中高年の薬剤師が転職するということは難しいこと?

中高年の薬剤師が転職する、ということには様々な理由があります。落ち着きたいから調剤薬局、もっとバリバリ働きたいから再就職、ほんとうに様々です。

しかし、やはり中高年だと就職口などに不安があるものです。実際に中高年の薬剤師がどのような点に注意したらいいのかなどを見ていきましょう☆☆☆

中高年の薬剤師の転職する最もメジャーな理由とは?

中高年の薬剤師の転職の場合、比較的多いとされているのが、製薬会社から調剤薬剤師への転職です。

20代~30代の若いころには、バリバリ働いて、中高年に調剤薬局でゆっくりするというのは、現代の理想の人生コースだとも言われています。

特に女性だと、結婚を機に夫の仕事が転勤などを含むものでもついていけるようにと全国展開している調剤薬局を選ぶ人も多いようです。

特に病院などになると、どうしても夜勤や休日出勤などが重なり、夫婦の時間、家族の時間がとれないということで調剤薬局などに転職する人が多いです。

また、企業などで早期退職の募集がかけられたのをキッカケに、転職で調剤薬局に移るという中高年の薬剤師もいます。

調剤薬局は、残業も少なく、比較的患者さんとのコミュニケーションを少なめに仕事を遂行できるので調剤薬局は精神的にも肉体的にも他の職業よりも負担が少なく、そして年齢制限が殆ど無いということで非常に中高年薬剤師に人気の転職先と言えるでしょう。

中高年、薬剤師が転職するのはもっと働きたいから?

中高年の薬剤師の転職といえば、より働きやすい方への転職が主流ではありますが、他にもより仕事をバリバリしたいから転職、というものがあります。

その理由としては、中高年になり子どもが育ったから、親の介護が終わったから、などといったことで家庭での状況が落ち着いたため、ブランク後薬剤師免許を活用したパートやアルバイトから正社員復帰というものです。

やはり子どもがいたり、介護対象がいたりすると、例え企業などで時短などの方法を使ってもなかなか時間が十分ではなく、出産や介護の必要性から、とくに調剤薬局でアルバイトやパートで生計を建てる人が多いです。

そして中高年になり、その後再び正社員になる、もしくはずっとアルバイトで働いていたけど正社員になるという方法を取る薬剤師が多くいます。

やはりもともとアルバイトや正社員だった経験がある場所であれば就業形態が変わるだけなので非常に転職がしやすいと言っていいでしょう。

しかし、もしアルバイト時代は別職業に一度就いていたり、再就職したい場所が企業や病院であれば、少々難しくなります。

企業や病院では仕事の勘というものが重宝されますし、ブランクがながければ長いほどどうしても取り戻すのに時間がかかってしまいます。

それは、即戦力が求められる病院や企業では中高年はあまり歓迎されません。

もちろん、経験があることは非常に重要な条件なので、決して不可能ではありません。

みずから知識や技術を磨きなおせる講習会に積極的に参加することによって実際に自分の能力を取り戻せるとともに、採用者側に自分のやる気をアピールできるのでオススメです。

中高年で薬剤師の転職業界の現状というと?

中高年の薬剤師が転職できるというのは、薬剤師の免許のような国家資格の力と言っていいでしょう。

もちろん、いまでもそれは変わりませんが、薬剤師の飽和が懸念されている中、実際にはその効力は未だ続くのかどうかというのはやはり不安要素でしょう。

中高年の薬剤師が食いっぱぐれるということはないと言っていいでしょう。

ただし、自分の希望の仕事、職場につけるかというのは中高年の薬剤師にとっては残念ながら難しくなっていくでしょう。

特に病院などの人気の職場での募集はもともと定員が少ない上に人気があります

そのため、どうしても新卒で入ってなかなか辞めないこと、そして病院側も新卒を好むということからたとえ同じ職場への再就職であっても少々難しいことがあるかもしれません。

また、比較的転職が容易だとされている調剤薬局ですが、仕事場所が人気の場所、都会であるとどうしても競争相手が増えてしまい、希望が通らないことがあります。

せっかく年齢にこだわらない薬剤師免許なので、中高年だからと諦める必要がありません。

しかし、やはり中高年の薬剤師であれば、定年退職までの時間は短いですし、未経験の方、長いブランクがある方になると採用者側にとっては少々手のかかる存在としてあまり歓迎されないという欠点があります。

そのため、過去の経験をアピールしたり、ブランクがあっても、自分の人生において得たものを経験としてアピールするといった方法が中高年の薬剤師にはあります。

もちろん、このようなことは口で言うだけなら簡単です。そのため、転職サイトに登録したり、専門のコンサルタントに協力を仰ぐことがオススメです。

経験というものは、いかに中高年になるまでの今までの人生において得られた教訓を活かせるかでその価値は決まります。

薬剤師の就くような仕事ではなかったから、介護や子育てでブランクが長いから、と諦めるのではなく、薬剤師とは別の視点での経験が得られた、人の世話をすることでコミュニケーション能力が上がった、などとポジティブに変換できるよう、転職サイトなどを活用して履歴書の作製、面接対策を行いましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ