薬剤師が外資系製薬会社の研究開発を辞めて調剤薬局に転職するために必要なこと


薬剤師が外資系製薬会社の研究開発を辞めて調剤薬局に転職し、成功するためには転職活動を行うのはもちろんですが、転職というものを理解することが必要です。

そのことをきちんと理解した結果、成功した転職例をもとに、どのような点に注意すべきか見ていきましょう☆☆☆

薬剤師が外資系製薬会社の研究開発を辞めて調剤薬局に転職できた秘訣

薬剤師が外資系製薬会社の研究開発を辞めて調剤薬局に転職した例として、40代のH.Tさんの話を見ていきましょう。

研究者というと、時間通り帰れる、福利厚生がしっかりしているというイメージがあるでしょう。

しかし、その給与に対応してかなり上からのプレッシャーが強かったりと精神的な圧力を大きく感じることが多いのがほとんどの場合です。

その典型的な例が私の職場でした。

職場での研究ではあまり残業はありませんでしたが、実際には研究に関しての論文を調べたりなどの調査で時間外に作業をすることも少なくなかったです。

また、外資でしたので、海外のビジネスパートナーとやり取りすることも多く、英会話が必須で、隙間時間で英会話スクールに通って英語力を維持しなければなりませんでした。

最初は勉強できる場が確保されていることや、充実した福利厚生が魅力でしたが、次第に年齢的に先を考えると今の職場にい続けるのは厳しいと思うようになりました。

転職して行った先輩から実際に使用し転職サイトを紹介してもらい、転職活動を開始しました。

将来への不安や職場に望む条件、プレッシャーが少なく、落ち着いて作業できる環境などを伝えました。

その結果、それらの条件がかなえられる調剤薬局を見つけ、無事内定を取得することができました。

今では前職の忙しさもなく、時間外の勉強の必要がないので、のんびりとしていながら将来への不安のない日々を過ごすことが出来ています。

薬剤師が外資系製薬会社の研究開発を辞めて調剤薬局に転職するために必要なこと、前知識

薬剤師が外資系製薬会社の研究開発を辞めて調剤薬局に転職できた理由として、先に動いた先輩の一例があったからといえるでしょう。

人気の花形職業である研究開発職ですが、実は、研究職が精神的に、身体的につらくなって調剤薬局に転職するというのはそこまで珍しいキャリアパスではありません。

では、研究開発職の薬剤師が調剤薬局に移ることに全く問題というのはないのでしょうか。ジョブチェンジを行う際には、残念ながら問題が全くないことはありません。

研究開発職に限らず、ある程度扱う医薬品は自分の分野に特化してしまうものです。

そのため、この分野では医薬品を詳しく知っているので調剤薬局ですぐ服薬指導ができる、というのがあるかもしれませんが、さすがにその分野、敷いてはその店舗に保管されている医薬品すべてに関して把握できるというのはほとんど不可能でしょう。

どの職業に就いていても、勉強が必要です

調剤薬局の薬剤師の業務内容についても同様です。

薬を選んで患者さんに渡せばいいでしょ、と軽く考えていると痛い目に合うかもしれません。

最近では調剤業務も機械化しており、服薬指導に関しても患者さんの知識が増えたことに従い、より高度な質問に対応しなければならなくなっています。

ゆっくりできる、そこまで勉強しなくていいから、というだけで転職を行ってしまうと、こんなはずじゃ、と転職を後悔してしまう羽目になるので注意が必要です。

H.Tさんは先輩の前例があったこと、将来的に安定した職場がほしく、楽できるから、というのが第一希望でなかったことからそこまで勉強が苦になりませんでした。

きちんとどのような職場に入るかを理解して、調剤薬局へ転職しましょう。

薬剤師が外資系製薬会社の研究開発を辞めて調剤薬局に転職成功、転職後の態度

薬剤師が外資系製薬会社の研究開発を辞めて調剤薬局に転職して成功するためには、何も転職までの話だけが重要ではありません。

重要なのは転職後の態度にもあります。

転職後、とくに外資系製薬会社の研究開発を辞めて調剤薬局に転職した場合、人によっては研究職にいた自分のほうが偉いと勘違いしている人がいます。

転職したら、どれほどの他職業の経験者であっても、その職場では新人の薬剤師です。そのことをきちんと理解して仕事をこなしましょう。

今回の転職の鍵は転職することに関してきちんと相談し、決断、そして仕事に向かったことです。

そこで非常に大きな役割を果たしたのが、薬剤師転職サイトのコンサルタントといえるでしょう。

転職そのもののサポートはもちろんのこと、その後の立ち振る舞いについてもアドバイスをもらえます。

転職を考えているのであれば、まずは薬剤師転職サイトに登録することから始めましょう。


タグ: , , , ,
カテゴリー: 転職パターン
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。