病院の患者さんがむかつく薬剤師トップ3

病院の患者がむかつく薬剤師として、どのような薬剤師がいるのでしょうか。

薬剤師と患者さんの接点は病院の中では調剤薬局などと比較するとあまりないです。

しかし、それでも病院の患者さんにむかつかれる薬剤師は存在します。

ここでは代表的な3種類の薬剤師を挙げていき、それぞれについて内容と対策を見ていきましょう☆☆☆

病院の患者がむかつく薬剤師、挨拶のできない薬剤師

病院の患者さんがむかつく薬剤師の一例として、挨拶のできない薬剤師が挙げられます。

調剤薬局と異なり、病院の中で患者さんが受付で待っていたり、病室を出入りします。

また、患者さんのご家族も病院の中を移動したりしています。

その際に挨拶一つなく通り過ぎてしまったりしてしまうと印象はあまりよくありません。

特にひどい場合、患者さんや患者さんのご家族に挨拶されたのに挨拶を返さない、声が出ていない、目を合わせないといった場合もあります。

これは薬剤師に対する印象を悪くしますし、同時に病院職員全体に対する印象を悪くしてしまいます

特に患者さんによっては挨拶をきちんと返されないと自分が馬鹿にされている、医療スタッフがお高くとまっていると感じ、不快感を抱いて結果的にクレーマーとなってしまう場合があります。

そうなってしまうと治療に不信を抱いて薬剤師やほかの医療スタッフの仕事がしにくくなります。

簡単なことですが、意識しないとなかなかできないのが挨拶だったりします。

患者さんにむかつく、さらには医療チームのメンバーからむかつくと思われないため挨拶は意識的に行うようにしましょう

病院の患者がむかつく薬剤師、名乗らない薬剤師

病院の患者さんがむかつく薬剤師に自己紹介ができない薬剤師が挙げられます。

薬剤師に自己紹介が必要なのか?と思われるかもしれませんが、長期に入院される患者さんであったり、慢性的な病気のために何度も病院に足を運ぶ患者さんと信頼関係を構築するためには第一印象である自己紹介が重要になります。

薬剤師を含め、医療スタッフは患者さん本人に会う前に患者さんのカルテを見てしまい、お互いに知っているような気になってしまいますが、実際には一方的に情報を入手しているだけです

しかしそれに気づかず自己紹介をないがしろにしてしまうことがあります。

その結果、患者さんは薬剤師の名前もわからず、医療スタッフの一人としてしか認識できず、信頼関係はなかなか築けません。

そんな問題が発生することを避けるために自己紹介の重要性を再認識すべきです

さて、自己紹介ですが特に決まった言葉があるわけではありませんが、はじめまして、から始まり、自分の名前をはきはきと伝え、笑顔を忘れなければ問題はないでしょう。

病院の患者がむかつく薬剤師、空気の読めない薬剤師

病院の患者さんがむかつく薬剤師に聞かれたことに応えられない薬剤師が挙げられます。

患者さんは病気にかかっていることで気持ちが弱くなってしまっています。

そのなかで薬剤師をはじめとした医療スタッフにすべてをゆだねて治療にあたることに不安があります。

それなのに心配して薬剤師に質問したのに的外れの回答が返ってくると一気に不安が大きくなってしまい、治療がうまく進められない場合があります。

前述した挨拶や自己紹介でせっかく信頼関係の基を作ったとしても一気に台なしになってしまいます。

聞き返してもいいので、きちんと求められていることに応えられるようにしましょう。

たとえばですが、患者さんが今日の昼ごはんは全部食べたほうがいいですか?と質問してきたと仮定しましょう。その言葉だけを考えたら、はい、いいえ、で返すのが普通ですが、ここで一拍おいて患者さんの立場に立って考えてみましょう

患者さんが薬剤師にわざわざ聞くということは昼ごはんが入らないということが考えられます。

食欲がない、元気がないといったことを想定し、体調は大丈夫ですか?無理して食べなくてもいいですよ、と声をかけるのが良い医療人としての対応といえるでしょう。

病院の患者さんが薬剤師に対してむかつくと思う事例を挙げてきましたが、いずれにおいても正しい対応を理解しておけば信頼関係が崩れ去るような最悪の事態は免れます。

まずは笑顔であいさつし、きちんと患者さんに自分のことを知ってもらい、さらに積極的にカルテばかりではなく患者さん自身を注意してみてあげましょう。

そして、聞かれたことにはきちんと応えられるようにしましょう。

その心掛けが患者さんにむかつくと思われるきっかけをなくしていってくれます。

それでもうまくいかなかったり、病院の環境がそれを許さないなどで転職を考えることがあるでしょう。

そうなれば、薬剤師転職サイトへの登録がおすすめです。

薬剤師転職サイトでは非公開の求人情報を見つけられるほか、転職に必要なコツなどを知ることができます。

ぜひ登録から始めてみましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ