薬剤師が外資系製薬会社のMRを辞めて調剤薬局に転職で未来の不安を払拭!


薬剤師が外資系製薬会社のMRを辞めて調剤薬局に転職する、というのは珍しいことではありません。

特に女性では体力面を考慮してこの転職ルートをとることが多いです。

しかし、調剤薬局の転職を成功させるには、いくつかのコツがあります。実際に成功させた体験談を見ていきながら、MRから調剤薬局への転職成功に必要なポイントを確認していきましょう☆☆☆

薬剤師が外資系製薬会社のMRを辞めて調剤薬局に転職したその理由

薬剤師が外資系製薬会社のMRを辞めて調剤薬局に転職した体験談を見ていきましょう。語り手は30代の女性、Y.Mさんです。

大手製薬企業のMR、つまり医薬情報担当者として新卒で入社し、4年間働いていました。

MRとしての主な役割は、自社の医薬品を使用している医師や薬剤師、その他医療スタッフに医薬品の適正情報を伝えたり副作用情報の収集を行うこと、さらに新規顧客開拓のための販売促進です。

そのため、営業の仕事特有の忙しさが伴い、朝八時から夜八時まで出ずっぱりという日も珍しくありませんでした。

外資であったので、成果に合わせて給与が上下するので、頑張った分だけお給料がもらえるやりがいや充実感はありましたが、体力的に今の仕事を続けるのが困難と思い、転職を考えるようになりました

今後も仕事をし続けたいと考えていたため、次の仕事の条件は長期的に仕事を続けられるような内勤の仕事を転職先候補に挙げました。

職種を絞り込むために仕事そのものに求めること、そして転職の今というタイミングを考慮に入れました。

仕事に求められることを考えた際に一番に思い浮かんだのが、医療人として患者さんと直接やり取りをしたいということでした。

MRとしての仕事では医師や看護師といった医療を行う人と関わることは多くとも、患者さんとはそのような医療スタッフから話を聞く程度でほとんどかかわることはありませんでした。

直接やり取りができ、かつ長期的に働ける場所を考えた結果、調剤薬局への転職を行うことにし、見事転勤などのない地方チェーンの調剤薬局の内定を取ることができました。

転職後は外資系製薬会社のMRの時に感じていた体力の限界を感じることがなく、転勤もない環境で安心して仕事をすることができています。

薬剤師が外資系製薬会社のMRを辞めて調剤薬局に転職できた理由

薬剤師が外資系製薬会社のMRを辞めて調剤薬局に転職できた理由としては、長期的な目線で仕事を選び、将来に対する不安を解消できたことにあるといえるでしょう。

MRという仕事は昔と異なり、薬剤師などの医療人の資格が必須ではなくなり、一般の方でもなれる仕事となりました。

そのため、競争相手が多く、特に成果主義の会社であると将来的に身体的だけでなく、精神的にも厳しく感じることがあるかもしれません。さらに外資であるため、競争は激しいものでした。

そうなる前に心に余裕があるうちに転職活動を行ったことで今回のようにきちんと転職先候補を選別することも転職の成功のカギといえるでしょう。

薬剤師が外資系製薬会社のMRを辞めて調剤薬局に転職するためのタイミング

薬剤師が外資系製薬会社のMRを辞めて調剤薬局に転職するためのもう一つのポイント、それは転職のタイミングです。

転職を繰り返すことでキャリアを積んだり経験を得たり、収入アップを狙うことも可能ですが、多くの方が次の会社でできればずっと努めたいと考えているものです。

特に未経験で新しくキャリアを積みたいと考えるといわゆる第二新卒という分野に入る3年目から4年目がねらい目とされています

十分に社会人としてのビジネスマナーなどを習得し、なおかつその会社のやり方や価値観に凝り固まっていないタイミングは未経験分野への転職のタイミングとしては最適です。

もちろんこれ以前、これ以降でも十分にチャンスがありますが、採用側の目に留まりやすい年齢といえます。

薬剤師が外資系製薬会社のMRを辞めて調剤薬局に転職するための時期

薬剤師が外資系製薬会社のMRを辞めて調剤薬局に転職できるかどうか、もちろん転職先の職業も重要ですが、転職を行うタイミングも非常に重要です。

年齢的な面ではご紹介してきましたが、さらに細かく言うと転職に向いた月があります。

基本的に転職に向いているのは9月から3月と言われています。

それは4月から8月は企業は新人教育に力を入れていて、あまり中途採用の余裕がないからです。

そのため求人票も少なく、年中募集をかけている企業の対応が少し遅かったりといったトラブルが起こりやすくなります

転職ではタイミングややり方ともども相談しながら進めていくのが賢明です。そこでおすすめなのが、薬剤師専門の転職サイトの活用です。

転職コンサルタントが代理人となって求人を出している企業と直接やり取りをしてくれるので、万が一連絡がこなくて不安だ、といった際にも企業に直接連絡するのは怖いな、と思うときも先に転職サイトのコンサルタントと相談できるので安心です。

転職の際にはまずは薬剤師転職サイトへの登録から始めて、安心できる転職活動を開始しましょう。


タグ: , , , ,
カテゴリー: 転職パターン
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。