病院薬剤師と看護師との関係は?

看護師と病院薬剤師の関係

病院薬剤師と看護師の関係は、チーム医療が進められる中でより密接なものになり、それは治療を効率的に進める中で非常に重要であると言えます。

しかし、それと一緒にチームで物事を進める中で当然問題というものが出てきます。 それらの問題についてどのようなものがあるのか、何に気をつけたらいいのかを合わせて紹介していきましょう☆☆☆

病院薬剤師と看護師の関係の変化

病院薬剤師と看護師の関係の変化

病院薬剤師と看護師の関係といえば、以前であれば、病院で看護師と薬剤師が顔を合わせるのは、たまたま廊下であったり、医療スタッフを集めた会議で会うといった程度でした。

なにしろ、病院では薬剤師は薬剤部で調剤を行ったり、外来患者さんの対応をしたりしているのが普通で、看護師さんは病室にいるのが普通だったからです。

しかし、チーム医療がすすめられ、薬剤師が患者さんに直接関わり、薬剤管理指導をするようになってから、医療の現場で看護師と薬剤師が顔を合わせる場面が多くなりました。

その結果、同じ職場を共有することでコミュニケーションを取る機会ができ、より連携を取ることが可能になりました。

協力することで治療作業の品質向上

これによって、患者さんの治療という共通の目的のためにそれぞれの持つ得意分野を活かして苦手な部分を補完しあい、助け合いながら、治療作業の品質向上を図ることができる様になったといえるでしょう。

例えば、この薬を使うと患者さんへの負担が増えてしまうが薬効的にどうなのだろう、といった疑問が看護師側から出た場合、看護師より薬剤師の方が知識、そして調べるスキルが上です。

また、薬剤師から、たしかに薬効は期待できるけど患者さんへの負担を考慮する必要があるから、1週間ほど試してみましょう、という提案や相談を看護師に出来るようになりました。

このように、互いに日ごろの小さな疑問がすぐに解消される、提案をできることで、治療を効率良く行い、今後の医療の進歩をもたらすことが出来ます。

それこそが、チーム医療が進められる中での理想的な薬剤師と看護師の関係といえるでしょう。

病院薬剤師と看護師、人間関係と仕事関係の問題

看護師は、薬剤師と医師との関係を円滑にできる橋渡し的な存在

病院薬剤師と看護師の役割から、看護師は、チーム医療において、全体を包括的に管理する役割も担っていますので、薬剤師の薬の処方に関しても、第三者的立場からリスクマネジメントを行います。

そういう意味でも、薬剤師と看護師の関係は非常に重要といえます。

以前から看護師は医師との業務が近いので、看護師は、薬剤師と医師との関係を円滑にできる橋渡し的な存在であると言えます。

業務上ではもちろんですが、人間関係という面からでも看護師と良好な関係を築いておくことは、チーム医療を効率よく進めるために非常に重要であると言えます。

女性の多い職場特有な人間関係トラブル

しかし、看護師のほとんどは女性であることから女性の社会とも言えるので、女性の多い職場特有な人間関係トラブルが考えられ、同時に薬剤師も巻き込まれることがあります。

その発端となる場合に、業務内容があります。 例えば、本来薬剤師担当の作業を、内容が簡単であるため、通常看護師が行っている、ということもあります。

本来薬剤師担当の作業

このとき、薬剤師がそれを当然のこととして、看護師が忙しい時にもフォローせずにいると、看護師からは不満の声もあるでしょう。

特に看護師不足の病院が多い中、看護師も多忙であるために、薬剤師が担当できる分野は補って欲しいと思っているはずです。

そんな状態が続けば当然ながら看護師と薬剤師の関係にも悪い影響がでてきます。

モラハラ、セクハラにも取られるような発言や行動

他にも、男性薬剤師の場合、女性ばかりいる中で、女性を卑下しているような発言をしてしまったり、モラハラ、セクハラにも取られるような発言や行動は一気に評判を落としてしまうので気をつけなければなりません。

そのため、常にそのような目に対するアンテナを張り巡らせておかないと、気づかないうちに看護師たちからの評価を下げてしまい、職場に居づらい状態を作ってしまいます。

病院薬剤師と看護師の関係を良好に保つために

一旦関係にひずみが生じると修復するのは大変

病院薬剤師と看護師の関係を考えると、前述したとおり、看護師は女性の数が圧倒的に多いので、一旦関係にひずみが生じると修復するのは大変です。

そんな最悪の職場にしないために、場合によっては余計に気遣ったことでストレスを溜めてしまい、それが原因でうつ病になる場合もあります。

実際にこのような原因で薬剤師がうつ病を発症するのは珍しいことではありません。

病院薬剤師として看護師とうまくやっていくには

そのため、病院薬剤師として看護師とうまくやっていくには、人間関係には特に注意が必要です。

そのため、コミュニケーションが上手、いわゆる空気が読める人ほど、病院薬剤師に向いていると言えるでしょう。

コミュニケーションが上手な人ほど、病院薬剤師に向いている

では、コミュニケーションを取るのが苦手だけど病院薬剤師になりたい、と言う人はどうしたら良いのでしょう。

それには、積極的に自分の仕事をアピールすることが重要です。

これは薬剤師、看護師にかぎらず、どの職種でもそうですが、自分のもつ役割を積極的にアピールするところから円滑なコミュニケーションは始まります。

自分のもつ役割を積極的にアピールする

自分から自分のやっていること、できることをアピールすることで、お互いに相手の立場が透明になり、頼りにできる分野がわかりやすくなり、その結果わかり合えるようになると思います。

しかし、やはり最初からすでに関係にひずみが生じている職場へ転職はしたくないというのが本音でしょう。

そこでおすすめなのが薬剤師のための転職サイトです。

転職コンサルタントの力を借りましょう。

転職コンサルタントの力を借りて、職場の求人票にはない雰囲気を聞いてみたり、円滑なコミュニケーションを行うためのコツを聞くことが出来ます。

転職を考える際にはぜひ登録から始めましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ