専門薬剤師になるため、そしてなったら

専門薬剤師はチーム医療が注目され始めたことで重要視され始めた薬剤師のための資格です。

専門薬剤師の資格を持っていることにどのようなメリットがあるのか、この資格を目指すことにどんな意味があるのか、様々な観点から掘り下げていきましょう☆☆☆

専門薬剤師は分野の専門家の証

専門薬剤師、というとがんの専門薬剤師が有名ですが、専門薬剤師とは 5 つの領域で存在します。この専門薬剤師制度は、日本病院薬剤師会によって認定されています。

さて、がん専門薬剤師以外には感染制御、精神科、妊婦・授乳婦、HIV感染症の 5 つの専門薬剤師があります。

この専門薬剤師とは、その専門領域において深い理解力を持ち、関わる病気に対しても見識を持っているということであり、治療において患者さんに安全でかつ効果的な薬物治療を進めるという使命を持っています

その中でも特殊といえるのが妊婦・授乳婦専門薬剤師と感染制御専門薬剤師でしょう。妊娠や授乳期において投薬される薬に関しては、正確な知識とそれを応用する力が必要です。

とくにチーム医療が推奨されている中、その力を備えた専門薬剤師の存在は非常に重要なものになっています。

子どもがお腹の中にいるお母さんに投薬することは高確率で子どもにも影響を及ぼします。

その可能性をゼロにするため、医師や看護師といった医療メンバーと一緒に母子の健康管理に尽力します。

SARSやエボラ出血熱などで感染症への関心が高まっている中で必要とされているのが感染制御専門薬剤師でしょう。

細菌やウイルスに対する知識を活かし、院内感染を防ぐための対策や、消毒薬や抗菌薬を活用して患者さんに安全で安心できるような治療、そして療養環境を用意するために大いに活躍できます。

専門薬剤師になるために必要なことって?

専門薬剤師について説明してきましたが、では専門薬剤師になるにはどのようなことをすればいいのでしょうか。

まず専門薬剤師になるには、上記に述べました専門領域において薬物治療における実際の能力があるとされ、初めて貰える認定薬剤師にならなければなりません。

この認定は各専門領域における経験や実績、さらに定められた研修や講習の受講を行い、最終的に試験に合格することで取得できるものです。

そこからさらに各専門領域での研究業績が認められれば、専門薬剤師に認定されるのです。

また、常に進歩し続ける医学の世界についていけるように、専門薬剤師に認定されたら終わりではなく、5年毎に資格を更新することが必要です。

専門薬剤師はもちろん直接患者さんの治療に関わっていくことを期待されますが、他にも教育に携わることもあります。

薬剤師のみならず、看護師や他の医療スタッフにも指導を行います。

専門薬剤師になることはデメリットがいっぱい?

専門薬剤師になるためには努力が必要なので、その分収入が増えると期待したいところですが、残念ながら必ずしもそういうわけではありません。

その点で見ると専門薬剤師になることのデメリット、と言えるかもしれません。さらに専門薬剤師はその分野のリーダーとして重要な決断を任されるため、大きなやりがいとともに大きなプレッシャーとなる可能性があります。

このようにデメリットもいくつか考えられますが、明確な目標を持って実務に向かえますし、自分の知識がその分野において深められた、ということが専門薬剤師認定という形で見えることから自信に繋がります。

また、専門薬剤師でいることは転職活動において大きな強みになります。将来のことを見据えて、目指してみるのも良いかもしれません。

そして患者さんからの信頼を得られるという利点もあります。考えてみてください。

自分を担当している薬剤師さんが専門薬剤師の認定を受けているプロだと、安心感はやはり高まります

患者さんに勇気を与える、安全だと伝える役割もこの資格にあるのです。

ではいざ専門薬剤師になりたい、もしくは専門薬剤師の認定資格を活かして転職活動を有利に進めたいと思った際に情報収集などはどのようにすればよいのでしょうか。

そのように悩んだ際におすすめになるのが、薬剤師転職サイトへの登録です。

登録することによって欲しい情報を的確に検索、取得できますし、コンサルタントに連絡をとって相談事に乗ってもらうことも可能です。

もし転職を考えているのであれば、まず登録から始めてみてはいかがでしょうか。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ