病院薬剤師と医師、その関係とは

病院薬剤師と医師は、指示を出す側と指示を受けて動く側というイメージでしたが、最近ではその考え方が大きく変わろうとしています。

医薬分業の形が固まる中で、薬剤師の地位が向上し、同時に薬剤師の責任も大きくなりました。

しかし実際の現場では、その考え方はどのように浸透しているのでしょうか?

また、病院薬剤師と医師、待遇や給与といった違いからも2つの立場を見て行きましょう☆☆☆

病院薬剤師と医師、医薬分業とチーム医療の考え方

病院薬剤師と医師の関係は、医薬分業の考え方から、医師の担当する薬剤分野を肩代わりする、というのではなく、薬の専門家として、医師の隣で活躍する存在となりつつあります。

この医薬分業という考え方は、医師が患者さんを診断し、その処方箋を書き、それを薬剤師は受け取って内容をチェックして、記載内容の安全性、有効性、そして妥当性をチェックします。

このように作業の分担を明確にすることにより、薬の処方での確認を強化し、医療過誤が起きてしまうリスクを軽減しようとするものに基づきます。

さらにチーム医療の考え方を組み合わせることによって、栄養士や看護師といった専門知識を組み合わせ、より効率のよい、安全な治療ができるというのが大きな理想図になっています。

病院薬剤師と医師、薬の専門家としての薬剤師の役割

病院薬剤師と医師を考えると、薬剤師の地位は考えとしては向上したと言えますが、やはり病院内ではチーム医療を行う上では医師はチーム医療のリーダーであり、治療の意向の決定権があるということの考えが浸透していることから医師が医薬分業の形を理解していなかったりするとまるで薬剤師の立場を軽んじられているのではないかと感じることもあるかもしれません。

しかし、そのような逆風があっても、薬剤師は、医師が処方しようとする薬の種類、用量、そして効能や副作用といった点についてもし疑問がある場合、きちんと薬の専門家としての薬剤師の意見を、医師に対しはっきりと伝えなければいけません

疑義照会と呼ばれるこの意見発信は、薬剤師の重要な役割で、医療過誤を未然で防ぐことに繋がります。

病院薬剤師と医師、給与からも見られる差

病院薬剤師と医師を比べると、給与に大きな差があるとされています。

厚生労働省の統計によれば、薬剤師の年収は大体500万円前後。

そして医師の平均年収は大体1,200万円程度とされています。

この給与の差もあり、医師の方が薬剤師より立場が上だ、という考えもあるのでしょう。

そのため、とくに医薬分業の言葉が出来る前から働いている方、プライドの高い方になると、薬剤師にかぎらず、ほかのチーム医療のメンバーから、指示に関してとやかく言われると気分を損ねて、チームの雰囲気がピリピリしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、医療過誤が起きてからでは遅いので、薬剤師としての役割をいかにスムーズに行うかが病院薬剤師としての仕事をする上では重要であるといえるでしょう。

病院薬剤師と医師、重要なのはコミュニケーション

病院薬剤師と医師の関係は、まだ日本が欧米などに比べて、医薬分業に関しては後進国となってしまうので、医療においては医師が全ての役割を勤める、という考えが色濃く残っているところがあるため、大学などでチーム医療や医薬分業を教科書上で学んできた人が実習や就職を通して病院で勤務するとそのギャップに苦しむことがあり、それによって転職を考えたり、病院で働きたいと思わなくなってしまうこともあります。

そうならないために重要なのは、やはりコミュニケーションスキルであるといえるでしょう。

医師などに限らず、日常生活においても上司や先生、先輩といった目上の人やプライドの高い人に意見を言う時にうまく言い方を考えないと関係上の歪が生まれてしまいます。

同じ内容を伝えるにしても、会話の中の微妙な言い回し、物腰、さらに態度等で、相手が受け取る印象というのは大きく変わるものです。

このようなポイントを押さえるヒント、そして病院薬剤師として働くための面接対策や書類対策といった情報が集められている場所があります。

それが、薬剤師専門の転職サイトです。

転職を考える際には、ぜひこちらの薬剤師専門の転職サイトへの登録から始めましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ