薬剤師が復職するために必要な覚悟とそれを得るための手段

薬剤師の復職というのは企業側から見ても基本的に歓迎されるものですが、やはり様々な変化があることから、薬剤師側がなかなか行動を起こせない場合もあります。

その時には薬剤師の復職をサポートする制度があるので活用をオススメします☆☆☆

薬剤師の復職で最も容易だと言われている調剤薬局のデメリット

1

薬剤師の復職の中でも最も容易だと言えるのが、想像通り!という方も多いでしょう。そう。調剤薬局です。

未経験者歓迎、ブランクあり歓迎と書いてある求人広告の多い調剤薬局ですが、やはり研修や実務説明などがある程度省ける経験者、さらに同じ職場の薬剤師であればそれ以上に良い条件の中途採用者はないでしょう。

やはり研修など復職の最初の段階においてお金はかかるもので、新卒を例に取るとまともに戦力となるのは2,3年目からと言われています。

そのため、例えブランクがあっても、薬剤師としての勘は一年と待たずに取り戻せると期待できるので、採用側のコスト削減にも繋がります

復職者本人にしても、やはり復職である程度見覚えのある場所で働けるというのは全く新しい職場より早く対応できることでしょう。

しかし、特に大手チェーンだと、転勤や店舗異動があることで設備などの環境は変わらずとも、復職時にはメンバーが変わってしまっている、もしくは一新してしまっている場合があります。

その時には、職場の雰囲気などが変わっている場合もあるので、転職と同様、その環境に慣れる努力が必要になると言えます。

薬剤師が復職するにあたって、難しいとされる仕事とその理由

2

薬剤師が復職するとなると難しいといえるのが病院と企業でしょう。

いずれも調剤薬局同様、最初の訓練のための経費が削減できることは好条件なのですが、やはり一度仕事から離れた身。

復職してもまた離れてしまうことも考えられますし、既に代わりの薬剤師が採用されていて、そもそも同じポストに枠が空いていないということもあります。

特に病院も企業も新卒の薬剤師を好む傾向があるので、若く、さらに潜在能力を感じる存在でなければ、新卒のフレッシュな魅力に負けてしまい、結果的に不採用で復職出来ず、という残念な結果につながってしまいます。

3
また、企業も病院も短い間でも大きく組織やルールが違ってくる場合があります。

企業であれば、新しい制度が導入されたり、外資系であれば、数年待たずしてトップが変わって組織図も大幅に変わっているということもあります。

そうなれば、そもそもいた部署自体が既にないものであったり、取り扱う製品がまったく異なるものになってしまっている場合もあります。

病院であれば、新たな医療技術や医薬品が使われていたり、すでにチーム医療においてチーム分けがされていて入りにくくなっていたりと、復職時には様々な変化を遂げていることが考えられます。

もしこのような変化が起きる前に復職しないのであれば、同じ職場に、仕事に復帰、というのではもう、もはや転職と考えていたほうが復帰後に、こんな場所じゃなかった!と後悔せずに済むでしょう

薬剤師が復職する上で変化が確実であるドラッグストアの仕事

4

薬剤師の復職に関して、前いた職場と環境が変化しているかもしれない、という可能性に基づいてお話してきましたが、ドラッグストアの場合は100%同じ職場であることが期待できないと言っていいでしょう。

ドラッグストアに行ったことのある人であれば十分ご存知でしょう。季節限定品であったり、新商品の連続発売であったり、ドラッグストアの品々の変わり方は尋常ではありません。

そのため、ほんの数週間職場から離れていても、商品が棚ごと変わっている、ということがあってもおかしくありません

医薬品コーナーはそこまで回転率が高くないかもしれませんが、ラインアップは常に更新されています

そのことから考えると復帰後にすぐに仕事を始めるには支障があります。

例え何年も勤務した後にブランクを経験して、復職した薬剤師でも商品や商品の分類の配置の仕方も変わってきてしまうので、復職という面ではある程度ドラッグストアのやり方をわかっている、という点で重宝されるかもしれませんが、その後の復帰者の仕事が楽だということにはなりません。

一度ドラッグストアを経験したことのある薬剤師であれば、理解していることかと思いますが、同じ職場だからすぐに対応できる!という自負を持って復職し、仕事に向かうと少々面食らってしまうこともあるでしょう

薬剤師の中では、育児などでブランクを経たあとでも仕事を続けられるように!という目的で薬剤師免許を取得する人はたくさんいます。

しかし、実際には、ブランク後に復職するのが憂鬱だったり、自信がなかったりといった復職への不安のせいでそのまませっかくの国家資格を活用せず、タンスの肥やしにしてしまう薬剤師が多くいます。

そのような薬剤師のために、最近では、復職支援スクールというものがあります。

主に調剤薬局での復職支援として利用されていますが、処方箋の見方や業務の進め方などを中心に、初級コース、中級コースとその内容の難易度が定められていて、薬剤師の復職を段階的に強力にサポートしてくれます。

人材派遣で紹介制度でもう一度フレッシュな気持ちで会社に採用してもらうというのも手段の1つです。

このようなプランや人材派遣会社への登録は、薬剤師転職サイトからも参加することができるので、ぜひこれらの制度を利用して、復職を成功させましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ