薬剤師の転職、50代で行うために

薬剤師が転職を50代で考えるのは決して珍しいことではないのですが、転職する上には様々な理由があり、そしてその対策として転職する際の注意点があります。

それらの注意点を踏まえつつ、50代での転職の可能性を探っていきましょう☆☆☆

薬剤師が転職を50代で行う理由

薬剤師が転職、50代で行うきっかけというのはどのようなものがあるのでしょうか?

50代になると、どうしても体力の衰えがあります。

そのため、今まで普通だった仕事がきつく感じる場面が出てくるでしょう。

例えば、医薬品の製造業で肉体労働がメインとなる工場勤務、立ち仕事の多い品質管理、また出張の多いCRAなどが挙げられます。

これらの仕事は、基本的に年齢が上に上がるほどデスクワークが主になる場合がほとんどですが、必ずしも立ち仕事がなくなるわけではないので、体力的に堪えるともいえるでしょう。

仕事内容が辛くなくとも、仕事の時間が長かったり、休日が少ないのも理由になりえます。

また、仕事だけに限らず、通勤時間が長い、通勤手段が体力を必要とする、といった理由も50代では転職を考える重要な理由になります。

他にも、今の給与に満足できない、という50代に限らず全年代の薬剤師に共通の理由もあります。

それらの理由からどのような解決策があるか見て行きましょう。

薬剤師が転職を50代で行うのが容易な職業

薬剤師が転職を50代で行う場合、最も容易なのは調剤薬局やドラッグストアへの転職でしょう。

薬剤師が不足している業界なので、中途採用にも積極的で、たとえ業界に不慣れであっても、その経験不足を補うための研修が用意されている場合がほとんどです。

ただし、残念ながら、50代で正社員を目指しているのであれば、少々難しい一面もあるかもしれません。

50代の薬剤師といえば、たとえ定年まで働いたとしても10年程度なので、会社にとってそこまで魅力的には映らないからです。

パート、アルバイト、以外であれば、契約社員の薬剤師としての採用が一番良い所かもしれません。

しかし正社員として従業員を確保したいと考えている企業もあることから自分の強みをうまく活かし、いかに人事に好印象を抱いてもらえるかが重要になると言っていいでしょう。

薬剤師が転職、50代で行う注意点

薬剤師が転職を50代で行う際に、地方に行くという選択肢があります。

給与を考えると、より需要が多い地方のほうが期待できるでしょう。

また、地方のほうが仕事が多いので、50代でも転職しやすいとも言えます。

特に地方の調剤薬局やドラッグストアにはなかなか若い人材が確保できないので、経験がある50代の人材は歓迎されるといえるでしょう。

ただし、地方になると、都会にあるような大きなオフィスビル等は少ないので、CROなどの都会的な仕事の幅はあまり期待できないかもしれません。

上記のように、転職を50代で行う上でいくつかの注意点があります。

他にも、転職先では、自分より年下の人が上司になるということもあるので、年功序列制の風潮の強い会社からの転職だと50代の薬剤師にとって精神的にきついものがあるかもしれません。

たとえ能力があっても、少なくとも最初はルーキースタートなので、最初は新しい職場になじめず、ストレスになってしまうでしょう。

それをきっかけに、せっかく就職できたのに結局離職してしまうことも少なくありません。

また、地方へ転職した際に思いきって、他の業種に挑戦した際に、思ったほど仕事そのものに馴染めなくて仕事をやめてしまう場合があります。

薬剤師が転職、50代で行うコツとは?

薬剤師が転職を50代で行うというのは、転職がしやすいという薬剤師業界でも残念ながら容易とは言いがたいです。

そこでモノを言うのは、過去の経歴や実績です。

そこまで自慢できるスキルがない、と思われるかもしれませんが、長年ひとつの分野を知る人材は貴重です。

例えば、製薬企業にて研究をしていれば、薬事業務にも関わっているので、品質管理などのGMP業務にスキルを活かせますし、CRAなどで治験関連の知識があれば、薬が実際に売り出せる状態になるまでの治験の工程を知っているので、研究方面にも活かすことが出来ます。

ただし、このような案件は見つけるのは難しいので、必ずしも望み通りの転職先が見つかるとは限りませんので、情報収集が鍵となると言っていいでしょう。

そのため、専門情報を手に入れられる薬剤師用の専門転職サイトへの登録がお勧めです。

薬剤師転職サイトでは、50代の採用を行っている就職先の検索はもちろんのこと、内定を獲得するための履歴書の書き方、面接のやり方のポイントが得られます。

また、離職してしまうことを避けるためにも、実際にどのような給与が期待できるか、給与や残業に関する質問などを代理人を通して直接転職志望先に聞いてみることが出来ます。

ぜひ転職先への一歩として薬剤師転職サイトへの登録を行いましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ