薬剤師の求人でドラッグストアが底辺?

薬剤師の求人でドラッグストアは底辺というのは、本当なのでしょうか?

薬剤師になったらドラッグストアでだけは働きたくない!そういう声は転職者だけでなく、未経験の新卒の薬剤師からもよく聞きます。

とくに国立など、試験だけではなく、研究もある程度してきた人がよく言います。

このようないわれのドラッグストアでの薬剤師 求人ですが、実際はどうなのでしょう?☆☆☆

薬剤師の求人でドラッグストアは不人気!?

薬剤師の求人でドラッグストアを選ぶくらいだったら派遣に行く。そう鼻息荒くいう新人薬剤師を見たのは一度や二度ではありません。

そのような人は、ドラッグストアとは、どこかスーパーなどの雰囲気があることから、専門職の場所としては薬剤師のプライドが許さないのでしょう。

実際にドラッグストアでは薬剤師本来の薬関係の仕事以外にも、レジでの対応だったり、商品の棚卸をしている姿から、たしかに一般の人の理想とする薬剤師とかけ離れています。

しかし、ドラッグストアの薬剤師 求人はそんなにひどいものなのでしょうか?

実は、売り手市場となっている薬剤師業界ですが、ドラッグストアの求人数は減っています。

それは、ドラッグストアで扱っている医薬品の数を扱うのに必要最低限な薬剤師しか雇わないからです。

そのため不人気で定員割れを繰り返してるかといえば、そうではないのです。

薬剤師の求人、ドラッグストアは薄給!?

薬剤師の求人でドラッグストアのものは薄給、というのはこれも多く言われていることですが、実際にはそうではないのです。

ドラッグストアの場合、薬剤師の年収は最初から400万円を超えることが多くそこから店長クラスにまでなると600万円をゆうに超えるといわれています。

実はこれ、上限は調剤薬局とほとんど一緒ですが、平均で言うとドラッグストアの薬剤師の方が上です。

また、調剤薬局よりも福利厚生がしっかりしていることも魅力です。

パートやアルバイトでの働き口でも給料は魅力的です。時給2000円~2500円が鉄板で、場所によっては3000円近くになります。

また、薬局などと違って、夜遅くまで、もしくは24時間営業のところもあるので、自分の好きな時間に働けるという利点があります。

薬剤師の求人でドラッグストアの特典!

薬剤師の求人でドラッグストアを選ぶ特典だって、あるんです。ドラッグストアでの薬剤師の役目とは、訪れる人の薬の相談役ですよね。

処方箋に書かれた薬を出して、そのまま説明を行う調剤薬局と異なり、ドラッグストアの薬剤師は、患者の症状などを聞いて自分の判断で選んだ薬を勧めることが出来ます。

調剤薬局では、作業が単調すぎるし、いまいち患者さんともコミュニケーションが取れなくていや!と思う薬剤師にはこっちのほうがいいでしょう。

また、病院は病気であったり、弱っている人たちばかりなので、自然と少し陰気な気分になってしまう、という方も、元気な人も来てくれるドラッグストアの方が向いているでしょう。

未経験の薬剤師がドラッグストアで働くことで、一番心配なのは、OTC医薬品の飲み合わせや、日用品に関する質問でしょう。

しかし、そこまで問題にはなりません。医療用医薬品とOTCの一番の違いは、一般への認知度です。

基本的にOTCを出している各社が、その情報を一般の人にもわかりやすいようにホームページで公開しています。

そのため、自分でも情報を手に入れやすくなっているので、調べてみればすぐわかるので、棚にあるものを事前に調べられます。

そのため、例え全くの未経験でも心配ありません!

また、日用品に関しては、他のドラッグストア店員に最初は上手くパスしましょう。少しずつ自分の知識を自分で、人から吸収して行きましょう。

この仕事に限らず、誰しも最初は完璧ではありません。必要なのは、学びたいという意欲です!

薬だけでなく、化粧品や日用品に関しても知識を増やしたい、興味が有るという人なら、ドラッグストアでの仕事がピッタリになるでしょう!

薬剤師の求人、ドラッグストアに向いているのはあなたです!

薬剤師の求人でドラッグストアを選ぶべきかどうかは、人とどう関わっていきたいのかがあなたにとっての基準になります。

ドラッグストアでは、基本的に薬剤師は一人です。そのため、周りの人は自分と違った、さまざまな仕事や人生を歩んできた人ばかり。

お客さんも風邪をこじらせた人からポテチを買いに来た人も様々です。

いろんな仕事の人と絡んでいきたい、違いを楽しめる、そんな積極性があるといいですね。

また、ドラッグストアの薬剤師は、お客さんにとって、一番身近な薬のプロです。処方箋なしで調剤薬局に行くのはちょっと勇気がいりますもんね。

その際に頼るのが、気楽に入っていけるドラッグストア、になるのです。

そのため、薬剤師は、他のどの職業よりも幅広い知識を網羅しなければいけません。

お客さんは、薬剤師は、すべての薬を知っていると思っています。そこで、わかりません、は通じません。

その局面を上手く切り抜けられる機転の持ち主がこの仕事に向いているとも言えるでしょう。

また、意外に思われますが、ドラッグストア求人は現在数が減っています。チャレンジするなら今ですね!

しかし、それをひとりだけでその時の気分で決めてはすこし危ないかもしれません。

そこは、転職サイトなどにある転職エージェントやマッチング機能などを駆使して、第三者の目線を挟むようにしましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ