薬剤師の求人でママさんでも出来る仕事

薬剤師の求人でママさんにもしやすい仕事って、何でしょうか?

薬剤師に限らず、女性ならばもし結婚して子供ができたら、仕事はどうしよう・・・と悩むものです。

しかし、国家資格である薬剤師免許を持っていることで、薬剤師のママさんは、直ぐに仕事に戻ることが出来ます!・・・というのが一般的な解釈です。

では実際にはどうなのでしょうか?☆☆☆

薬剤師の求人でママさんにおすすめな調剤薬局!

1

薬剤師の求人でママさんにオススメなのは、なんといっても調剤薬局です。わたしの勤める薬局では、周りの女性陣は殆どママさんです。

なにしろ、調剤薬局はもともと残業も少なく、実際にママさんの女性が多い職場なので、女性への理解があり、時短制度も採用しているところもあります。

もちろん、産休、育児休暇などの制度も整っているのですが、やはり、この理解されるという環境というのは、とても重要だと思います。

もし大手のチェーン薬局に勤務しているなら、保育園の近くの店舗に移れる場合もあるので、たとえ忙しい旦那さんで、送り迎えを独りでしないといけない時は、保育園の近くの店舗に希望を出せる可能性が高いです。

もちろん、一人しかいない門前薬局であったりするとちょっと厳しいかもしれませんが、ある日いきなり子供が生まれるわけではありません!言ってみるのも手ですよ。

だからこそ、薬剤師の女性で他の仕事をしていても、結婚、出産後は調剤薬局、という方も多いのかもしれませんね。

きちんと子育てをしたいという考えて一度退職したとしても、多少のブランクがあっても、調剤薬局、特に大手になれば研修制度もちゃんとしているので、少しずつ作業に慣れながら仕事に戻っていくことが出来ます。

ママさんのように、仕事と家庭の両立をしたい人にはぴったりな職業かもしれませんね!

薬剤師の求人 ママさんに難しいのは病院?

2

薬剤師の求人でママさんにオススメしにくいのが、病院ですね。病院勤務のママさんというのは、少々きついものがある、というのが定評です。

実際に、病院勤務の薬剤師さんが、出産を機に仕事を辞め、調剤薬局やドラッグストアといった、時間に余裕のできる仕事を選ぶのです。

とくに大きな病院というと、基本的に勤務時間が動きっぱなし、当直などの残業もあり、研究なども行う大学病院であれば、時間外の勉強時間や学会の準備期間の確保もしなければいけません。

また、今ではだいぶ減ったようですが、体育会系の薬剤部では、先輩より早く来て、遅く帰るという決まりもあったり、休暇を申し出たら辞表をだせと言われたりすることもあるので、病院で働けず、泣く泣く退職したというママさんもいます。

しかし個人の医院であったりすると、だいぶ場所によって環境が異なるので、きちんと転職サイトなどを活用する際に、ママさんでも大丈夫かという事を確認しましょう。

もし何も記載がない場合、ママさんで病院での勤務を希望する場合は、少々渋られるかもしれません

もちろん、お子さんがもう大きくなっていれば、問題はないのですが・・・。

薬剤師の求人 ママさんで企業勤めは?

3

薬剤師の求人でママさんにオススメできるかどうか、企業に関してはその企業によって異なるとしか言えません。

どの分野にも共通することですが、勤めている人の平均年齢が若いほど、仕事が体力がいるほど、そして男性が多いほど産休や育児休暇といった制度はあまりきちんとしていない場合があります。

やはり、会社の平均年齢が若いと、休暇後の復帰率が低い可能性があります。また、仕事に体力がいるとブランクもあったりで育児との両立がきついです。

男性が多いと、どうしても理解が得られない場合があります

もちろん、多くの薬剤師が勤務している製薬企業であれば、周りにママさんの人が増えてきます。

大手企業になれば福利厚生が充実しているので、きちんと復帰後のポストも残されているので、安心して休暇取得、そして復帰ができる可能性が高いです。

薬剤師の求人 ママさん、ドラッグストアなら安心!

4

薬剤師の求人でママさんにも応募しやすいのはドラッグストアですね。

ドラッグストアでの勤務は、わたしから言えば、調剤薬局の次にママさんにぴったりなのではないかと思っています。

なにしろ、調剤薬局並に残業などがなく、時短での勤務も可能だからです。

大手になれば福利厚生が充実しているので、産休や育児休暇もきちんと取れます

また、もし一度退職したいと願いでても、復帰する際にパートから初めて徐々に仕事を思い出してブランクを埋める働き方もありますので、いきなり正社員での復帰は怖い、申し訳ないと思う人に良いかもしれませんね。

まだまだ子供に手がかかるので、学校に行っている間だけ働きたい、そんな働くママさんには、もし転職を考えているのであれば、調剤薬局やドラッグストアがお勧めでしょう。

これらであれば、正社員でもある程度希望の時間や曜日を聞いてもらえます。しかし、ママさんというのは、子供のいない人より自由がないのも確かです。

自分に合う職場を見つけられるようにエリアを指定したり、きちんと情報を集めることできちんとキャリアを保ちつつ、ママさんになれますよ!

ちゃんと希望通りの仕事が見つけられるよう、早めの就職活動が重要です。転職情報サイトに登録して早速スタートしましょう!

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ