新人の薬剤師が転職するために注意しなければならないポイント

新人の薬剤師の転職というと、最初の職場に3年はいたほうが良いという考え方を持つ方にしてみれば、甘ったれた新人薬剤師だ、などと思われるかもしれません。

たしかに、仕事にもほとんど馴染んでいないのにこんなはずでは・・・と思って転職すると、じゃあ、どのような職場がいいのかなどとわからないまま転職してしまうことがあります。

では、新人の薬剤師の転職では、どのような点を気をつけたら良いのでしょう?☆☆☆

新人の薬剤師が転職するという現状とその成功の可能性

1

新人の薬剤師が転職を検討するということは決して珍しいことではありません。

薬剤師にかぎらず新人は、どの職場でも何かしら期待や希望を持って仕事に望みますが、その新人の期待が高ければ高いほど、失望する機会が多くなってしまいます。

その結果、新人一年以内で転職を検討するといったケースは多く見られ、特に転職サイトが充実し、転職をより知識や技術を得るためのものなどと、好意的に見られるようになってからは非常に数も多くなってきたと言えます。

新人の薬剤師もまた、例外ではありません。

実際に、新入社員に転職に関する意識調査を行ったところ、なんと入社後1年以内に転職を考えたという新人が60%だという結果がでたそうです。

つまり、2人に1人は現在の仕事に不満を持ち、転職したいと思っていると言えます。

しかし、新人の転職に関するそのような背景はあるにしても、やはり何年も働いている人から見ると転職は好ましいものではありません。

それは人事の人に関しても同様で、あまりにも早い新人の段階で転職していると、ここの仕事を始めてもまた一年以内で辞めるのではないか、と警戒されてしまい、その結果、転職活動を難しくしてしまうかもしれません

新人の薬剤師が転職を行う場合、面接で気をつけるべきこと

2

新人の薬剤師が転職となれば、やはり新卒の薬剤師よりは困難と考えられます。

では、新人の薬剤師が転職活動をスムーズに行うためのコツとは何でしょう?

転職の際に、面接や履歴書の記載事項でやはり人事が重視するのは転職理由です。

当たり前ですが、調剤薬局での狭い人間関係や刺激のない仕事が嫌で・・・と言いつつまた調剤薬局の入社試験に来ていたら、人事でなくとも警戒するでしょう

そこで新人の薬剤師が好意的に思われるのは、以前の職場であればこのような状況で確かに良かったのですが、こちらではこのような部分で良いと思った、もしくは、その良さがより見られたからです。と、言ったものです。

前の職場の悪い部分を並べてしまうとただの愚痴ですし、新人の薬剤師が忘れてはならないのは、一年未満で前の職場を離れているということです。

悪いことばかり言っていると、この新人は悪いことにばかり目が行って、この会社から又転職する時に同じように次の会社の人事に悪く言ってしまうのではないかと予測されてしまいます。そうなれば1人の薬剤師のせいで会社の評判にも傷がつきます。

そのような警戒を与えないように、新人の薬剤師が転職時の面接に望む際は出来るだけ転職前の職場の良い点を並べ、さらに転職先のほうがどのように良いと言うように考えましょう。

やはり一年未満で転職している薬剤師というのは、新卒で入社した同期の薬剤師との差も一年未満に抑えられているということなのです。

そのため、いかに自分が短い間に前職から学び、なおかついまからでも同期に追いつけるかと考えた上で転職した、というのを積極的に伝えることが新人薬剤師の真っ当な転職理由となるでしょう。

新人の薬剤師の転職で最も重視するのは教育の整った職場環境

3

新人の薬剤師が転職にあたって、好意的に見られる転職理由というのは、教育を重視したものです。

それは転職理由としてもですが、これから新人の薬剤師がキャリアを作り上げていく上で転職者本人にとっても大切なことです。

新人薬剤師としての1年目は、確かに薬の知識を実際に仕事に応用することを学ぶ時期ではありますが、その他にも社会人の仕事としての基礎や薬剤師同士、さらに患者さんとのコミュニケーション能力を身につけるための大事な時期でもあります。

実際にこのような能力を身につけるために転職したいと新人薬剤師が思う場合も多くあります。

石の上にも三年、とは確かに言いますが、新人の薬剤師がこのような能力を身につけられない環境にあるのであれば、無理に頑張らずに、より新人教育やそれに関連するサポート体制の整った仕事場への早めの転職を考えてみてもよいかもしれません。

OJT教育も薦められ、見て技を盗めともいいますが、命にかかわる現場では少々危険要素が大きくなります。

結果、そのような職場では、新人はきちんとした薬剤師として成長できないのです。

そのため、もし教育体制が整った場所であれば、ぜひ一度頑張って耐え抜けば何か得るものがあると言えますが、逆に教育は後回しにされるような職場環境であれば、石の上にも三年と思わず、新人であっても転職することを視野に入れておいた方がいいでしょう

これは同時に薬剤師が早い段階で転職する際の良い転職理由であり、例えば『前の職場では学ぶものはたくさんありましたが、御社のほうがより新人薬剤師教育の整った職場であると感じたので、こちらで早く同期に追いつきたく、直ぐに行動に移しました』などというと印象が良くなるでしょう。

新人の薬剤師が転職する際に考慮すべきポイント

4

新人の薬剤師の転職となると、心配になるのが転職先の仕事によって転職活動の難易度が変わってくることです。

留年や浪人などを殆どしていないと仮定すると、新人の薬剤師は若い20代です。

まだまだ転職に有利な年齢だと言えます。そのため、基本的に新卒の新人薬剤師と変わらないと思っていいでしょう。

そのため、逆に言えば、一年未満で転職することによって、有利になる点もあまりないということです。

経験一年未満の薬剤師というのは、まあ、仕事の基礎は学んでいてもそれをものにしているとはあまり言えないというのが企業側の本音です。

そのため、薬剤師の仕事をしたことがあるからわたしは出来る!というスタンスで面接などに挑んでしまうと、その程度の新人薬剤師で何が出来るの?と冷ややかな目線を浴びるかもしれません。

従って、あくまでも新人薬剤師としてこのような就職面接などを行うべきでしょう。

同じ職種間での転職となると、同じ仕事の基礎を学んだということである程度見込まれるかもしれませんが、全く異なる仕事間ではちょっときついです。

あえて言うのであれば、大手の調剤薬局は入った時期がバラバラであってもその都度新人研修を手厚くしてくれるところも多いので異なる仕事内容でもそこまで苦労しないかもしれません。

また、企業によっては、一年以内であれば、新人、もしくは海外留学に合わせた秋入学組の薬剤師として採用してくれるところもあるので、新人として学び直すことが出来ます。

大手のチェーンドラッグストアに関しては、前職についてはほとんど問われないことから、基本的に転職のタイミングにかかわらず、新人薬剤師扱いされることからとくに前職の勤務期間の短さは問われないでしょう。

とはいえ、やはり新人の薬剤師が転職を繰り返してしまうと、結果としては履歴書が長くなり、転職しにくくしてしまうので、とりあえず今の職場から離れるため、などの臨時手段として転職先を選ぶのではなく、ちゃんと選別して転職先を探すことが大切です。

そのような新人薬剤師の転職を支援してくれる薬剤師転職サイトは下記のように多くあり、それらの薬剤師転職エージェントが、最初の転職によって生まれる不安に対して親身に相談に乗ってくれたりして、いざ転職する際にはその支援をしてくれます。

よりよい職場環境を探してまずは薬剤師転職サイトへ登録してみましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ