薬剤師の問診はどのように行うべき?

薬剤師が問診を行う、ということが浸透して来たのは実は最近のことであり、患者さんも薬剤師もそのやりとりに不慣れであることから問題になることもしばしばです。

その誕生の背景などから問診の効果的な進め方、その意義などを見て行きましょう☆☆☆

薬剤師が問診する理由って?

薬剤師が問診することに疑問を持つ患者さんは多くいます。

さっきお医者さんに症状を話して処方箋までもらったのにまた薬剤師に同じ事を説明しなきゃなんないの?とか、そもそもなんで薬剤師に問診されないといけないの?と思われがちです。

最近薬学部を卒業した方であれば、そのような疑問が生まれることが不思議かもしれませんが、実はこの問診の風習は医薬分業の考え方が進んだからこそ生まれたものなのです。

さて、そもそも医薬分業とは、医療分野において医師と薬剤師の役割を分けることで、不適切な処方や薬を排除し、過剰投薬等といった医療過誤を抑制し、二重チェック強化等の実施で薬物治療が社会、そして個人にとってより有益なものになるようにしたものです。

そこで医薬分業の大事な目的の1つ、チェック機能の強化にて薬剤師の問診が活躍するのです。

医療のプロである医師ですが、薬についてはより広い知識を持っている薬剤師によって、処方される薬の内容、投与方法、そして投与量、薬の相互作用などについて確認が行われます。

くすりの中には、分量や種類を間違えると非常に危険なものは少なくありません。

そこで、医師の処方せんを薬剤師が確認することで、より安全性が確保できるということです

薬剤師の問診は評判が悪い?

薬剤師の問診は、このような明確な理由があるのですが、ネットでは問診の評判が悪い場合があります。

それは、残念ながら中には問診する際に、デリカシーに欠ける発言をしてしまったり、患者さんに対してぶっきらぼうな口調で話してしまい、患者さんを不快にさせてしまうといったケースがあることです。

最近の薬学部の教育課程にコミュニケーションを重視した講義はあるものの、つい最近のことなので、少し前から薬剤師として活躍している場合、どうしても対人の作業が慣れず、より患者さんと関わる医師に比べ、患者さんに対するコミュニケーションスキルが不足している場合も多いようです。

これは今後の薬剤師の課題と言っていいでしょう。

薬剤師の問診で気をつけるポイントって?

薬剤師の問診を始め、コミュニケーションに関して不安を覚えているのであれば、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか?

まず、相手の目を見る、ということがあります。

問診、そして調剤された医薬品を渡す際の服薬指導で、文書で医薬品の説明を行いますが、そこで紙面ばかりを見るのではなく、患者さんの目を見て、相手が理解しているかどうかを確認しながら話してみましょう

単純ではありますが、このような薬局で患者さんと接する際にある密接距離と固体距離の繰り返しが結びつきを作り出す基本動作となります。

また、服薬指導や問診を始める前に、「こんにちは、薬剤師の○○です、よろしくお願いします。」という自己紹介のある挨拶から始まって、笑顔といっしょに相手の目を見れば、患者さんに安心感を与えることができます。

一方的に薬の情報だけを伝えようとするのでは、コミュニケーションは成立しません。

ましてや、勝手に患者さんはこういうことを考えているはず、「もう聞きたいことは分かったから、もういいや。」などといった先入観や思い込みはやめましょう。

また、相手の話に適宜相槌を打ち、さらに思いやりの表情やリアクション、さらに意見や質問が出来れば、患者さんは気にされていることを感じ取り、距離感を縮めることができます

このように様々なポイントが有りますが、はいそうですか、と実行するのは難しい場合があります。

また、転職に際して問診が初めての人であれば不安があるでしょう。

そこでおすすめなのが、薬剤師専門の転職サイトです。

転職活動に必要な情報が揃っている薬剤師専門の転職サイトでは、コミュニケーションスキルを上げるコツなどが挙げられています。

是非活用していきましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ