病院で薬剤師がむかつく医師トップ3

病院で薬剤師がむかつく医師は残念ながら職場を共にして、同じ医療人として人々の健康に貢献している以上ないとは言えません。

調剤薬局と異なり、病院において医師は疑義照会の際に話すだけではなく、チーム医療では常に顔を合わせる存在です。

ここではそのようなむかつく医師のトップ3、そしてそんな医師への対策を見ていきましょう☆☆☆

病院で薬剤師がむかつく医師その1、薬剤師を信頼していない医師

病院で薬剤師がむかつく医師とは、薬剤師を信頼していない医師です。

薬剤師の教育カリキュラムが4年から6年になり、薬剤師の地位は向上しています。

それに伴い、チーム医療でも薬剤師の役割は大きくなっています。

しかし、それでも医師の中では今までの医師が判断し、決定権を握る医療の方法をとる人がいます

薬のプロとしてチームの一員であるはずなのに薬剤師の声に耳を傾けず、ひどい場合には意見を言おうとするものなら遮るなどあからさまな行動に出る医師もいます。

このような医師は薬剤師に限らず、ほかの看護師や理学療法士といった医療スタッフにも似たような態度をとる場合が多く、チーム全体の雰囲気を悪化させてしまいます

そのような医師は薬剤師のみならず、同じ医療従事者のスタッフからも不快に思われることでしょう。

そのような医師の中には薬剤師や看護師といった医療スタッフを家来のように思っている医師も残念ながらいます。

そのような医師は薬剤師を信頼していないだけでなく、同じ医療従事者として扱わないため、モラハラをしてしまう場合があります。

モラハラの問題としては、セクハラなどと同様、言っている側に自覚がないということがあります。

こちらからむかつく医師に対して指摘しても状況が改善する希望は小さいので、上司に相談してみるのが良いでしょう。

病院で薬剤師がむかつく医師その2、医療人として失格な人

病院で薬剤師がむかつく医師とは医療人としての心構えがなっていない人です。

そういう制度があるから、こういう仕事だからといった枠組みだけで仕事を行うのではなく、医療人として患者さまの役に立つことを目的とするべきです

しかし、処方や治療方法について薬剤師に何か言われた際に、自分の間違いに気づきながらも、プライドがそれを邪魔して間違った自分のやり方を貫いた結果患者さんを危険にさらすことはあってはならないことです。

患者さんが不安に思っていてもそれに気づかない、もしくは気づいていながら見なかったことにしたりすることも患者さんをないがしろにしています。

それは結果的に患者さんのストレスにつながり、医師は患者さんからは敬遠されがちであることからそのはけ口はより親身になってくれるほかの医療従事者になってしまいます。

そのような行動をしてしまう医師は医療人として失格ですし、患者さんのいらだちをたしなめなければならないので、薬剤師にむかつくと思われても仕方がないでしょう。

病院で薬剤師がむかつく医師その3、自分の意見がない医師

病院で薬剤師がむかつく医師とは主体性がない人です。

自分の意見を貫きすぎて周りの見えてない医師も問題ですが、自分の意見のない医師も問題です。

周りの意見を聞くのは良いことですが、自分の考えをうまくアウトプットできないことからとりあえず人の、この場合薬剤師の言葉をうのみにしてしまうのはチーム医療とは違います。

さらに問題があれば、薬剤師が言ったことだから自分には非がない、と責任転嫁するような医師は言語道断です。

これは医師に限ったことではないですが、チーム医療を円滑に進めるためには、チームの中の個人個人が自分の専門分野の知識、技術を用いて患者様のために責任を持って治療にあたることが必要です。

その中で最も専門分野を網羅している医師が自分の立場からの発言ができないのであれば、チーム医療は確立されません

また、自分の意見をきちんと伝えないメンバーがチームの中にいるとチームが不安を感じ、せっかくの協力体制がうまく機能しなくなります。

病院での同じ医療のフィールドに働く医師と薬剤師ですが、いずれのパターンにおいてもなかなか薬剤師から医師に発言するのは難しいものです。

もしこのまま働くのには精神的、肉体的にも厳しいと感じる場合には転職が最も良い手といえるかもしれません。

転職を考えるのであれば、薬剤師のための転職サイトに登録することがおすすめです。

薬剤師専門の転職サイトであれば、どのような同業者、しいてはどのような医師が働いているかという情報が入手できる可能性があります。

失敗しない転職のために、まずは薬剤師転職サイトへ登録しましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ