腰痛の薬剤師が転職するときに考えるべきこと

腰痛は薬剤師の転職の原因の1つであります。特に調剤薬局や病院などの調剤業務を主とする仕事では腰痛は職業病と言っても良いでしょう。

そんな肉体的苦痛を取り除くためにはどのようなことに注意して転職をすべきなのでしょうか?

そのための条件も踏まえて腰痛と薬剤師の関係を見て行きましょう☆☆☆

腰痛が薬剤師の転職理由となりやすい職業って?

腰痛の薬剤師が転職する際にその前職の可能性であるのが高いのが調剤薬局と病院といえるでしょう。

患者さんには分からないことですが、処方箋一つ一つに入っている小さな軽い薬剤もその数が増えてしまえば当たり前ですが重くなります。

力に自信のある男性薬剤師ならまだしも、特に調剤薬局においては、働く薬剤師は8割が女性薬剤師と言われているので、女の子だから持てない、なんて言っている場合ではありません。

また、調剤業務などは腰痛の原因となる中腰で行うことが多く、患者さんの目に届く範囲であれば背伸びなんて事は出来ません。

ドラッグストアの薬剤師であれば、連続して患者さんが処方箋を求めに来ることはあまりないかもしれませんが、忙しい門前薬局の薬剤師になれば、なかなか姿勢を正す時間もなく、腰痛の原因となるでしょう。

他にも、MRやCRA、SMAといった仕事は、外勤で出張が伴うことが多く、旅慣れしていない時には腰痛や肩こりに悩まされる方も多いようです。

営業寄りである仕事なので堅苦しいスーツを常に着用していることで余計に身体が凝って、腰痛になりやすくなってしまうということも納得できます。

腰痛の薬剤師の転職先としておすすめな仕事は?

腰痛の薬剤師が転職する先候補としてあげられるのは、企業の品質保証業務や研究の仕事です。

前者の品質保証ですが、実験を主に行うQCと呼ばれる品質管理と異なり、事務的な作業が多くなります。

より具体的に言うならば薬事法に関連する法律に携わる書類処理が仕事の中心となるからです。

もちろんそのような書類をデスクに持ってきたりする立ち仕事はありますが、ほとんどが座ったまま文章を読みあさったり、電話をして問い合わせを行ったりという事が主な仕事でしょう。

そのため、立ちっぱなしの仕事の肉体労働で腰痛に悩む薬剤師にとってはありがたい職場環境でしょう。

また、研究の仕事は細かい作業を行う際に椅子を使用したり。

研究の工程によっては思いの外空き時間が出来て休憩を長めに取れたりと案外座れるタイミングが多くなります。

もちろん企業の方針などにも拠りますが、他の製造や品質管理などの部署に比べ、個人で動く作業が多いことから休憩の取り方も自由な事が多いようです。

しかし、いづれの仕事も腰痛にはいいかもしれませんが、今度は座りっぱなしで肩こりに悩む方もいるようです。

しかし、もっとも腰痛に悩むとされる調剤薬局の薬剤師と異なり、常にお客さんの目があるわけではないので、ある程度伸びやストレッチが出来るというのは良いことかもしれません。

腰痛の薬剤師が転職する際に考えるべきことって?

腰痛で薬剤師が転職する、ということは転職理由として存在しますが、腰痛がひどくならない職場を選ぶ、というと動きまわることが多い仕事から、座って行う仕事が多い職業に転職することが最も合理的でしょう。

しかし、ここで注意しなければならないのは、腰痛のことだけで転職先を選ぶと、高確率でまったく違う分野、まったく違う業務を担うことが考えられるということです。

腰痛という肉体的苦痛が取り除かれたとしても、仕事に対する精神的苦痛が生まれるとまた転職したいと思ってしまうきっかけになってしまいます。

そんなことにならないためには、まず今の仕事の腰痛の原因となる作業を減らせるか、もし減らせないのであれば、どのような転職先を探したら良いのかというヒントを分析しましょう。

重い荷物の多いことが腰痛の原因であれば、取り扱っている薬剤、処方箋枚数の少ない調剤薬局を選んでみたり、立ち仕事が多く、残業も多いことが腰痛の原因であるのであれば、残業の少ない職場を選んだり、また、正社員からパートになるという手段もあります。

しかし、このような条件を探したりするのはなかなか難しいものです。そのため、オススメなのが、薬剤師のために作られた薬剤師転職サイトを活用することです。

そこでは薬剤師向けの情報も入手できますし、転職エージェントの力を借りれることで、より詳細な条件を活用して腰痛に優しい転職先を絞り込むことが出来ます。

当サイトにある転職サイトに早速登録して、転職先候補を見つけていきましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ