薬剤師のやりがいってなんでしょう?

薬剤師といえば、薬を出してくれる人。その認識は未だ残っていますが、薬剤師の活躍の場は大きく展開しています。

そのため、やりがいは多岐にわたり、やりがいがあることで自分の仕事を好きになれます。それはどの仕事にも当てはあることですね。

ではどのようなやりがいがあるのでしょうか?☆☆☆

薬剤師のやりがい、病院薬剤師が一番!?

1

薬剤師のやりがいを病院で働くことで見出している人は多くいます。やはり、大学時代での勉強を一番活かせる場所だから、というのが大きいのです。

4年制から6年制に移行したことで、チーム医療の中でくすりのプロとして、患者から情報を集め、そこから考えられるクスリの選択が治療方針に活かされた時には薬剤師冥利につきます。

患者の状態をカルテから情報収集した、医師や看護師、そして薬剤師の間ではさまざまな意見が出ます。

その中で医薬の専門家の意見として、薬剤師の意見が尊重されるものなのです。時には薬剤師の意見で治療における処方が変更される場合もあります。

そして結果として、その治療が成功したとき、病院の薬剤師としてのやりがいを感じるといいます。

また、病院では、治験に関わる場合があります。

その際には、クスリのデータ集めはもちろんですが、それをクスリのプロとして分析し、その効果を確かめ、必要があれば報告しますし、患者さんの状態によっては、いざとなれば治験中止を言い渡します

治験にかぎらず、患者さんの命を左右する選択をすることで、プレッシャーとともに、やりがいを感じるということです。

薬剤師 やりがいがないのは調剤薬局?

2

薬剤師がやりがいを求めて調剤薬局から別の仕事に転職するケースも多いようです。逆に、薬局に転職してくるのは、給与や生活環境の変化に伴った必要に応じたものが多いです。

そのため、仕事自体のやりがいではなく、そのような条件を満たせる仕事ができている、という大きな意味でのやりがいはあるそうです。

一般の方からも、ただ処方箋の薬を出すだけの調剤薬局の薬剤師は、暇なのではないかと言われ、薬剤師の中ででも、調剤薬局での仕事はあまりやりがいを感じないものだと思われがちです。

しかし、やりがいとは、それをやりがいだと感じるかの差だと思います。

調剤薬局での薬剤師の仕事には、処方するクスリの説明というものがあります。その時を中心に様々な場面でやりがいを感じます。

説明時にお客さんから、お礼を言われたとき、自分の知っている患者さんに回復の兆しが見えた時、そして薬の説明や提案が上手く出来た時です。

これがあたりまえ、というように考える人にはやりがいとは思いがたいでしょうが、人によっては、それが立派なモチベーションとなっています。

薬剤師 やりがいってドラッグストアではなに?

3

薬剤師のやりがいはさまざまですが、同じ職場でやりがいの種類が一番多様化しているのが、ドラッグストアです。

いっぱいお金を稼いで、長期休みに海外旅行にいくのが趣味だから!お金もよくて、きちんと家族とのプライベートな時間もとれる仕事だから!お客さんに自分の好きな商品すすめちゃった!

というように、 給与であったり、シフトの組みやすさであったり、お客さんに薬以外の相談を受けたりと、多くの面でのやりがいがあるようです。

これといったやりがいが感じられなくて悩みを抱えている人がいるのであれば、ドラッグストアで一度働いてみるのもなにかを発見するきっかけになるかもしれませんよ?

薬剤師でやりがいを感じるのが企業!?

4

薬剤師のやりがいは、企業だと他の職種よりも感じやすいのでしょうか?

企業、といっても品質管理やMRの仕事では、成果がでればやりがいを感じる事が多いです。

しかし、薬剤師の中でもCROのCRAや研究職だと、新薬開発に携わる可能性が高いことから、クスリに強く関連するやりがいを感じることができます。

病院でも新薬の治験という形で臨床試験の段階で関わっていくことが出来ますが、研究やCRAであれば、商品化になるまで、1つの薬に寄り添っている場合が多いです。

そのため多くの時間をかけて自分の商品が市場に出た時にはこれ以上ない喜びとやりがいをもたらしてくれます。

やりがいというのは、仕事を続けていく上で本当に重要なポイントです。ぜひ、なににあなたがやりがいを感じるかをきちんと分析して、転職サイトで検索してみてください。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ