管理薬剤師の仕事内容と役割、職業別の重要ポイントとは?


管理薬剤師の仕事内容と役割とは職業によって大きく異なります。

管理薬剤師にしかできないことをいつもの業務に追加して行うか、”管理”薬剤師としての業務をメインに行う場合があります。

その違いによって管理薬剤師としての役割が変わってくるのでそれぞれの職業ごとに見ていきましょう☆☆☆

調剤薬局の管理薬剤師の仕事内容と役割は知識確保と管理!

調剤薬局の管理薬剤師の仕事内容と役割はどのようなものでしょうか。

調剤薬局での薬剤師は基本的に法律上一人は各店舗にいなければならないので、最低限薬剤師であればよいといえます。

しかし、仕事をしていく上ではいくつかのスキルがあった方が良いといえます。

まずは、薬剤師として3年以上の実務経験です。管理薬剤師は一人各店舗に一人いなければなりません。

逆に言えば、管理薬剤師は一人いればよいのです。そのため、一人で店舗の管理業務を担わなければならない場合があります。

そのため、最低3年の実務経験を積んでいるのが望ましいといえます。

同じ理由で、薬局運営の管理能力が求められます。一人であれば在庫管理なども自分でチェックしなければなりませんし、ほかの薬剤師がいればその勤怠管理なども業務の一部になります。

また、相談相手がいないと、万が一問題が起きた際に必要な薬事法及び関係法規への理解、そして保険請求業務等の医療事務にも精通している事が望ましいです。

以上が、管理薬剤師が調剤薬局の役割をこなすために望まれるスキルである、といえるでしょう。

ドラッグストアの管理薬剤師の仕事内容と役割はマネージメント!

管理薬剤師の仕事内容と役割を考える上でドラッグストアは調剤薬局とよく似ていますが、2つの大きな違いがあることを理解したほうがいいです。

・薬剤師以外の従業員がいる
・医薬品以外を扱っている。

まず、従業員についてです。管理薬剤師は一緒に働く化粧品コーナーの美容スタッフやほかの非薬剤師の従業員の薬事教育にも関わっていくことが求められます。

医薬品を扱う際には薬剤師を呼ぶことなど、教えていくことが求められます。

2つ目に、ドラッグストアにはOTCに限らず、健康食品やサプリメント、さらには化粧品や日用品、など多くの商品がおいてあります。

それらの商品を把握していないとお客さんからの質問に答えられず、困ることが多くなるでしょう。

また、ドラッグストアに薬剤師が一人ということも珍しくないので、医薬品に関する知識を問われた際には管理薬剤師が対応することが求められます

調剤薬局に比べると扱う商品も多くていろいろな人がいるドラッグストアです。ドラッグストアの管理薬剤師は幅広い仕事の管理をする必要があります。

ほかにも手が回ってないときはレジ打ちや棚卸のヘルプに入るので、業務量は調剤薬局より多くなることも多いでしょう。

また、ドラッグストアの調剤薬局併設型とそうでない場合が考えられますが、通常一類医薬品を扱っていれば調剤薬局が併設されていなくても管理薬剤師が必要ですが、もしドラッグストアで一類医薬品を扱っていなければそもそも管理薬剤師は必要ないので管理薬剤師になりたい、と思うのであれば、一類医薬品を扱っているところを選ぶようにしましょう。

病院の管理薬剤師の仕事内容と役割は中間管理職!

管理薬剤師の仕事内容と役割を病院で考えると、調剤薬局やドラッグストアに似ていますが、より”役職”としての意味合いが大きくなります。

病院で扱われる多くの医薬品の温度管理や在庫を管理し、管理する立場としてほかの薬剤師を薬局長の指示のもと教育や指導を行い、マネージメントを行います。

そのため、知識だけではなく、コミュニケーション能力が高くあることが求められます。

役割は、役職なしの薬剤師と薬局長の間に立つ中間管理職の役割があるといえます

製薬企業の管理薬剤師の仕事内容と役割はそこまで・・・

製薬企業の管理薬剤師の仕事内容と役割にはいくつかありますが、ざっくりいうと、管理薬剤師にしか出せない書類を作成することが求められます。

調剤薬局などと同様、各工場に必要なので、そこで管理薬剤師として書類を作成することが求められますし、倉庫でも医薬品を管理するために管理薬剤師の設置が義務付けられるのでそこでまた書類を申請する必要があります。

仕事内容自体は所属する部署によりますが、管理薬剤師としての書類を申請したりすることが必要になります。

しかし、だからといって大きく部署内で仕事が異なるわけではなく、その仕事が追加されるだけで、部署の中では部署の一員なのでほかの人と同じ仕事内容になります

卸売販売業の管理薬剤師の仕事内容と役割はコミュニケーション!

卸の管理薬剤師の仕事内容と役割はどうでしょうか。

基本的に営業への教育、医師や薬剤師からの問い合わせへの対応が中心となります。

医薬品卸会社の管理薬剤師は、営業や医療従事者から様々なメーカーの医薬品に関しての質問を扱うため、公平な視点で医薬品に関する資料を扱います。

合わせて、薬事法や医療法、さらに健康保険法などの法律についても精通していることが求められます。

さらにそれをうまく営業や医療従事者に伝え、混乱や衝突を防ぐコミュニケーション能力が卸売販売業の管理薬剤師の仕事であり、役割といえるでしょう。

まとめ

管理薬剤師になり、管理薬剤師として活躍したい、と思っていても、職業によって管理薬剤師の言葉の意味も求められることも大きく異なります。

転職の際にやりたいこと、なにをやりがいに感じるかを明確にしてそれをもとに転職先候補を絞らないとこんなはずでは!という事態になりかねません。

もし不安があれば、まずは薬剤師専門の転職サイトへの登録から始めましょう。薬剤師転職コンサルタントに相談し、転職を後悔しないようにしましょう。


タグ: , ,
カテゴリー: 職種・勤務先
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。