薬剤師はストレスが溜まる仕事?

薬剤師はストレスが溜まる仕事だと、あなたは思っていますか?

薬剤師は、薬のプロとして、医療チームの一員として、様々な場面でその知識や技術、そして責任を求められます。

それは、人によってはやりがいと感じられますが、人によってはストレスの掛かるものです。

ストレスのかかりやすい職場はどのような職場なのでしょうか?

それに応じて今の職場、もしくは転職先候補を考えてみましょう☆☆☆

薬剤師のストレス、調剤薬局では?

4

薬剤師のストレスと調剤薬局について、まずは見ていきましょう。

調剤薬局では、様々な人が来ます。医者よりも薬剤師が下の立場、お客様は神様、などという言葉を信じている人は、調剤薬局の薬剤師をなめてかかります。

そのため、病院で医師に言われて言い返せなかったことを薬剤師にぶちまける人もいれば、待ち時間であったり、薬の種類だったり、はたまた薬剤師自身に対して不満をいう人もいます。

ただでさえ、神経を集中させ、間違えて調合したり、違う薬を出さないように気をつけている中で、服薬指導すらもまともに聞いてもらえず、ただただ不満、場合によっては罵声の相手をしなければなりません。

薬剤師としてのやりがいを潰され、大きなストレスとなるでしょう。

また、患者さん以外でも狭い労働環境の中で人間関係のギクシャクが出ると、ただでさえ人数も少ないので、仕事がやりにくくなります。

基本的に労働時間が長くないことから、時間外の付き合いがあったりして、場合によっては、狭い人間関係の中で派閥が出来てしまうと、私生活にもかなり影響してきます

こうなってしまえば、自分で何か改革を起こすか、転職を考えるしかありませんね。

薬剤師のストレスとなる企業事情

2

薬剤師のストレスと企業について、考えてみましょう。

企業では、どのような仕事に当たるかによって、ストレスの質が変わります

営業系であれば、目標などの部署内でのプレッシャーのほか、担当するお客さんへの対応などで多大なストレスを感じるでしょう、ルート営業ならば、お得意さんを失ってはいけないということ、新規であれば、数字を取らなければいけないとプレッシャーがストレスになるでしょう。

また、CROなら医者や製薬企業といったそれぞれの分野でのプロと渡り合っていくことや、他社が特許を出す前にデータを集めて市場に新薬を出さなければならないというストレスがあります。

技術系、特に品質管理系になれば、商品が世の中に出るまでの最後の関門としてすべての工程での品質調査を行うことに神経を尖らせなければいけません。

万が一、自分のミスで検査に不合格なんて出てしまえば、会社にとっては大打撃になり、会社の他のメンバーに迷惑をかける事になり、ミスの度合いによっては、先輩が後輩に指導する際の反面教師として使われるかも知れません。

それを笑い飛ばせるくらいの豪快さがあれば良いのですが、その扱いに耐え切れず、転職を検討する人も多いようです

薬剤師のストレスが多い病院

3

薬剤師のストレスが多いのは病院だ、と言う人は、きっと様々な職業の入り混じった労働環境、そして長い労働時間を苦にしている人でしょう。

薬剤師以外にも医者や看護師、さらには介護士や作業療法士など、様々な分野から成り立つ病院は、調剤薬局ほど狭い環境ではないですが、労働時間が長い分、密な人間関係が必要となる場合があります。

また、病院は年収が他の薬剤師の就く職業に比べ少なく、なのに労働時間が長いことに不満を覚え、それがストレスとなっているようです。

そして、専門薬剤師認定もあり、それを目指す人にとっては、それ自体がストレスになるかもしれません。

また、病院とは、古くからある場合だと、昔からある伝統がある場合があります。運動部にありそうな先輩が絶対正しい、先輩より早く来て遅く帰るという習慣です。

それを勉強の1つとして甘受できればいいのですが、もし、それを苦痛に感じるのであれば、それはストレスの一因でしょう。

薬剤師のストレスはドラッグストアが一番溜まる?

1

薬剤師のストレスとドラッグストアについて、最後に考えてみましょう。

ドラッグストアでのストレスの原因は、薬剤師でありながら、薬剤師に求められる仕事以外のこともさせられることでしょう。

なにしろ、品物の棚卸であったり、レジでの接客など、他の薬剤師の職業より、言ってしまえば、普通の仕事が多く入ってくるのです

頑張って6年かけてレジ打ち・・・そう嘆いて、転職を考える人も少なくありません。

また、薬剤師は頭がいい、ということでやたらめったら質問してくるお客さんがいます。

それに対し、期待に答えようと積極的に動けるのであれば、よいのですが、日用品に関しての知識に自信が無かったりなどして曖昧な返事をしたり逃げてしまえば、それは苦情となり、それが店長に伝わり、本人に戻ってきてしまいます

ストレスとはどの仕事にもつきものです。しかし、それが我慢の限界に来て、病気になったり、うつ病になっては元も子もありません。

いっそのこと全く新しい職場で新天地を見つけてはいかがでしょう?

貴女にピッタリの職場探しを薬剤師転職サイトで行えます。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ