薬剤師のレジデント制度を活用して理想の仕事を!

薬剤師でレジデント制度というものがあります。

2002年より開始された、病院業務の上で必要になる知識や技術を仕事をしながら学ばせるというものです。

つまりレジデント制度は、即戦力となる薬剤師の育成を目的としたものです。

以前であれば、研修制度といった名前で病院薬剤師の育成が行われていましたが、今ではこのレジデント制度が主流となりつつあります。

この制度のデメリットやメリットを考えながら転職への有効性を見て行きましょう☆☆☆

薬剤師のレジデント制度ってどのような特長が?

2

薬剤師のレジデント制度が従来主流だった研修制度と最も異なるのは給与が支払われるというものです。

これは、認定を受けた指導薬剤師のもとで病院における薬剤業務、さらに病棟業務に従事しながら学ぶということから、看護師の実習制度と似た要素が強くなってきたからといえます。

さらにこのレジデント制度の特色としては、がん専門薬剤師の指導がある中でただ学び、仕事に従事するだけでなく、積極的に病院の主催する勉強会や業務報告会、さらに症例検討会等に参加することでより実践的な教育制度にしています。

そのため、レジデント制度における研修期間は3年と定められていますが、実質研修は2年ちょっとで期間は終了します。

基本的に新卒の病院薬剤師に奨励されている制度ではありますが、このレジデント制度で学んでいる期間中でも給与が支払われるということで数年のキャリアを積んだ薬剤師にも薦められているものになっています。

なにしろ給与とは別にさらに福利厚生も正社員同様にあり、交通費や住宅手当の支給もあるので、家族を持っていながらの転職活動ででもレジデント制度を受けることが可能です。

薬剤師がレジデント制度を活用するメリットは?

3

薬剤師がレジデント制度を受けることに対するメリットというのは、制度受講修了時には、レジデント修了書というものが渡されます。

その結果、がんの治療に対する専門薬剤師であるがん薬物治療認定薬剤師になるための受験資格の条件のひとつをクリアすることができます。

そのため、転職を行うための切り札としてこの制度を活用することも手です。

レジデント制度はやはり即戦力を養うことを目的としたアメリカなどの他の国々でも活躍できる人材育成を目的としたものです。

そのため、この2年以上にも及ぶ制度をクリアしたという人材は重宝されます。

とくに専門薬剤師を求める病院では、その関門の1つであるこのレジデント制度をクリアしているというのは雇う側からしても良い条件なのです。

1

もちろん、転職に関しても良いものであるレジデント制度ですが、例え転職を考えていなくても、病院で働いている中でキャリアアップを考えているのであれば、ぜひともオススメしたいものになっています。

レジデント制度によって改めて学ぶ側になることで見えてくるものもあるので、今の仕事にやりがいを感じられなかったり、物足りなさを感じている時に検討してみることもよいでしょう。

薬剤師がレジデント制度を受けるためにするべきことって?

薬剤師がレジデント制度を受けるためには、病院でのレジデント制度の募集に応募することが必要になります。そのため、まずはその病院に勤務しなければなりません。

新卒の病院勤務の希望の多さや病院側の新卒を好んで採用する傾向から、中途で入ることは難しい面もありますが、不可能ではありません。

もうすでに病院勤務をしている、病院勤務の経験があるのであれば、レジデント制度のある病院への転職がある程度容易といえるかもしれません。

4

しかし、やはり現在調剤薬局で働いているならば調剤業務を行っていても臨床的な業務は少ないですし、企業等であれば、調剤業務や医療行為がほとんど行われない場合もあり、ライバルたちに即戦力アピールで後れを取ってしまうかもしれません。

大病院や有名な古くからある病院は難しいかもしれませんが、小さな個人病院や地方の病院を選ぶことによってまずは病院薬剤師を経験し、レジデント制度を採用している病院への転職の足がかりにも出来ます。

しかし、そのような計画的な転職というのは、なかなか思い通りに行かないものです。

そのため、プロの手を借りる必要が生まれます。そこでオススメなのが薬剤師専門の転職サイトです。

このようなサイトでは、転職によって理想の転職への足がかりにするための転職を行うといった様々な相談事に対応してもらえます。

自分一人で抱え込まず、このようなサービスを有効活用しましょう。

その第一歩として当サイトから薬剤師の転職サイトに行き、登録して必要な情報と援助を得て、効率のよい転職を行いましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ