ヤマグチ薬局の薬剤師になればのびのびと成長できる!


ヤマグチ薬局の薬剤師になることで薬剤師として技術や知識の面で成長できるだけでなく、精神的にも成長できます。

その特別な魅力とともに給与や研修制度などを見ていき、就職先候補としての可能性を見ていきましょう☆☆☆

ヤマグチ薬局の薬剤師は老舗薬局チェーンの一員

ヤマグチ薬局の薬剤師になるということは、会社設立は1983年の7月に有限会社ヤマグチ薬局として創業し、その第1号店を1983年の9月にヤマグチ薬局南橋本店を開局した会社の薬剤師になるということです。

資本金は5,000万円、従業員数は2017年5月1日時点で全従業員数、375名うち薬剤師人数は235名です。

売上高は2016年で83億1,900万円、店舗数及び内訳は
神奈川県内:56店舗
東京都内:18店舗
埼玉県内:1店舗
千葉県内:4店舗
茨城県内:3店舗
山梨県内:2店舗
滋賀県内:6店舗
合計:88店舗
さらに6月以降に3店舗、新規開局予定となっています。

ヤマグチ薬局の薬剤師は数字ではなく人を見る!

ヤマグチ薬局の薬剤師は数値化、デジタル化する社会の中で患者さんとの「縁」を大切に、患者様一人ひとりとしっかり向き合っていくことを心掛けます。

そのため、今では一般的になっている全社共通のマニュアルも数字的な目標のノルマもありません。

日々の業務の中で達成したい数字を意識するのではなく、目の前の患者さんとしっかり向き合い、絆を深めて欲しいと考えているからです

「患者様と向き合う」ため、マニュアルの排除、ノルマを設定しないという、ここまで徹底している会社は他に類を見ません。

成果ではなく、患者さんと徹底的に向き合うというその過程を重視する姿勢が、病院のドクターからの信頼を得ることにもつながりっています。

その結果、そのお付き合いをしているドクターから信頼され、さらに別の開業を考えているドクターを紹介され、そのことから店舗数を増やし続ける業界でも非常に珍しい店舗展開を行っています。

ヤマグチ薬局の薬剤師は会社からちゃんと“個人”として見られる

ヤマグチ薬局の薬剤師の掲げる「縁」はなにもお客さんだけに向けられていません。

社員一人ひとりにも向けられています。やはり、社員それぞれのライフステージがあり、たとえば結婚や出産、家族の介護などをきっかけに人生が大きく変わります。

それに伴い、働き方にも変化が必要になった場合、できるだけ勤務可能な範囲で働けるように可能な限り個別に対応を行っています。

そのため、たとえ大きなライフイベントを迎えても、勤務体系を変えながら転職の多い業界で20年以上に亘りヤマグチ薬局で勤務し続けている薬剤師も多数在籍しています。

たとえば1年間与えられる規定になっている育児休暇でも、もし万が一保育所が見つからなかった場合などには延長を認めてもらえるなど、本人の置かれている状況を考慮してフレキシブルに対応してくれることもヤマグチ薬局の魅力です

そのため、会社都合の転勤を強制されることはありません。必ず事前に必ず相談の場が設けられ、本人の合意を得たうえで異動を行います。

また、教育研修も個人の希望で、いくらでも学びのチャンスを手に入れることができます。

定められた教育研修はなく、例えば「新薬について知識を深めたい」と希望すれば、それに応じて社外の研修会を紹介されたり、自ら参加することも可能です。

さらに費用は全額会社が負担するので、積極的に希望が出せます。毎週のようにこうした研修会に出向いているような薬剤師もいます。

ヤマグチ薬局の薬剤師はいくらくらいもらえる?

ヤマグチ薬局の薬剤師として入社した際年収・給与はどのようなものでしょうか。

年収であれば450~650万円、時給は2000~2500円となっており、モデル年収は、
30歳 勤務薬剤師 … 年収520万円
40歳 管理薬剤師 … 年収650万円
となっています。

ちなみに調剤薬局薬剤師の年収目安が約400万~650万円となっています。

基本給は206,000円、そこに職務手当が54,000円、残業手当が平均40,000円(残業手当は20時間相当で計算)、住宅手当が30,000円となり、平均的な初年度の月給額330,000円となります。

いかがでしょう、ヤマグチ薬局の薬剤師になることで会社の重要な資産として大切にされている実感がわくでしょう。

もしそのような個人をきちんと見てくれる会社を希望するならぴったりの会社です。

もし興味を持ったのであれば、まずは薬剤師専門の転職サイトに登録して詳細情報をゲットしましょう。

転職活動を有利に進めるヒントが数多く載せられています。

あなたの経験や年齢であればヤマグチ薬局でどのくらいの年収を貰えるのか?など他にも気になる条件の詳細を知ることができます。

掲載情報を見たり、コンサルタントに調べてもらい、非公開情報を得ることもできます。ぜひ活用し、役立てていきましょう。


タグ: ,
カテゴリー: 調剤薬局を会社別に見る
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。