子育て中の薬剤師は上手な働き方で仕事を両立させて親子で幸せになる!

子育て中の薬剤師の悩みというのは尽きません。

うまく仕事の時間を確保できない、仕事で疲れて子育てがないがしろになってしまう・・・など色々ありますね。

以前より子育てをしながら働けるような環境、認識が高まったといえど、完全ではありません。

もっと仕事をしたいのに、もっと子供に時間を割きたいのに、という望みはきっとあることでしょう。

しかし、嘆くことはありません。上手な働き方を実践することで、理想の子育て中の働き方に近づくことができます。

これであなたも子どもに寂しい思いをさせずに、そして仕事にもやりがいを持てる子育て中のお仕事を実践することができるでしょう☆☆☆

子育て中の薬剤師は上手な働き方をしないと駄目な理由

あなたは何のために薬剤師をしていますか?

お金のため、社会とのつながりを持つため、スキルを磨きたいため・・・

それをあきらめて専業主婦になって、子供を育てるという手段がある中それをせずに子育てしながら働きたいという方は働くことに何かしらの意義を見出している、ということですよね。

そんな子育て中でも仕事ができるような世の中になっていますが、やはり子育てというのは大変です。

働き方を考えないと自分はパンクし、子供も思うように育てられない、中途半端な状態になってしまいます。

  1. 下手な働き方をするとあなたも子どもも不幸になる
  2. 上手な働き方をするとあなたも子どもも幸せになる

下手な働き方をするとあなたも子どもも不幸になる

子育ても薬剤師の仕事も完ぺきにしたい、両方とも100%力を注ぎたい!・・・・非常に素晴らしい向上心ですが、残念ながら現実的ではありません。

100%と100%を足すと200%。

あなたの全力は100%で、200%となれば明らかなキャパオーバーです。

そうなると子供の夜泣きのせいで睡眠時間もままならず、仕事に集中できず、ミスを連発したり、仕事に集中するあまり子供の保育園の送り迎えを忘れて保育所から預かりを断られるかもしれません。

そうなれば子供さえいなければ・・・と思ってしまい、それは母親にとっても子供にとっても最悪のことです。

上手な働き方をするとあなたも子どもも幸せになる

しかしご心配なく。

うまく働き方を設定することであなたも子供も幸せになる方法があります。

計算上、仕事50%、子育て50%や仕事80%、子育て20%とすれば合計100%、キャパオーバーにならずに済みます。

上手に働くためにはどのような職場を選べばいいのか?

それを探るために以下の点に注意しましょう。

子育て中の薬剤師が避けるべき職場とおすすめの働き方

  1. 子育て中の薬剤師が避けるべき職場
  2. 子育て中の薬剤師におすすめの働き方

子育て中の薬剤師が避けるべき職場

  1. 残業が多い職場
  2. 勉強会が多い職場

残業が多い職場

子育て中に絶対避けたいのが残業が多い職場です

子育て中であれば、ある程度考慮してもらえる場合が多いですが、やはりその人にしかできない仕事であれば残業が避けられない場合があります。

薬剤師があまりいない製薬工場で唯一の薬剤師で製造管理者であったり、ドラッグストアの一人薬剤師、従業員数の少ない調剤薬局の管理薬剤師などがあたります。

勉強会が多い職場

スキルアップのためにいろいろな勉強会を準備してくれる職場は魅力的ですが、それが強制になると子育てに問題が出てスキルアップを存分にできなくなる、もしくはスキルアップすることにストレスを感じてしまう場合があります。

もし自分で勉強会の参加については自ら調整できる場合はスキルアップはほどほどにする個人管理の問題になりますが、必ず受けなければならない勉強会の多すぎるところは避けるべきでしょう

子育て中の薬剤師におすすめの働き方

  1. パート
  2. 時短制度
  3. フレックスタイム制

パート

保育園に入れられるか、子供の面倒が見られる親族がそばにいるか・・・子育ての際にはいろいろ考えることがあります。

運よく待機児童問題もなく、子供が病気になった際に気軽に預けられるならばフルタイムで働くことができますが、やはり難しい場合が多いです。

そんな時に考慮しておきたいのが正社員以外の選択肢です。

時短制度

職場によっては時短制度が活用できます

保育園の時間に合わせて業務時間を限ることで残業を避け、きちんと仕事の開始時に子供を保育園に送り、仕事終わりに子供を迎えに行くという効率のいい働き方ができます。

フレックスタイム制

最近多くなっているのはフレックスタイム制です。子育て中の人だけでなく、介護中の方、遠方の方にも利用されるフレックスタイム制は時短制度と異なり、自由に日によって業務時間をずらすことができますので、朝出社前に子供の調子が悪くなり、病院に連れて行かなければならない、というときに午後に業務時間をずらしたり、逆に午後に保育園との面談があったりすると早めに業務を開始する、という工夫ができます。

子育て中の薬剤師におすすめの働き方での注意点と両立させるための豆知識

  1. おすすめの働き方での注意点
  2. 薬剤師が仕事と子育てを両立させるための豆知識

おすすめの働き方での注意点

  1. パート
  2. 時短制度
  3. フレックスタイム制

パート

特に今まで正社員だった場合、どうしても給与が下がったり、思うよりスキルアップができる業務が任されないというストレスにさらされます。その点でパートには抵抗があるかもしれませんが、より子育てを念頭に、自分に合ったライフスタイル構築のためには、仕事の時間が決められている残業のないパートが良いでしょう。しかし、そのストレスで精神に悪影響が出る可能性がある場合はもう一度考えておくべきでしょう。

時短制度

もちろん、制度として時短制度がある職場がほとんどですが、それがきちんと機能しているか、それを利用することについて周りの理解があるかというのは別問題です。

求人票に時短制度の記載があってもそれに安心せず、ちゃんと制度だけでなく、それを生かす体制ができているか転職先に考えるまえに確認しておきましょう。

フレックスタイム制

なお、固定の時間に朝礼があったり、決まった時間に勤務しなければならない場合、制度があっても利用できない場合もありますし、早めに帰るときに周りに気を遣わなければならない職場は制度としてあっても利用しにくいです。

もともとフレックスタイム制を導入しているのかもちろんのこと、周りの理解が得られているフレックスタイム制のある職場を見極めるためにも、事前に確認しておきましょう。

薬剤師が仕事と子育てを両立させるための豆知識

  1. 保育園への往復時間が短いことが必須
  2. 保育園のバギー預かり可否
  3. 家事の時短アイテム、方法
  4. 共有のカレンダー

保育園への往復時間が短いことが必須

一番便利なのが、通勤路の途中に保育園があり、そこで子供を預けて、帰り道にタイムロスなしで迎えにいける、というルートです。

特に待機児童問題にあってしまうと、近くにある、通勤路の途中にある保育園が利用できない場合があります。その際には通勤時に時間も力も使ってしまい、思いもよらないところで疲れてしまいます

ちょっとしたことですが、毎日のことなので頭の片隅に置いておきましょう。

保育園のバギー預かり可否

もし自転車であればそこまで気にならないかもしれませんが、バギーを利用する際には保育園に預かってもらえれば楽です。

往復時間と同じでちょっとしたことですが、考えるポイントの一つになるでしょう。

家事の時短アイテム、方法

・自動洗濯乾燥機、食器洗い機

お金と場所を使う大型家電ですが、洗った後に洗濯物を干す手間のかかる洗濯や毎日ある食器洗いを短縮できるのは非常に大きな時短です。

・インスタント、レトルト

あまり体に良くない、というイメージのインスタント、レトルトですが、最近ではそのイメージを覆す健康志向のものが出てきています。

・買い物代行、宅食

買い物を代行してくれるサービスや、あらかじめ調理に必要な食材などがそろっている状態で家に届けられる宅食は買い物の時間だけでなく、献立を考える時間や調理時間を短縮してくれます。

・家事代行

調理、掃除、洗濯から子供のお世話までお願いできる家事代行はほかの時短方法のよりずば抜けて効果があります。

もちろん、お金の問題もありますのでその兼ね合いをきちんと見極めれば非常に助かる時短方法といえるでしょう。

共有のカレンダー

よく共働きの家庭で利用されているのが共有のカレンダーです。

それは家に貼ってある紙のカレンダーであったり、連絡用ホワイトボードなど形は様々ですが、一番便利なのはアプリでしょう。

リアルタイムで子供を一時的にあずかれる親族の予定を入れておけば、急な予定が入ったり、子供の急病に対応しなければならなくなったらすぐ連絡可能な親族に連絡したりすることができます

ぜひ一度ご利用ください。

子育て中の薬剤師の働き方の注意点は転職サイトで解決!

働き方の注意点はいずれにせよ、自分の希望をきちんと分析し、かつ希望の職場に必要な制度が整備されていて、それを利用できる雰囲気があるかどうかを事前に知ることです

しかし、要点はわかっていても初めての転職ではなかなか要領がつかめないものです。

また、パートでも時給が高く設定されていたり、正社員以外にも参加できる勉強会や教育制度を備えている会社もあります。

また、フレックスタイム制などの便利な制度がない会社でも状況に応じて柔軟に対応してくれる会社もあります。

そのような会社は自分で求人票を確認していても見えてこないことがあります。そんなときのために転職サイトに登録し、転職サイトのコンサルタントの力を借りるのが良いでしょう。

転職サイトへの登録は無料なので、まずは登録し、実際に転職エージェントに相談してみましょう。

求人票で気になるポイントを実際に働いてる方に確認を取ってくれたり、採用担当者に連絡を取ってくれることも可能である場合が高いです。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ