薬剤師にうつ病ってあるの?

薬剤師にも、うつ病になる人は多く見られます。薬剤師は、実はとてもストレスの多い職業なのです。

実際にうつ病と判断され、薬剤師として働けなくなった人も少なくありません。

しかし、特に最近では、大学での必要な履修年数が6年に延長されたこともあり、薬剤師免許を頑張ってとったのにうつ病になったのでは本当にもったいないです。

どの職業にどのようなうつ病の原因が潜んでいるか、見ていくことで、現在のお仕事の状況を考え、転職の判断の1つとしてください☆

薬剤師がうつ病になる調剤薬局勤務でのケース

1

うつ病になる可能性が高い薬剤師は、狭い人間関係、狭い空間ということに窮屈さを覚える人でしょう。

学生時代のアルバイトの種類で言えば、1年以上、同じメンバーで職場を盛り上げることよりも、イベントなどの単発のお仕事や、様々なアルバイトに挑戦することを好む人は、これに値します。

なにしろ調剤薬局の薬剤師は、長時間狭い室内で同じメンバーで仕事をするため、なかなか外へ出る事が出来ないというストレスが溜まり、さらにそれをどこにも発散するところがありません。

そのため、処方箋を持ってきた患者さんから苦情を言われたり、罵声を浴びせられたり、とんでもないことで因縁を付けられたりしても、それを薬局内で愚痴るわけにもいかず、仕事場で背伸びもろくに出来ずに悶々と自分の中で貯めなければいけません。

そのため、例えどんなに理不尽の言いがかりであっても、自分のせいだと気をもんでしまう気の優しい薬剤師も調剤薬局の場では、うつ病になりやすい傾向があります。

薬剤師がうつ病になるケースが多い企業勤務

2

企業勤務の薬剤師の方にも、うつ病は多く見られます。

いくら薬剤師免許を持っている専門職だとしても、企業という組織の中では、サラリーマンの一員として、他のメンバーと同様の成果が求められます。

もしCROや営業関係、そして研究職については、成果を上げないといけない、目標まで到達しなければいけないという不安や焦りという、うつ病に繋がるストレスが生まれます。

また、品質管理などの技術職であっても、万が一品質や関連書類に問題があれば、その日の出荷分全てが処分される可能性があります。

もちろん、そのような仕事であるので、決して悪いことではないのですが、そのプレッシャーからうつ病になる可能性があります。

また、特に製薬企業だと、ネット上での批判もあり、企業名が具体的にあげられることもあるので、ショックを受けてしまい、薬剤師がうつ病を発症してしまう場合もあるようです。

薬剤師のうつ病、病院でもあります。

3

調剤薬局であれば、外来の患者さんと数人いる薬剤師仲間との関係になりますが、病院となれば、薬剤師であっても入院している患者さんや看護師や医師とのかかわりが多く、人間関係が上手くいかなかったりして、それがうつ病の原因となるストレスとなってしまうのです。

薬剤部に限ったことで言いますと、大きな総合病院などになると、体育会系の雰囲気があることがあることから、文化系の薬剤師は馴染めないという話もあります。

先輩より早く来て、先輩より遅く帰ると言う習慣が根強く残っているところもあり、それが合わないことが薬剤師のうつ病の発症原因になっていることもあるようです。

薬剤師がうつ病になる?ドラッグストアで?

4

もちろんドラッグストアでも、うつ病になる薬剤師は見られます。

ドラッグストアは、基本的に薬剤師は、1店舗に1人しかいないことが多く、それをストレスに感じる薬剤師もいるようです。

なにしろ、お客さんが、薬剤師に話を聞きたいを言えば、薬剤師が1人しかいないので、わかりませんということができません。

もし言ったとしたら、苦情に繋がるのではないかと言う不安で、接客が怖くなってしまうこともあるようです。

また、ドラッグストアには、多くの登録販売者が在籍しており、薬品を扱う物同士といえど、登録販売者は、医薬品関係の陳列などの業務を一年以上行うことで受験資格が得られるのに対し、薬剤師になるには、国家試験はもちろんですが、6年間の勉強と実習が必要です。

そのため、薬剤師はその分実力があると思われ、何かと頼りにされます

それを後押しとして、頑張れるなら良いのですが、プレッシャーとなってしまっては逆効果です。

このように様々な場面で、薬剤師にはストレスが掛かり、うつ病となる可能性があります。

しかし、自分に合う職場、職種を選ぶことでこのうつ病になる危険性を避ける事が出来ます。

ぜひ、うつ病になる前に、薬剤師転職サイトを活用して転職を成功させましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ