病院で薬剤師がむかつく看護師対策とは

病院で薬剤師がむかつく看護師というのは、チーム医療によって薬剤師と看護師の接点が増えたことによって生まれたともいえるでしょう。

それでも薬剤師と看護師の接点とはなかなかないものですが、やはり同じ職場にいればある程度の接触が考えられます。

その中でもむかつく看護師についての例を挙げていき、その対策を見ていきましょう☆☆☆

病院で薬剤師がむかつく看護師、接点となるチーム医療とは

病院で薬剤師がむかつく看護師を考える上ではチーム医療での薬剤師と看護師の立ち位置を知る必要があります。

チーム医療とは、医師をリーダーとして、薬剤師、看護師、栄養管理士や理学療法士などの医療スタッフが一つのグループとなり、患者さんの治療にあたることを示します。

チーム医療では、患者さんのために、医療スタッフがそれぞれの得意分野を活かし、お互いの苦手な分野を補完することで最高の治療を届けるのが医療チームの目的です。

薬剤師は、薬のプロとして、専門的な服薬の方法や薬の種類、そして副作用等に関しての知識を活かし、看護師はより包括的な立場から様々なポイントでフォローするほか、最も医師の近くで作業することから薬剤師とチーム医療のリーダーである医師との橋渡し役として活躍します。

そのため、看護師とうまくやり取りができない場合、結果的に医師との意思疎通も難しくなるといえるでしょう。

したがって、うまくコミュニケーションの取れない看護師はチーム医療をうまく機能させられないので、薬剤師にむかつくという感情を抱かれるかもしれません。

医師に直接話せる場面があればいいですが、あまりない場合は看護師に頼るところが多いので、きちんとチームで話し合う場面を意識的に作る必要があるでしょう

病院で薬剤師がむかつく看護師、薬剤師を軽んじる看護師

病院で薬剤師がむかつく看護師には、薬剤師を下に見ている看護師が挙げられます。

通常薬剤師と看護師が密に連絡を取ることはないですが、それでもちょっとしたタイミングで看護師の薬剤師を見る目が態度から見えてきます。

特に仲間意識の強い看護師であったり、ストレスが多い職場、女性ばかりの病院になると、ふとした発言から薬剤師が気まずくなったり、むかつくという感情を抱いてしまいます。

例えば、薬剤師側から話しかけたら無視をする、あからさまに顔をしかめる、といったものがあります。

このような態度を取られた場合、注意するのも一つの手ですが、あまり顔を合わせないのであれば、気にしないようにするのが一番無難です。

何しろ看護師の方と良好な関係を構築しておくことは、チーム医療で作業を行っていく上でも非常に良いからです

もしあまりにも合わないようであれば、可能であれば担当の交代などを申請しましょう。

病院で薬剤師がむかつく看護師、女性看護師あるある

病院で薬剤師がむかつく看護師には、特に女性を敵視する看護師の方がいます。

看護師は男性が増えてきたといえど、いまだ女性社会とも言える状況です。

そのため、女性が多い職場でありそうな人間関係のトラブルに女性薬剤師も直面することが考えられます。

看護師、特に女性の行動に常に、アンテナを張り巡らせておかないと、知らないうちに自分への看護師の方からの視線が厳しくなっていた・・・なんてことにもつながりかねません。

女性の場合、一度そのような事態に陥ると、修復するのはなかなか難しいです。

そんな最悪の事態にならないために、日ごろから気を遣うのが良いでしょう

四六時中一緒にいるわけではないので、ひとまず一緒にいるときに注意したらよいのですが、それが厳しく、気を使いすぎてうつ病になりそうならば、転職も一つの手段かもしれません。

病院で薬剤師がむかつく看護師になるのは、薬剤師の仕事をしているから

病院で薬剤師がむかつく看護師というのは、最初からそうでない場合があります。

そのような状況になる一例としては、本来ならば薬剤師が行う作業を、簡単であるために看護師が業務と一緒に行っている場合もあります。

このとき、薬剤師が感謝の言葉一つよこさず、当然のようにその行為を受け入れてしまうと、やはり不満に思われるでしょう。

看護師はただでさえ多忙な仕事であるため、そんな状態が続くと、看護師の薬剤師に対する不満が増し、結果的に薬剤師への態度がひどくなり、薬剤師にむかつくと思われてしまうでしょう。

できるだけ感謝の気持ちを言葉にするように努め、できることは自分でするようにするのが最も良い手段でしょう

このように、いくつか看護師に対する対策などを見てきましたが、やはり結果的にはどれも転職という手段が挙げられます。

もし転職を考えるのであれば、最も有効なのが薬剤師専門の転職サイトへの登録から始めることです。

より薬剤師のことを知っているサイトを活用することで転職を有利に進めることができます。まずは登録から始めましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ