皮膚科の門前薬局で薬剤師が働くということ

皮膚科の門前薬局の薬剤師のお仕事には幾つかのポイントがあります。

皮膚科の門前薬局では軟膏などを多く扱うことから、他の門前薬局よりも調剤スキルを要します。

しかしながら、最近では機械化も進み、調剤なんて大学以来、なんて薬剤師の方でも大丈夫な場合があります。

ですが、それは同時に機械に対応しなければならないという事であると考えられます。

それらの点を押さえつつ、皮膚科の門前薬局で働く薬剤師になる際に注意しなければならないことを見ていきましょう☆☆☆

皮膚科の門前薬局、薬剤師に必要なのは技術?

皮膚科の門前薬局の薬剤師として働くには、調剤の技術的なスキルが必要となります。

なにしろ、皮膚科は他の門前薬局と異なり、飲み薬より塗り薬を多く取り扱います。

そのため、主な業務は軟膏の調剤になります。また、飲み薬が少ないといえど、漢方薬を始めとした多くの飲み薬を取り扱いますので多くの医薬品の種類を把握しておく必要があります。

チューブの状態のままでの処方の調剤はそこまで経験がなくてもできますが、もし医師の指示に多くの混合がある場合、その門前薬局の作業は一気に大変になります。

しかしながら、今では多くの調剤が機械による自動調合が行われるので、機械化が進んだ店舗を選ぶことでこの手間を省くことが出来るといえるでしょう

ですが、昔ながらの人の手による調合がメインとなっている調剤薬局では、薬剤師が自分で作業しなければならないので、その分作業に時間がかかって、その結果残業に繋がる事も考えられます。

さらに技術のいる作業なので、経験も必要といえます。

しかしながらその分、薬剤師はスキルを習得できる環境で成長できるということもいえます。

もちろん、そのような店舗できちんとした研修制度が用意されていれば特に心配がないのですが、OJTの要素が強い転職先であれば、いくら学生時代にやったことはある、とはいっても未経験であれば初めのうちは、時間がかかってしまって患者さんを待たせしてしまうことがあるでしょう。

しかし、そこで諦めていては始まらないので、頑張るしかないでしょう。

皮膚科の門前薬局で薬剤師として働く際に必要になる知識

皮膚科の門前薬局で薬剤師として働くには、調合などの技術面の他にも知識面での努力が必要になります。

何しろ、皮膚科の専門領域は広いものです。水虫や発疹から始まり、なかなか見ない病気や治療法の確立されていない難病も多く存在しているからです。

そのため、服薬指導でもあまり耳にしたこともない症状や病名などを言われ、答えられないこともあります。

そのため、皮膚科の門前薬局で働く際には広く病名を知っておくことが良いでしょう。

さらに、人の表面にある皮膚ですが、内科系の薬も取り扱うことも多く、皮膚だけの薬を扱うということではありません。

さらに最近では美容皮膚科という分野も活躍の場を広めているので、場合によってはレーザー脱毛や、シミ取り施術などに関わる薬を扱う場合もあるでしょう。

皮膚科の門前薬局で薬剤師として働くなら就職先の特徴を知るべき

皮膚科の門前薬局の薬剤師と言えど、前述したとおり、一言で皮膚、といっても目的が治療ではなく、美容が目的、というように患者さんの目的が異なる場合があります。

そのため、もし転職先のことをよく知らずに転職を行ってしまうと、もっと医療に関して勉強したかったのに、美容に興味があったから皮膚科を志望していたのに、といったすれ違いが生まれ、結果的にまた転職、ということになりかねません

また、美容を取り扱うから女性ばかりの患者の方で気が安らぐ、といった気持ちがあるのであれば、最近では男性も多く美容皮膚科を利用していることを念頭に置くべきでしょう。

皮膚科の門前薬局の薬剤師が知っておくべき服薬指導における注意点

皮膚科の門前薬局の薬剤師は多くの病気と関わり、この薬はこの病気のためのものです、といったようにはっきりと伝えることが患者さんのためになることが多いです。

しかし、比較的見えやすい皮膚の病気であることから、患者さんによってはあまり病名を知られたくない、恥ずかしいといった思いを持つ方も少なくありません

代表的なものに水虫がありますが、特に女性で服薬指導の際に周りに聞こえるように病名を言われると嫌な気分になることがあります。

そのため、場合によっては声を下げる、あえて病名を口に出さずに処方箋を指差しながら説明、といった工夫が必要になるでしょう。

女性だけでなく、男性であればAGA、男性型脱毛症などといった周りに知られたくない病名もあります。

クレームを避けるためにも注意をしましょう

このように技術、知識だけでなく、人の気持ちを考える力を必要とする皮膚科の門前薬局ですが、その分人としても成長できますし、機械化が進んだ調剤薬局の中でも手で調合を行いたいといった希望に添える可能性の高い分野とも言えます。

興味があるのであれば、まずは薬剤師専門の転職サイトに登録し、担当さんに情報収集を行って貰いましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ