薬剤師の服薬指導、その意義とは?

薬剤師の服薬指導に関して、とりあえず患者さんのクスリについて説明する、という解釈でお仕事をされているのであればそれは危険です。

薬剤師の行う服薬指導にはその仕事によって大きな意味と目的とするものが多くあるのです。

ここではどのような項目があるのか、薬剤師の服薬指導の意義について掘り下げていきましょう☆☆☆

薬剤師 服薬指導を調剤薬局で行う場合!

1

薬剤師が服薬指導を調剤薬局で行う際に気をつけなければいけないのは、医師の判断に対して不安を持たせるような説明を行わないことです。

服薬指導できちんと効果や副作用について説明するのは当然のことですが、患者さんは、処方された際に医師にも説明を受けています。

もし、個々で医師と薬剤師の間で見解がわかれるような発言をしてしまうと、患者さんは、どちらの言い分を信じていいか分からず、結局信用できずに薬を飲まない、という結果に陥りかねません。

調剤薬局における薬剤師の役割は、きちんと情報を提供することですが、それが患者さんを安心させるものでなければなりません。

もし服薬指導に見解の相違があれば、医師に合わせるようにしましょう。

あまりにも大きな差異があれば、直接問い合わせると良いですが、もしさほど違いがなく、言い回しの問題があれば、患者さんが悩む事のないように、自分の言い分はグッと堪えて医師のものに合わせるよう、意義に合った服薬指導をしましょう。

薬剤師 服薬指導、病院での注意点と意義

2

薬剤師の服薬指導で病院において注意すべき点と意義についてお話しましょう。

病院薬剤師と調剤薬局における薬剤師の一番の違いは、薬剤師しかいない調剤薬局と違い、他の医療スタッフがたくさんまわりにいることです。

そのため、様々な立場から患者さんに同時進行で服薬指導が行われているのです。特に入院患者に対しては、医療スタッフはチーム医療を行わなければなりません。

その際に、調剤薬局の時と同様に、自分の意見を服薬指導を通して患者さんに伝えると、不安材料を産んでしまいます。

また、その事でチームの中で服薬指導に対する考えの相違が生まれ、チームワークが上手く機能せず、意義に適った行動が出来ないという結果にもなりかねません。

病院での薬剤師が存在する意義は、チーム医療の中でもクスリのプロとして、患者さんに、医師に、そして看護師などにその知識や技術を活用していくことです。

服薬指導はワンマンプレイでできることでなく、あくまでも医療という大きな枠組の中の一角だということを自覚し、自分の存在する意義を理解し、きちんと言うべきときは言い、あとは周りの状況を把握して、足並みを揃えて行くことが大事です。

薬剤師 服薬指導におけるドラッグストアの特徴と意義

3

薬剤師の服薬指導の意義を考えるとき、仕事の中でちょっと特殊なのが、ドラッグストア勤務の薬剤師でしょう。

なにしろ、患者さんから見れば、薬剤師はクスリのプロ、というより、ドラッグストアにおいてあるもの全てに関するプロ、として写っているのです。

もちろん、薬局併設型であれば、調剤薬局と変わらぬ服薬指導の意義がありますが、他の商品に関しても関わっているドラッグストアに勤務しているのであれば、少々意義は変わってきます。

前述のとおり、患者さん、もといお客さんは、薬局や病院では薬剤師に聞かない質問をします。たとえば、漠然に、腰が痛い、腕が上がらない、虫に刺された・・・

それを服薬指導というべきか疑問ですが、お客さんはそれなりの説明を期待します

その時に、これです、なんてそっけなく言ってしまったら、ほかの店員が同じ対応をしても特にクレームは来ないのに、薬剤師、ということで過度な期待をかけられ、説明がない、と言われるかもしれません。

4

ドラッグストアでは、いかにお客さんの満足する説明ができるかです。

もちろん、嘘をつくのではなく、例えそこまで副作用などが分からなくても、その場で裏面を読んで、お客さんを安心させてあげることが指導の意義といえるでしょう。

このように、服薬指導と一言で言っても、職場の環境や仕事内容によってその内容も意義も変わってきます。

その意義が自分に当てはまって納得できれば、それは最高の職場となるのではないでしょうか?

そのような職場への転職を行うためには、薬剤師転職サイトで求人を見つけることが大事です。その際に、転職エージェントなどにぜひ、どのような環境であるかを聞いてみてください。

きちんと服薬指導に意義を感じ、仕事をやりがいを持ってしている人が多いなら、きっと評判もいいでしょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ