レディ薬局の薬剤師として人としてのスキル向上!

レディ薬局の薬剤師、というと中四国エリアのお仕事、というシンプルな言い方もできますが、整った教育制度や将来を見据えた店舗展開など、様々な特徴のある薬局であるということを忘れてはいけません。

ここではその主な特徴を踏まえつつ、レディ薬局で働くことで得られるものを見て行きたいと思います☆☆☆

レディ薬局の薬剤師の待遇ってどのようなもの?

レディ薬局の薬剤師の給与、手当はどのようなものなのでしょうか。

新卒の給与で見てみると、薬剤師手当を含んだ6年制卒薬剤師、もしくは大学院卒薬剤師の最初の月給は271,000円となっています。

また、これに家賃補助や通勤費の援助や時間外手当、さらに資格手当などの手当がついてきます。昇給は年1回、4月に行われ、賞与    年は2回、6月と12月となっています。

レディ薬局は他の調剤薬局と同様、変形労働時間制をとっていて、シフト制の最低月9日の休日が確保されていて、合計の年間休日は112日となっています。

さらに、年次有給休暇は初年度に10日補給され、状況に応じて慶弔休暇、特別休暇等も利用できる制度になっています。

保険は健康保険、厚生年金保険や労災保険、そして雇用保険と一般的な形です。

福利厚生では退職金制度や資格取得支援、さらに社員旅行もあり、持株会や財形貯蓄、そしてスポーツジムへの優待利用も可能となっています。

やはり女性が多い職種であり、今では約200店舗を経営している会社なので育児休業や介護休業といった制度は整っていて、実用経験もあります。

ほかにも福祉会や借上社宅制度などの制度も利用できる形になっています。

レディ薬局の薬剤師が目指している薬局の形って?

レディ薬局の薬剤師の持つべき企業理念は、すべてはお客様のために充実したサービスを提供するために中四国エリアにある200店舗薬局の間でのネットワークを重要視するものです。

レデイ薬局では、独自で展開するドミナント出店戦略により、地域密着型の事業を積極的に展開しています。

具体的には、愛媛や香川、徳島、高知、広島、そして山口まで店舗ネットワークを拡大しています。

先程述べましたように、現在では約200店舗の展開がされていて、その結果中四国エリアナンバーワンのドラッグストアチェーン店としての地位を確立しています。

その基本方針は、すべてはお客様のために、そしてお客様を「治す」ことに繋がっていく調剤薬局、そしてドラッグストア、さらにその2つを組み合わせた調剤併設型ドラッグストアといった3つの運営スタイルで事業を広げています。

サービス提供地域を広げていくという未来を見据えた計画的な展開の中で、より地域のお客様の生活に密着した形でのサービス提供を目的に、今後もお客様に求められ、頼られていくドラッグストアの形を目指しています。

レディ薬局の薬剤師のかかりつけ薬局従業員としての役割

レディ薬局の薬剤師に求められる戦略・ビジョンは、やはりドミナント展開を行っているレディ薬局の目的に則した、地域に根ざした、かかりつけ薬局としての存在にあります。

調剤薬局、および調剤薬局併設型のドラッグストアは現在33店舗展開されていますが、将来を見据えて、今後10年以内に大きな変化が訪れるとされています。

それは、調剤薬局としての主な作業になる薬の調剤、そしてお渡しだけでなく、薬のこと以外にも日ごろから相談しやすい地域の人々にとっても身近なかかりつけの薬局となることを目指しているためです。

病院や薬局だけが医療の拠点ではなくなった現在。

在宅医療の考えも浸透してきましたし、実際に建物の存在しないバーチャルホスピタルなどといったものも発展してきて、医療の常識というものにも変革が訪れています

その中でもお客様に信頼される場所でい続けるために、高い専門性とコミュニケーション能力は必要なのです。

そのため、その2つを持った薬剤師が求められている、と言ってもいいでしょう。

レディ薬局の薬剤師になることで手に入るものって?

レディ薬局の薬剤師には、経験年数などに応じた独自の段階的な教育制度が整っています。最初にあるのが、基本的なビジネスマナーや薬の知識を学べる新入社員研修です。

その後は、商品の知識を得るために、レベル別の勉強会が行われています。

他にも多種多様な研修がありますが、レディ薬局ではなにも商品となる薬の知識だけに注力するのではなく、お客様からの相談に答える相談スキル、というものの向上に重点をおいています。

健康に対して、様々なお悩みを抱えているお客様の相談にのり、その中からお客様にピッタリのアドバイスを差し上げたり、お客様に合った商品を選んで行くという人の話を聞くというスキルです。

これは、レディ薬局の、すべてはお客様のために、という基本方針に則した研修であり、特徴的なものであるといえるでしょう。

他にも、薬剤師として、スキルを磨ける研修制度があります。研修は何も国内に留まるものばかりではありません。

レディ薬局には、先進国の医療実情を実際に体験して学べる海外研修制度があります。

実務に関しては、新入社員対象にマンツーマンで先輩に教育を受けられるオーベン・ネーベン制度があります。

入社後1年の間は、同じ店舗で働く先輩社員とペアになって、基本的な社会人としての常識から始まり、医療人としての意識の持ち方や、学校では学べない薬剤師の最新の知識や技術を教えてもらいます。

この時にペアとなるのは、入社して3年目程度といったわりと年齢の近い社員となるので、様々なことに関して相談しやすく、安心して仕事に向かえます。

レディ薬局では、学術大会なども開催していて、常に勉強するモチベーションを維持できる環境が整っています。

中四国エリアに集中する店舗展開を行っているレディ薬局なので、その地域での転職を考えている方がいれば、レディ薬局はおすすめの場所の一つと言えるでしょう。

スキルアップできる環境もきっとやりがいに繋がるでしょう。しかし、やはりその実際の環境が合うのかどうかというのはわからないものです。

そこでオススメなのが転職サイトの利用です。

薬剤師専門の転職サイトであれば、薬剤師の転職を支援してきたプロの転職コンサルタントにもサポートしてもらえますし、効率のよい、そして成功する転職を行える可能性が高いです。

まずは登録から始めてみましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ