薬剤師が外資系製薬会社の品質管理を辞めて調剤薬局に転職で幸せになれた理由


薬剤師が外資系製薬会社の品質管理を辞めて調剤薬局に転職で幸せになれたわけを考えるうえで最も重要なキーワードは”第三者”です。

様々な点で異なる二つの職業について見てみることで転職によって自分が幸せになれるかを確認し、第三者に再度確認してもらえるようにしておくことが重要です。☆☆☆

薬剤師が外資系製薬会社の品質管理を辞めて調剤薬局に転職で幸せになれた体験談

薬剤師が外資系製薬会社の品質管理を辞めて調剤薬局に転職で幸せになれた体験談として、40代の男性K.Nさんの話を例に挙げてみましょう。

K.Nさんは、外資系製薬企業の工場で品質管理及び品質保証職として勤務していました。

外資系の企業でしたので、給与に関してそこまで不満もなく、スピーディーに物事の決定する特徴も性格にあってはいたのですが、これまた外資系にはよくありがちな激しいトップの変更に伴う組織の再編成などにより仕事量が増え、さらに職場が自宅から遠くなってしまったことから転職を考えるようになりました。

年齢のこともありましたし、できるだけ長く仕事をしたいと考えると、勤務地を選べ、少しゆとりのある仕事環境にしたいという考えからでした。

この条件に合ったのが調剤薬局での薬剤師としての仕事でした。

しかし、同時に不安はありました。

外資系でバリバリ働いていて、営業ほどではないにしろ内資系で働く同世代に比べ、高めの給与をもらっていたのですが、調剤薬局へ転職することで給与が下がるのではないかという不安です。

しかし、転職サイトを通じて前職での給与を考慮してくれる自宅近くの調剤薬局を探してもらったところ、ぴったりの調剤薬局がほどなくして見つかりました。

薬剤師の人手が足りていない郊外の薬剤師の需要の高い勤務地を希望したこと、また品質管理・品質保証職として社外の人とのやり取りを経験していること、部下のマネージメント経験が高く評価された結果でした。

給与は大幅なプラスとまではいきませんでしたが、残業がないことや福利厚生がしっかりしていることから十分に満足できるものでした。

何よりも勤務地が近くなり、通勤に使う時間が少なくなったことで体力的にも余裕ができたのが最も大きなメリットといえます。

薬剤師が外資系製薬会社の品質管理を辞めて調剤薬局に転職で幸せになれたわけ

薬剤師が外資系製薬会社の品質管理を辞めて調剤薬局に転職で幸せになれた一例を挙げましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の転職では、よりゆとりのある仕事環境と勤務地に焦点を当てた転職であったため、結果的に幸せな方向への転職になったといえる部分があります。

外資系製薬会社の品質管理と調剤薬局との最も大きな違いは仕事環境でしょう。

いずれにおいてもマニュアルに沿って作業するルーチンが主となりますが、外資系では個人が自分の管理を行うことが求められますが、調剤薬局ではチームとしての成果が必要になるため、チームプレーが必須です。

慣れでどうにかなるかどうかはその人次第といえるでしょう。

薬剤師が外資系製薬会社の品質管理を辞めて調剤薬局に転職で幸せになるための注意点

薬剤師が外資系製薬会社の品質管理を辞めて調剤薬局に転職で幸せになるための注意点は、どのようなパターンで不幸になってしまうことが予想されるのか、を理解しておくことです。

調剤薬局に転職するうえで理解しておかなければならないのは、ほとんどルーチンの作業になるということです。

店舗の異動はあっても部署異動によって新しい仕事を任されたり、エリアマネージャーなどになり、営業に近い仕事をすることも可能ですが、基本的に調剤薬局での仕事がほとんどでしょう。

それをつまらないと感じてしまうのであれば、給与や職場に文句がなくともまた転職したくなる不幸になる転職になってしまうでしょう。

自分の中での優先順位をきちんと確認して転職を行うようにすることが必要です。

薬剤師が外資系製薬会社の品質管理を辞めて調剤薬局に転職で幸せをつかむためのルート

薬剤師が外資系製薬会社の品質管理を辞めて調剤薬局に転職で幸せになれたわけを見ていくと、重要なのは転職によって自分がほしい条件をきちんと把握し、その条件を満たす転職先を見つけることであることがわかります。

それはもちろん自己分析も必要ですが、それだけだとどうしても主観的になってしまい、特に将来にかかわる決断になるので、なかなか第三者視点で見ることがむずかしいです。

そのようなときに頼ってほしいのが当サイトでもご紹介している薬剤師専門の転職サイトです。

もちろん求人票を見ることも重要ですが、第三者視点での意見交換ができる転職コンサルタントの存在が重要です。

転職先の絞り込みにしろ、職歴などの書類の作成にもこの第三者の視点は非常に大切です。

きちんと薬剤師転職サイトに登録し、幸せな転職にできるようにしましょう。


タグ: , , ,
カテゴリー: 転職パターン
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。