薬剤師の予防医学での役割とは?

薬剤師の予防医学での役割とは、どのようなものでしょうか。

通常、薬というものは、病気になった際に利用される治療医学の思想に基づき、処方されるものです。

そのため、その薬を扱う薬剤師も、病気になってから治療のための薬を処方する、という仕事にあたってきました。

しかし、最近では、病気のメカニズムが解明され、病気そのものに対する知識が増えたことで、病気を未然に防ぐ、という観点の予防医学が主流になりつつあります。

そのため、薬剤師にも予防医学に基づいた活躍が期待されるようになっています。

具体的にどのような役割を果たすのかを、実際の仕事内容などを通してみていきましょう☆☆☆

薬剤師の予防医学での役割に関わるサプリメント

薬剤師の予防医学の役割としては、人が病気にならないようにすることです。

現代社会においては、病気についての知識が増える中で、身体の健康が損なわれるのは、必ずしも菌やウィルスのせいではなく、日常生活が原因になっていることがわかってきました

例えば、レトルト食品や、ジャンクフード等といった食べ物が沢山食べられるようになることによって、身体が必要としている栄養素をきちんとバランスよく摂ることが難しくなっています。

また、核家族化が進み、一人暮らしの人も増えてきました。そのため、忙しい仕事の中でろくに食事の時間等もとれなかったり、不規則な生活になりがちになっています。

そのような生活の中で栄養面から身体を助ける為に開発されたのが、栄養補助食品、つまりサプリメントと呼ばれるものです

薬剤師は薬を扱う専門家、という観点から見ると、サプリメントは、薬、すなわち医薬品ではありませんが、薬剤師のメインの就職先の1つとなっているドラッグストアの収入利益で最も大きな割合があるのは、実は個々の仕入れ値が高い医薬品ではなく、仕入れ値が安いこのサプリメントなのです。

さらに、医薬品と違い、健康的なイメージの強い天然成分が多く含まれ、その分副作用等のリスクがないとされているサプリメント市場は、急速な拡大をしています

そのことから、サプリメントを使っての健康志向が日々高まってきている現代では、風邪になったから、といった病気になったからドラッグストアに来るより、病気にそもそもならないために、ドラッグストアを利用するという方は非常に多くなったと言えるでしょう。

そのため、必然的にドラッグストアで働く薬剤師も、こういったお客さんのニーズに応えるため予防医学の十分な知識をもっておく必要が生まれてくるのです。

薬剤師が予防医学での役割に従事するための仕事とは?

薬剤師の予防医学の役割として一番近い立場にあるドラッグストア薬剤師に求められる仕事としては、お客さんの生活パターンや、摂っている食事内容からお客さんの現在の摂取している栄養バランスなどといった情報をヒアリングして、不足している栄養分をきちんと摂取する為に、どのような栄養補助食品がおすすめなのか、そしてどのような生活習慣に気をつけたほうが良いのか、というアドバイスをすることも、ドラッグストア薬剤師の重要な仕事の1つになってきていると言えます。

また、他にも風邪の引き始めの時期に風邪薬を買いに来た時に、薬と一緒に摂取することで、体に必要な栄養素を取り入れ、より治癒効果を高められるサプリメントをご案内する、といった、治療医学と予防医学の融合的なアドバイスをすることも出来ます

ドラッグストアで働いて、このような役割を果たすのは薬剤師らしくないと考える方もいるかもしれません。

しかし、薬剤師法第1条に記載されている内容を確認してみると、薬剤師の役割には、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生を司ることで、国民の健康な生活を確保する、と記してありますので、このような予防医学、そして場合によっては治療薬学を合わせた健康維持の支援も、本来の薬剤師の役割の1つであると言ってもよいでしょう。

とはいえ、やはり人には向き不向きということが存在し、転職を考えるときに自分が予防医学に向いているかどうかは確認したいものです。

そこでオススメしたいのが、薬剤師のための専門の転職サイトです。

こちらでは、転職先の紹介以外にも、仕事の種類とともにその内容を教えてくれる記事も集められていて、転職に役立つ情報を収集することが出来ます。

予防医学関連への転職を考える際には、まずはこの薬剤師転職サイトへの登録から始めてみましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ