病院の薬剤師の年収、なぜ低い、そして衰えぬ人気の秘密は?

病院での薬剤師の年収は、少ないという話があります。

しかし、なぜ病院薬剤師の年収が少ないか、年収が少ないのになぜ人が集まるのか。

あなたは疑問に思ったことはありませんか? きつくて、正直あまりきれいな仕事じゃないです。

それでも病院が新卒薬剤師の人気就職先です。 その秘密を、ちょっと掘り下げていきましょう☆☆☆

病院 薬剤師の年収は公務員と民間ではどちらが良いのでしょうか?

1 病院の薬剤師の年収について、あなたは気になりますか?

病院には2種類あります。

良い病院と悪い病院です!

 

 

・・・ってのは半分冗談。

2種類の病院とは、国公立病院と民間の病院です。

 

この違いは給与にも大きく影響します。

 

まずは国公立病院です。

国公立病院で働く薬剤師は、公務員に分類されます。

そのため、給料は一律です。

現在の6年制課程経て薬剤師になった新人の初任給は、医療職(二)2級15俸級として、初任給は200,800円に決定されています。

過去の4年制過程での薬剤師であれば、国家公務員薬剤師になった場合、初任給が医療職(二)2級1号として、178,200円になります。

これは同じ理系の4年制大学、医学部などの6年制、及び修士卒の年収の中でも低い部類でしょう。

しかし、公務員である薬剤師の平均収入は、給与規定において医療職俸給表(二)にあてはまり、平均月収は約36万円、平均年収は約600万円となり、薬剤師の年収は最初は低くても後から年収が上がることを示しており、その点では調剤薬局や病院といった薬剤師の代表的就職先の年収と比べて高い部類に入ります。

さらに年収以外にも残業手当がきちんとついたり、福利厚生が充実している点も利点としてあげられます。

 

だって公務員ですもの!

 

対して民間病院の薬剤師であれば、初任給はだいたい20万円から25万円、よって最初にもらえる年収は300万円から350万円が相場となっています。

病院薬剤師の平均的な年収は400から650万円とされていて、薬剤部長などの役職に就かなければ年収は400万円代で頭打ちになってしまう場合もあります。

最初は低くても後から年収の上がる公務員薬剤師、最初は年収が多少良くても伸びしろがあまりない民間病院薬剤師、というわけです。

病院の薬剤師の年収の少なさの謎。なぜ上がらないのでしょう?

お金で買えない価値がある? 病院の薬剤師 年収は低いという話になりましたが・・・

そもそも、なぜ病院の薬剤師の給与はここまで低いのでしょうか?

場合によっては当直をしたり、救急の患者を相手にする場合もある病院の薬剤師なのに・・・

 

それはあんまりだよ~!

 

・・・という声が聞こえそうです。

しかし、実はその数字には理由があるのです。

基本的に日本国民は、健康保険証を持っており、その結果、医療費において自己負担は3割、残り7割は国が負担します。

そのため、国が現在のように医療費に割く財源を減らしている状況下では、薬剤師を含む医療人への給与を減らさなければいけません。

病院に必須である医師や看護師の給与を守るためには、それ以外、つまり優先順位の低い薬剤師などの人間の給与が削られるというわけです。

 

病院薬剤師の年収が低いのは国のせいだったの!?

 

はい。

・・・簡単に言うと、そういうことなんです。

でも、薬剤師の間で「病院薬剤師」は人気ですし、憧れすらありますよね?

なぜ病院薬剤師には不動の人気があり、病院は薬剤師の人材不足に陥らないか?

 

それはひとえに病院での勤務を求める薬剤師には、年収以外の目的があるからです。

最先端の治療法であったり、臨床的な研究設備であったり。

患者さんと密に接する環境であったり。

その目的は様々ですが、その目的を果たせる場所として多くの薬剤師が見ていることで年収が低くても人員不足とはならないのです。

病院の薬剤師、年収を上げるための方法とは?

やっぱり年収も大事。 病院の薬剤師 年収についてここまで考えると、じゃあ、民間じゃなくて公務員薬剤師になって病院で働けばいいじゃないか!と思うかもしれません。

しかし、これがなかなか大変なのです。

薬剤師は公務員試験に合格しても、必ず病院に配属されるとは限らないのです。

 

そんな美味しい話はありません!

 

例えば、各都道府県などの保健所に勤務したり、厚生労働省などで麻薬を取り締まったりと、その仕事の場は様々です。

また、病院に勤務したいです!といってそれが異動などによって実現することはなかなかありません。

民間でも薬剤部長になれば年収アップ!というわけですが、この道程もなかなか困難です。

なにしろ病院自体の数が少ないのです。

そのため、その少なさに比例して薬剤部長になれる人は減ります。

年収の面からして成功するには難しい職業と言えます。

 

それでもやはり薬剤師の中での病院人気は衰えません。

仕事選びには年収以外にも、働きやすさややりがいが大きく関わります。

すなわち、年収はもちろん大きなファクターではありますが、年収だけが仕事を選ぶ理由ではありません。

 

・・・じゃあどうすれば良いの!?

 

はい。

まずは自分にどんな仕事が向いているか、そこから考えてみましょう。

当サイトで紹介している薬剤師転職サイトを活用し、転職エージェントに相談することでわかるものがあるかもしれません。

最初の一歩を踏み出せば、あとは自ずと道は開けますよ!

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ