管理薬剤師の勤務時間と残業は職種ごとに異なる!?

管理薬剤師の勤務時間と残業ですが、勤務時間は職業が異なってもそこまで差は生まれませんが、残業の量は残念ながら各職種における管理薬剤師に求められる仕事量によって異なります。

どのくらいの残業が職業ごとに必要になる可能性があるのか、それぞれの職業から見ていきましょう☆☆☆

調剤薬局の管理薬剤師の勤務時間と残業はスキル次第

調剤薬局の管理薬剤師の勤務時間と残業はどのようなものでしょうか。

まず勤務時間については、管理薬剤師は一週間当たり40時間確保されている必要があると定められています。

管理薬剤師はあくまでも役職ではないので、管理職だから残業代が就かないことはありません。

もちろん、会社の方針で見込み残業がある場合は出ないので確認しておく必要があります。

施設を多く持っていたり、忙しい薬局であると管理薬剤師の残業の発生確率は高いです。時間通りに薬局を閉めてもそのあとの薬歴処理で残業になる可能性があります。

特に連休前になると一日2時間ほどの残業が必要になる場合があります。

調剤薬局での薬剤師の仕事は薬局の運営管理です。在庫管理などの物流の把握、従業員のシフト調整などが含まれます。

法律上管理薬剤師は最低一人各店舗にいなければならない、というルールなので、場合によってはそれらの仕事を十分に教育されないまま管理薬剤師になってしまう場合があります。

調剤薬局では、薬剤師として3年以上の実務経験や薬局運営の管理能力や薬事法及び関係法規への理解、そして保険請求業務等の医療事務を理解していることが求められますが、それらをきちんと知らずに管理薬剤師になってしまうとその分作業がうまくいかず、残業が発生してしまうことが考えられます

ドラッグストアの管理薬剤師の勤務時間と残業、鍵はマネージメント!

管理薬剤師の勤務時間と残業でドラッグストアを考えると、調剤薬局と似てはいますが、薬剤師以外の従業員を管理しなければならないことと医薬品以外を扱っていることを考慮に入れる必要があります

薬局同様、管理薬剤師への残業代は支払われますが、見込み残業があれば注意が必要です。

まず、従業員の教育を行う必要があります。つまりは、4月に新卒が入ってくる際、従業員の入れ替わりの際には忙しくなることが予想されます。

また、調剤薬局と異なり、日用品など多種類の商品を扱うドラッグストアでは棚卸しやレジ打ちなど多くの仕事があり、それらをうまく従業員を通じて処理しなければ管理薬剤師としてそれを時間内に処理しなければならなくなり、結果的にそれが残業となります。

病院の管理薬剤師の勤務時間と残業は病院次第!

病院の管理薬剤師の勤務時間と残業は”役職”としてのものになるので、病院ごとに変わってくる可能性があります。

基本的に昇進とともになる管理薬剤師なので、勤務時間に違いはありませんが、マネジメントに合わせて残業が必要な場合が生まれるかもしれません

病院によって忙しさや管理薬剤師に求められる仕事量が異なるため、残業時間については一概には言えません。

後片付けなどを含め、繁忙期は残業が求められる場合もあるでしょう。

また、残業代は病院によっては管理薬剤師は管理薬剤師手当てや見込み残業で賄われる可能性もあるので求人票を確認するのが良いでしょう。

製薬企業の管理薬剤師の勤務時間と残業はタイミングと仕事次第

製薬企業の管理薬剤師の勤務時間と残業は仕事内容とタイミング次第といえるでしょう。

MRやCRAなどの営業であれば、新薬の申請時、新しい薬が世に出た直後は書類の作成や医療従事者や患者の問い合わせ対応などに追われて残業が発生するでしょう。

同様に内勤の品質保証などでも書類申請や法律の改正に伴う軽微変更が多発すれば一時的に残業が必要になるでしょう。

特に報告義務のある安全性情報関連部門や治験部門の人間であれば、期限が明確に決められている場合はその時に残業が発生し、場合によって深夜まで仕事をすることもあるでしょう。

卸売販売業の管理薬剤師の勤務時間と残業は時期による?

卸の管理薬剤師の勤務時間と残業はタイミングが大きくかかわってきます。

卸売販売業における管理薬剤師は、管理薬剤師として処理が必要な書類申請や問い合わせ対応や医薬品の管理が仕事になるので、そのような書類が必要になる時期や問い合わせが増える時期や在庫管理方法が変わるタイミングは残業が増えることが予想されます

勤務時間は特に変わりませんが、例えば新規発売のお薬を新たに扱う際、必然的に忙しくなります。

また、要冷蔵の医薬品であれば、夏になると保管方法を聞くお問い合わせが増えることが予想されます。

その際には一時的ではあれど、深夜まで残業して仕事を行うこともあります。

企業の忙しさや規模、ヒューマンリソースにもよりますが、残業がほとんどない職場もあります。

まとめ

管理薬剤師として働きたいけど残業はしたくない、勤務時間が長いのはいやだ、と思うのであれば、まずは薬剤師専門の転職サイトに登録することがおすすめです。

管理薬剤師と一言で言っても職種ごと、仕事ごとに考えられる残業の量は異なります。

事前に残業の可能性については薬剤師転職コンサルタントに相談し、転職を後悔しないようにしましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ