管理薬剤師として活躍するなら下調べが要!・・・管理薬剤師まとめ

管理薬剤師としてお金を稼ぎたい、効率よく残業なく働きたい、と思った時に注意すべきなのは、”管理薬剤師”というワードが職業ごとに大きくとらえられ方が変化するということです。

そのポイントなどを管理薬剤師になるための条件や仕事内容と役割、勤務時間と残業そして年収に焦点を当ててみていきましょう☆☆☆

管理薬剤師になるには、どんな条件が必要で実務経験はどのくらい?

調剤薬局

調剤薬局では、管理薬剤師がいないとそもそも仕事になりません。管理薬剤師がいなければ医薬品をそもそも扱うことができません。

そのため、会社側としてもあまり経験や条件にこだわっていられません。そのため管理薬剤師になるための具体的な制約はありません。

ドラッグストア

ドラッグストアでは調剤薬局同様医薬品を扱う上では管理薬剤師が必要です。

ただし、薬剤師ではないスタッフと一緒に働く、といった点から調剤薬局よりもチャレンジングな部分があるといえるでしょう。しかし、調剤薬局同様管理薬剤師になるための制約というものはありません。

病院

病院での管理薬剤師の扱いは調剤薬局やドラッグストアとは一味違います。

昇進により管理薬剤師となる病院では、管理薬剤師は必ず必要な存在ではありません。そのため、管理薬剤師になるには、病院においてはそれなりの実力と経験が必要となります。

製薬企業

製薬企業の管理薬剤師は求められる仕事が企業、部署の特徴により異なります。

製造工場のある製薬企業であれば管理薬剤師は必須です。しかし、MRなど営業職では不要です。その役割に応じて管理薬剤師になるための必要な条件が変わってきます。

卸売販売業

卸売販売業でも医薬品を扱っていることから管理薬剤師が必要になります。

しかし、単純に書類管理をするほかにも医療従事者とのやりとりが発生することもあります。そのため仕事の一環にある程度の実務経験が必要になるといえます。

管理薬剤師、と一言で言ってもなかなかどうしたらなれるのか、どのようなことが必要なのかはわからないものです。

まずは管理薬剤師になるためにどうしたらいいのかを「管理薬剤師になるには、どんな条件が必要で実務経験はどのくらい?」にて確認していきましょう。

管理薬剤師の仕事内容と役割、職業別の重要ポイントとは?

調剤薬局

調剤薬局の管理薬剤師の仕事内容と役割は、一人で店舗の管理業務を担わなければならない場合、在庫管理なども自分でチェックしなければなりませんし、ほかにも薬剤師がいればその勤怠管理なども業務の一部になります。

ドラッグストア

ドラッグストアの管理薬剤師の仕事内容と役割は調剤薬局に似ていますが、管理すべき対象が多いことで単純にみると多くなります。

多彩な商品に多彩な職種の人間をまとめ上げることが役割の一つになります。

病院

病院では管理薬剤師の仕事内容と役割はサラリーマンでいう中間管理職としてのものに似ています。

マネージメントや業務を上司の指示のもと遂行していくため、調剤薬局やドラッグストアでの管理薬剤師の仕事内容と役割とは一線を画します。

製薬企業

製薬企業の管理薬剤師の仕事内容と役割は製造工場があれば製造管理者として変更管理などのサインをする必要があります。

内容的には責任者として名前を出すのが主な管理薬剤師の役割となりますが、取引の際には責任者の一人として立ち会う必要もあるでしょう。

卸売販売業

卸売販売業の管理薬剤師の仕事内容と役割はどの部署にあてがわれるかで大きく異なります。基本的に医薬品を扱う場所なので、管理薬剤師は書類の署名などで必要とされます。

管理薬剤師の仕事は職業によって求められるものが異なります。

自分のやりたいことに合致しているかを確認するためにも、まずは「管理薬剤師の仕事内容と役割、職業別の重要ポイントとは?」にて管理薬剤師の仕事内容と役割を確実しましょう。

管理薬剤師の勤務時間と残業は職種ごとに異なる!?

調剤薬局

調剤薬局の管理薬剤師の勤務時間と残業では、勤務時間は週40時間と他の職業と変わりませんが、他の薬剤師をマネージメントする関係上、必要あらば部下の平の薬剤師さんのカバーをしたりするため、担当する施設の数や、訪れる人の数によっては残業時間が増えてしまうこともあります。

ただし、管理薬剤師はあくまでも役職ではないので、管理職だから残業代が支払われないということはありません。

ドラッグストア

管理薬剤師の勤務時間と残業でドラッグストアを考えると、調剤薬局と似てはいますが、薬剤師ではない従業員を管理すること、医薬品以外を扱わなければならないことで管理しなければならない対象が多いためさらに残業が発生しやすいといえるでしょう。

病院

病院の管理薬剤師の勤務時間と残業では”役職”としてのものになるので、病院ごとに残業のお金がそもそも支払われるか、その額はどのくらいかが大きく変わってくる可能性があります。

また、管理職であることから管理業務も多くなり、残業が増えることが予想されます。ただし、残業代は見込み残業で賄われる可能性もあるので求人票をチェックしましょう。

製薬企業

製薬企業の管理薬剤師の勤務時間と残業は仕事内容とタイミング次第です。

法律の改正や新規医薬品の忙しいタイミングになれば残業がたくさん発生し、深夜までの残業も考えられます。

その仕事を行うためには管理薬剤師である必要があるため、気軽に別の人間に仕事を任せるわけにはいかないため、残業は多いといえるでしょう。

卸売販売業

卸の管理薬剤師の勤務時間と残業は製薬企業同様、タイミングが大きくかかわってきます。

管理薬剤師として処理が必要な書類申請や問い合わせ対応や医薬品の管理について書類が必要になる時期になれば残業が一気に増えることもあるでしょう。

期限とその仕事ができる人間が限られるので、時期によっては残業は多いといえます。

勤務時間と残業はライフワークバランスを考えるうえで重要な点です。

それを職業別に「管理薬剤師の勤務時間と残業は職種ごとに異なる!?」にて確認し、後悔しない転職を目指しましょう。

管理薬剤師の年収を考えるならドラッグストアが稼ぎ場所!

調剤薬局

調剤薬局の管理薬剤師の年収は非管理薬剤師の給与に月5万円程度手当てが支払われますが、薬局長にもなると責任も仕事量も多くなります。その兼ね合いを考えての転職先探しが必要になります。

ドラッグストア

ドラッグストアの管理薬剤師は他のスタッフの指導や店舗の売り上げや顧客管理なども管理していく可能性が高いため、平均の年収は他の薬剤師の職種に比べると高めです。

ただ、その分忙しくなることが想定され、多くの責任があるといえます。

病院

病院の管理薬剤師の年収は、公立の病院は民間の病院に比べて若干高いとされています。

なお、病院でもらえる管理薬剤師の給料は仕事量などに比べ、少し安く感じるかもしれません。

しかし、臨床に触れられる貴重な機会を重要と思えるのであればお金以外の価値があるといえるでしょう。

製薬企業

製薬企業の管理薬剤師の年収は企業および職業によって年収に大きく幅があるので年収を述べるのは難しいです。

ただ職によっては年収1000万円も夢物語ではありません。ただ、管理薬剤師になれる職業が限られるために注意しましょう。

卸売販売業

卸売販売業の管理薬剤師の年収は企業規模などで変わってきますが、大手企業であれば福利厚生も加えて高い収入が期待できます。

製薬企業管理薬剤師になる場合と同様に、管理薬剤師が必要かの下調べが肝心です。

転職の目的が年収アップであることは決して珍しいことではありません。

きちんと目的を達成するためにも、まずは「管理薬剤師の年収を考えるならドラッグストアが稼ぎ場所!」にて予備知識を蓄えましょう。

まとめ

管理薬剤師と一言で言っても職種ごと、部署ごとによって必要性の有無、立場、管理薬剤師の意味合いは大きく変わってきます。

管理薬剤師になるための条件、仕事内容と役割、勤務時間と残業そして年収もしくはそのすべてを転職の際の要点とする場合は、仕事ごとに確認していくことが必要になります。

なかなか大変な作業となるので、もしヘルプが必要になった際に先に転職サイトに登録することをお勧めします。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ