後に転職してきた薬剤師と他社のドラッグストアでの勤務経験が15年ある薬剤師では年収が違うのは当たり前のことですよね。

だから、マツモトキヨシの中途採用の薬剤師の年収は505~700万円と幅があるんです。

マツモトキヨシの新卒薬剤師の年収は、505万5,000円(転居あり)ですから、年収505万円は最低ラインと思って良いと思います。

マツモトキヨシで働くと年収1000万円以上も夢ではない!

マツモトキヨシに薬剤師が転職すると、年収は505~700万円となります。

この年収は転職当初のものです。

そのままマツモトキヨシで働き続けて、キャリアアップしていけば年収1000万円も夢ではないのです。

マツモトキヨシのキャリアパスと年収の一例をご紹介します。

  • 店長=年収700万円
  • 課長=年収1100万円

店長になれば、年収700万円。

この時点で、薬剤師の平均年収を大きく越えています。

そして、課長になれば夢の1000万円の大台を突破することができます。

 

雇われ薬剤師が年収1000万円!?

 

そんなうまい話が・・・

あるんです。

 

マツモトキヨシで課長になれば、薬剤師の平均年収の2倍を稼げるということですね。

このキャリアパスと年収を見ると、マツモトキヨシの薬剤師の年収は高いという評判は本当であることがわかると思います。

マツモトキヨシのパートの年収はどのくらい?

マツモトキヨシでパート薬剤師として働いた時の年収はどのくらいになるのでしょうか?

マツモトキヨシでは正社員としてだけでなく、パートとしても働くことができます。

 

マツモトキヨシの薬剤師のパートの時給を見ると、時給2,000円~としている求人が多いですね。

パートの場合、都合の良い時間に働くことができるので、勤務時間によって年収は異なります。

仮にパート薬剤師として正社員と同じフルタイムで働いた場合、週40時間×52週(1年間)で計算すると、416万円となります。

 

まあ、そこそこの年収。

 

パートという身分を考えると、決して年収が低いとは言いませんね。

でも、年収だけを考えると、ボーナスがある分、やはり正社員の薬剤師として働いたほうが、損をせずに済むと言えるでしょう。

マツモトキヨシの薬剤師は年俸制だけどボーナスは出る

マツモトキヨシの薬剤師の年収は年俸制となっています。

これは、公式ホームページにもしっかり記載されています。

年俸制というと、

 

ボーナスなしかよ!?

 

と不安に思うかもしれませんが、マツモトキヨシの場合、年俸制でもボーナスが出ます。

マツモトキヨシの年収は、次のようになっています。

  • 年収=基本年俸+業績年俸

基本年俸は能力・経験によって決まるもので、分割して月給として支給されます。

業績年俸は会社の業績や個人の評価で決まるもので、年に2回、6月と12月にボーナスとして支給されます。

 

年俸制というと、ボーナスがないという不安があるかもしれませんが、マツモトキヨシの場合は年俸制でもボーナスが支給されますので、安心してくださいね。

マツモトキヨシの薬剤師の年収が高いけれど、ほかの評判もチェックしておこう

マツモトキヨシの薬剤師の年収について見てきましたが、マツモトキヨシに転職したい薬剤師さんのために、年収以外の職場環境の評判も見ていきましょう。

  1. 企業情報
  2. 業務内容の評判
  3. 研修制度の評判
  4. 残業の評判
  5. ノルマの評判
  6. 休日数の評判
  7. 転勤の評判
  8. 女性薬剤師の働きやすさの評判

企業情報

まずはマツモトキヨシの企業情報を見ていきましょう。

  • 社名=株式会社マツモトキヨシ
  • 設立=1954年1月8日(創業1932年12月26日)
  • 本社=千葉県松戸市
  • 資本金=220億5,100万円(グループ全体)
  • 売上高=5,384億800万円(グループ連結、2018年度)
  • 店舗数=1604店舗
  • 平均勤続年数=8.3年
  • 平均年齢=45.6歳

マツモトキヨシは2018年3月期決算で、過去最高の売上高を記録しています。

過去10年はほぼ右肩上がりで成長してきていて、1兆円企業を目指している企業です。

マツモトキヨシは将来性がある企業と言えるでしょう。

業務内容の評判

マツモトキヨシは、調剤併設の店舗もありますが、OTC医薬品販売のみの店舗がメインになります。

OTC医薬品のみの店舗の場合は、レジ打ちや品出しなどの雑用もやらなければいけないことも多く、自分は薬剤師ではなく、スーパーの店員かと思うこともあるでしょう。

ただ、薬剤師としての仕事だけでなく幅広い業務を行うことで、顧客と接する機会が増え、薬剤師としての視野を広く持つことができたり、服薬指導に役に立つこともあるというメリットがあります。

研修制度の評判

マツモトキヨシでは、研修制度が充実しているという評判があります。

全社員共通の階層別の研修や職種別の薬剤師専用の研修、その他自己啓発のための認定薬剤師資格取得サポートなどもあります。

店長候補者研修やSV(スーパーバイザー)候補者研修などスキル・経験に応じて、着実にキャリアを築いていけるようになっていますし、自己啓発のための研修やサポート制度もあります。

さらに、キャリアコンサルティング制度や社内検定制度などもありますので、個人1人1人に合わせたキャリアパスが用意されています。

残業の評判

マツモトキヨシは残業が少ないとの評判があります。

できるだけ残業をしないという意識が、本社だけでなく各店舗でも浸透していますので、残業は少なめです。

マツモトキヨシの1ヶ月の平均残業時間は6.9時間となっていますので、残業が少ないことは間違いありません。

ノルマの評判

マツモトキヨシの各店舗には、売上高のノルマが設定されているようです。

ノルマというとブラックなイメージがありますが、売り上げ目標と言い換えると納得できるのではないでしょうか。

ノルマは店舗ごとに課せられているだけで、薬剤師個人に課せられることはありません。

また、売り上げの目標を達成すれば、それだけその店舗で勤務している薬剤師の評価が上がり、昇進のチャンスが増えるということですから、ある意味チャンスですね。

休日数の評判

マツモトキヨシの休日数は、初年度は116日、2年目以降は122日となっています。

店舗によって取得しやすさの差はあるものの、有給5日間と公休2日間を合わせて7連休を取得することができ、社員全員が取得できるように、計画的にシフトを作成しています。

ドラッグストア勤務の薬剤師が年間休日122日(初年度は116日)を休むことができ、7連休を取得できると考えると、マツモトキヨシの休日数は多く、ワークライフバランスを取りやすいと言えるでしょう。

転勤の評判

マツモトキヨシは転勤ありか転勤なしかを、入職時に選ぶことができます。

転勤ありだと全国の店舗に転勤になる可能性がありますが、転勤なしを選ぶと、自宅から引っ越しせずに通勤できる店舗内での異動はあるものの、引越しが必要な店舗への転勤はありません。

転勤ありを選んだほうが、当然ながら年収は高くなります。

女性薬剤師の働きやすさの評判

マツモトキヨシは女性薬剤師が働きやすい職場であると言えるでしょう。

女性の育児休暇取得率は100%ですし、育児短時間勤務制度やマタニティーママ支援などもあります。

そのため、結婚・出産でライフステージが変わった女性でも、退職せずにマツモトキヨシで働き、薬剤師としてのキャリアを積んでいくことができるんです。

ちなみに、再雇用ライセンス制度もありますので、一度退職しても3年以内であれば、以前の資格級で復職が可能になっています。この制度も、女性にとっては嬉しい制度ですよね。

マツモトキヨシの薬剤師の年収は高いし、意外とホワイトだから割がいい!

マツモトキヨシの薬剤師の年収は、薬剤師の平均年収よりも高いことがわかったと思います。

そして、職場の評判を見てみると、評判が良くて、意外とホワイトな職場であると感じた薬剤師さんも多いのではないでしょうか?

 

 

そうなんです!

 

マツモトキヨシは年収が高いのに、ホワイトな職場なんです。

 

だから、ドラッグストアの業務に興味がある薬剤師にとっては、メリットが大きな職場と言えるでしょう。

マツモトキヨシの薬剤師の年収や評判に興味を持ったら薬剤師転職サイトを使おう

マツモトキヨシの薬剤師の年収や職場の評判を見て、転職したいと思ったら、薬剤師転職サイトを使って転職しましょう。

薬剤師転職サイトでは、マツモトキヨシの求人を扱っています。

しかも、担当のコンサルタントがついて、あなたの代わりに年収の交渉をしてくれます。

最初にも説明しましたが、マツモトキヨシの転職者の年収は経験やスキルによって決まります。

担当コンサルタントはあなたの経験・スキルをしっかりアピールしながら年収交渉をしてくれますので、自分で転職するよりも年収が高くなる可能性が高いんです。

そのほか、面接の日程調整や志望動機作成のアドバイスなどもしてくれますので、薬剤師転職サイトを使えば、スムーズに転職することができるはずです。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ