対人恐怖症の薬剤師、考えられる選択肢

対人恐怖症の薬剤師というのは薬剤師の就く職業を考える以上大きな障害となるでしょう。

では、対人恐怖症の薬剤師には具体的にどのような選択肢があるのでしょうか。

対人恐怖症という病気についても触れていきながら見ていきましょう☆☆☆

対人恐怖症で薬剤師という仕事をする上で知っておくべきこと

対人恐怖症が薬剤師の仕事にどのように影響するかを考える前に、まずは対人恐怖症とはどのようなものか整理しましょう。

対人恐怖症とは、神経症の1つの精神疾患です。

この病気は、その名前の通り人に対して会話などを通じて人と接触することに関して異常なほどの緊張を感じてしまい、その結果恐怖まで感じてしまう事を言います。

服薬指導や健康相談などを通して医薬品と人をつなげる、特に調剤薬局やドラッグストアでこのような症状のある薬剤師には本当に辛いでしょう。

対人恐怖症の原因としては、過去に人間関係をきっかけに大きなトラウマを抱えてしまったことが原因となっていることが多いです。

この対人恐怖症というのは、日本人独特の病気とも言われているもので、日本人に多い神経質な人や自己評価の高い完璧主義の人、シャイな人や自己嫌悪に陥りやすい思い込みの激しいタイプの人が発症しやすいと言われています。

また、男性よりも女性のほうが、対人恐怖症になりやすいと言われています。

そのため女性のほうが多い薬剤師にとってはけっして珍しい症状ではないといえます。

さて、対人恐怖症とは精神疾患に分類されますから、放置していれば自然と治る、というものではありません。

適切に処理しなければそのままうつ病などのより重篤な疾患に繋がり、薬剤師の仕事を続けられなくなる可能性もあります。決して侮ってはいけない病気なのです。

対人恐怖症の薬剤師、自分のためにやるべきこと

対人恐怖症の薬剤師はやはりどの職業でも仕事を行う上で不具合を感じてしまうでしょう。

調剤薬局やドラッグストアでは服薬指導やお客さんの相談にのることが多いですし、病院では患者さんの容態を確認し、服薬指導を行う以外にも、医者や看護師といった他の医療スタッフとのコミュニケーションは不可欠です。

企業では、MRなどの外部の人間と多く接触する部署はもちろんのこと、工場内でしか動かない品質管理職などであっても人との対話は避けられません。

対人恐怖症だから1人で仕事をさせて・・・というのは薬剤師には難しいものなのです。

前述したとおり、放置しては危ない病気ですが、生活習慣と生活環境を改善することである程度改善効果が期待できます

まずは栄養バランスを考えた食事を取り、規則正しい生活を送って綺麗な部屋で生活することです。

精神のバランスをきちんと取ることで対人恐怖症の症状を和らげることが出来ます。

医療分野に詳しい薬剤師なので、会社や仕事先に協力を依頼することもできるでしょう。

調剤のみとは言わずとも、基本的に裏方で働けるようにお願いしてみたり、直接人に合うのではなく、電話などを通して仕事ができる環境を整えてもらったりと幾つか策はあります。

会社でも書類仕事面に回してもらったり、外回りの数を減らしてもらったりといった事がお願いできます。

すべてが許可されるわけではないでしょうが、精神的なバランスを得るのが重要なので無理をしては悪化させてしまうくらいならまずは案を出してみましょう。

また、体を動かすことも良いとされています。精神面を安定させることで症状を緩和できるとされています。

激しい運動でなくて良いので、例えばウォーキングやジョギングといった運動を通して精神のバランスを整えることが出来ます。

お昼休憩などの時間を使って少し体を伸ばすことも小さいことですが、確実にスタートにはなるでしょう。

対人恐怖症の薬剤師が就ける職業

対人恐怖症の薬剤師が人とほとんど接せずに出来る仕事として在宅ワークが挙げられます

薬剤師ならではの専門知識を活かしてブログを作成したり、治験データまとめなどといった専門的な仕事を自宅のパソコンから行うなど、多岐にわたります。

ただし、これらの仕事であっても、ある程度の給与をもらうためには直接雇用主とやり取りをすることが考えられるので完全に対人関係をなくすことはできません。

ですが、ある程度、対話しなければならないといったプレッシャーからは解放されるでしょう。

人にアドバイスをする立場であり、場合によってはその人に大きな影響を与えてしまう医薬品を扱う職業だからこそプレッシャーはつきものです。

そのため、最も確実なのが職場に理解をもらうことと対人恐怖症を治すための薬物療法を受けることでしょう。

それでも今の職場で続けられそうになかったら転職というのも一つの手になるでしょう。その際にはぜひ薬剤師のための転職サイトに登録しましょう。

薬剤師の転職に関してのプロからの意見から、自分の行くべき道が見つかるでしょう。

また、上記に示したような、対人恐怖症に理解のある職場、そして対策を活かせる働き方ができる職場を紹介してもらうことも可能なのでぜひ活用しましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ