整形外科の門前薬局の薬剤師として得られるものとは

整形外科の門前薬局の薬剤師としての仕事はなかなかどのようなものかわかりにくいものですが、服薬指導についての注意点など、多くの注意点があるクセのある職であるといえます。

そのくせを理解することでさらに薬剤師としてのステップアップが目指せるので、さらに薬学に関しての理解を深めたい方にピッタリの仕事と言えるでしょう。

そんな整形外科の門前薬局の薬剤師に必要なポイントを見ていきましょう☆☆☆

整形外科の門前薬局の薬剤師が見逃してはいけない注意点

整形外科の門前薬局の薬剤師は、その指導内容がなかなか想像しにくいかもしれませんが、実は非常に多岐に渡るものなのです。

何しろ整形外科に訪れる方の主な受診理由は、年齢や仕事によって腰や背骨に痛みを訴える方や交通事故などのような外傷によるむち打ち等もあります。

年齢上の理由で訪れる方は高齢者の受診が多いことから、他に併用している薬には注意が必要です

特によくあるのが、胃粘膜保護剤の重複による様々な副作用です。

すでに別の処方で同じ薬をもらっているのにもかかわらず、同じ薬を渡してしまったり、鎮痛剤と一緒に処方されてしまう場合もあるのでお薬手帳を徹底してもらうなどすることでこのようなトラブルの発生を見逃さないようにしましょう。

整形外科の門前薬局の薬剤師には円滑なコミュニケーションが重要

整形外科の門前薬局で薬剤師によくある相談に、患者さんが一人暮らしである場合、湿布を自分で貼れないといった事があります。

特に高齢者であれば、腰や背中になかなか手が届かず、結果として無理をして更に体を痛めてしまうこともあります。

このような相談はプライドもあって本人からはしにくいものです。

そのため、薬剤師側から服薬指導の時に薬を使用する際に困ったことはないかを聞くことが重要です

方法としては、湿布剤を簡単な器具で貼り付けたりといったものの他、先に湿布剤を床に置き、その上に自分が寝転がることもあります。

整形外科の門前薬局の薬剤師のよく出会う症状、関節リウマチ。

整形外科の門前薬局の薬剤師がよく出会う症状に、関節リウマチがあります。この病気は高齢者より、中年の女性の発症率が高いです。

その病気には様々な薬が必要で、関節に痛みが走ることから、ヒートからの取り出しが辛いということがあるようです。

しかし、恥ずかしくて言い出せない方も多いようです。

また、今まであまり病院にかかったことがないという方であれば、一包化出来ることを知らないこともあります。そのような方法も可能であると伝えられると良いでしょう。

しかし、そのようなことをあまりにもしつこく聞いてしまうと、自分で薬の管理ぐらい出来る、というようにプライドを傷つけてしまう場合もあるので言い過ぎには注意が必要です。

関節リウマチの患者さんへの服薬指導でも整形外科の門前薬局の薬剤師には注意が必要です。

まずは薬の飲み方です。決まった日、そして1日にとる回数などをしっかりと守ることが大切です。そしてさらに大切なのが、飲み忘れた時の対処についての指導です。

一般的には、飲み忘れに気付いた時点ですぐに服用します。もし1日2回の服用という薬であればその後半日おきに摂取するのが通例ですが、医師によって考えが異なる場合がありますので、確認するようにしましょう。

基本的に小さな病院の門前薬局であればその病院の医師の考えが時間とともにわかってきますが、まだ日が浅かったり、医師が複数いる場合は確認を怠らないようにしましょう。

患者さんが自身の判断で薬の服用をやめてしまう場合があります

たとえば、処方される薬の中には、汗や皮膚が黄色くなってしまうことがあるものがあります。

その症状から処方を勝手にやめてしまわないように十分に説明することが必要です。

また、色がついてしまう可能性があるので、ソフトコンタクトレンズの着用はお勧めできない、といったアドバイスをする必要があります。

整形外科の門前薬局の薬剤師、鎮痛剤について

整形外科の門前薬局の薬剤師が行うべき服薬指導にあるのが、鎮痛剤の服用についてです。

特に女性は我慢強い方が多いこともあり、処方されても鎮痛剤の服用をしない方がいらっしゃいます。

そのほうが効き目が良くなると考える方もいますが、むしろその逆で、我慢している時間がながければ長いほど強くなってしまい、結果的に鎮痛剤が効きにくくなってしまうこともあるので、きちんと渡された分は摂るようにということをお伝えしましょう。

また、きちんと用法用量を守っていれば、薬物耐性が生まれることはないということも合わせて伝えましょう、

このように、整形外科の門前薬局では多くの注意点があり、それらを学ぶことによって薬剤師としてのステップアップが可能です。

整形外科という分野に関わりたい、というならもちろんですが、薬学をよりよく知るためには整形外科の門前薬局の薬剤師は一度経験しても損ではない職と言えます。

まずは薬剤師転職サイトに登録して情報収集から行いましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ