薬剤師が在宅ワークを目指すなら知っておくべきこと


薬剤師が在宅ワークをしようと思うのであれば、どのようなものがあり、どのような流れで仕事を行うことになるのでしょうか。

転職先として考える上での注意点などを踏まえながら、専門知識を活かした在宅ワークについて見ていきましょう☆☆☆

薬剤師が在宅ワークをしたいと思う理由

薬剤師が在宅ワークを希望する理由として、いくつか挙げられます。

まずは職場で働くのが苦痛といった場合です。

理由は職場が遠いなど職場が良いが辛いといったものだったり、人間関係や仕事の繁忙さなどにより職場環境が悪いといったものがあります。

自分の家にいる時間を増やし、自分のペースを取り戻し、人と接する機会を減らすことで心の平穏を取り戻すことは可能です。

また、家のことに、より時間をかけたい場合もあります。

例えば育児の最中であれば、子供が学校などから帰ってくるタイミングで家にいて”おかえり”が言える、親の介護に専念出来るなど在宅ワークのメリットは色々あります。

いずれにおいても、自分のペースで自分のやりたいことをしたい、といったのが薬剤師が在宅ワークを希望する理由の殆どといえます。

薬剤師が在宅ワークをする上での注意点

薬剤師が在宅ワークを考える上で幾つか注意しなければならないことがあります。

人とのコミュニケーションを避けられるという在宅ワークですが、完全に人との接触を断てるわけではありません。

在宅ワークでは直接顔をあわせるやり取りはないかもしれませんが、電話などを通じ、仕事をする上での信頼を保つためには顧客とコミュニケーションは取り続けなければなりません。

最近ではスカイプなどを活用して直接雇用主のところに行くということはないかもしれませんが、特に面接段階では一度顔を見ながら話したいという採用者も少なくないので、在宅ワークの面接であっても直接話すことは避けられないでしょう

薬剤師の在宅ワークの種類とは

薬剤師の在宅ワークは大きく分けて4つあります。

文献の翻訳

まず一つ目は、薬剤のインタビューフォーム、や医学情報関係の文献の翻訳等です。

例えば、外国の医薬品の添付文書の翻訳や、研究などに使用される最新英文医学薬学文献の翻訳、そして海外進出にともなって企業研究情報の翻訳等があります。

これらを行うのには、薬剤師の資格が必須である場合が多いので、英語が好きな薬剤師におすすめしたいお仕事です。

ライティング

二番目にライティングがあります。

ネット上に医薬品や病気の情報を記事として載せたり、商品として紹介していきます。

薬剤師としての体験談を交えたりすることで転職サイトの紹介記事の作成も行います。

問い合わせに対応する業務

3つめに企業の代わりに問い合わせに対応する業務があります。

実際に企業の中にいなくとも、家から電話などの問い合わせに応じる、もしくはメールで対応するといった仕事です。

ある程度その企業の仕事を理解している必要があるので、同業種での就業経験などが必要になるかもしれませんが、薬剤師の資格があることで内定をもらえる確率が増すと言えるでしょう。

薬事関連分野での代行書類作成

最後に、CROや企業の薬事関連分野での代行書類作成があります。

CROは全国にある医療機関で治験を行っているため、わざわざ人を派遣する以外にも、いわゆる地元調査員を抱えている企業も多くあります。

完全な在宅ワークとして、家のパソコンで膨大な情報をまとめるといった仕事もありますが、やはり実際に現場を見て欲しいということで何度が医療機関に足を運ぶことになるかもしれません。

また、CRAとしての就業経験を求める場所も多いので、希望する場合には注意が必要です。

薬剤師が在宅ワークをするための流れ

薬剤師が在宅ワークをする上で不安になるのは、きちんと給与がもらえるか?という点があるからといえるでしょう。

実際に在宅ワークの簡単な流れを説明しましょう。

もしもともと在宅ワークを行う部署がある会社であれば別ですが、基本的に在宅ワークは人材派遣会社に登録することに寄ってクライアントとなる顧客を紹介してもらうことから始まります。

そこで仕事内容や適正、給与といった簡単な確認事項が交わされ、双方の合意が得られればお仕事開始となります。

報酬は仲介する派遣会社を通して支払われます。

給与は仕事の種類にもよりますが、より専門知識を必要とする仕事であればあるほど高額で、場合によっては年収が400万を超えてもおかしくありません

そのような転職先を見つけたいならばどのような手段が一番良いのでしょうか。

オススメしたいのが、薬剤師の転職サイトです。

人材派遣会社の求人なども多く揃えられていて、慣れない転職を助けてくれるアドバイスも多くしてもらえます。ぜひ活用しましょう。


タグ: ,
カテゴリー: 勤務形態, 職種・勤務先
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。