薬剤師が求人を企業という新天地から探す!?

薬剤師の求人を企業で探してみてはいかがでしょうか?

薬剤師の行き先は薬局やドラッグストアといった、最終的に消費者に医薬品を届ける仕事だけではありません。

その製薬メーカーなどでの臨床の創薬過程でも大きな仕事を担えるのです。

しかし、求人ではあまり見られない印象のある企業での募集。CROや製薬企業、その実態を紹介していきたいと思います☆☆☆

薬剤師 求人で企業の募集・・・儲かる!?

薬剤師の求人で企業のものは、儲かるのでしょうか?

・・・はっきり言いましょう。基本的に儲かると思っていいでしょう。

製薬企業に勤務する場合は、最初こそは、サラリーマンと同じなので、一般病院勤務と大差なく、初任給の段階では、年収300万円台ということも特に珍しくありません。

ただし、他の職種と違う点は、昇給には大いに期待が持てることです。

長く勤め続けられれば、年収1000万円を超えることも夢ではありません

しかし、これはあくまでも本人の実力次第です。それでも普通に勤務を続けていたら、だいたい年収500万円になるでしょう。

薬剤師 求人で企業募集ならぶっちゃけどれがお得!?

薬剤師の求人で企業を選ぶとお得かということですが、お得、という言葉ではちょっと語弊がありますね。

実際に、企業と一言でいっても様々な種類があり、その中でさらに多くの職種が存在します。それではまず、製薬会社としたときです。

製薬会社の中での薬剤師の役目は、新薬の開発・研究、治験コーディネイター、治験モニター、臨床開発モニター、MR、学術、DI業務、その他等たくさんあります。

言ってしまえば、基本的にどの会社に勤めても給与が期待できるのは、MRです。

MRとは、医薬情報担当者のことです。その名の通り、病院から自社の医薬品情報などを集めるために全国を飛び回る仕事です。

また、病院から情報を集めるだけではなく、自社医薬品の適正使用のため、情報を病院へ提供する仕事も並行して行っています。

法律の改正によって、医薬品の価格が変えられなくなったので、だいぶこの説明だけで終わらせられるようになったのですが、やはり未だに営業色が残ります

そのため、初任給から30万円以上を提示しているところも少なくなく、昇給を十分望めます。

もし、大手企業に入れば、名前さえ出せば、医者が信頼して、薬を買ってくれることがあったり、福利厚生がしっかりしていることから、かなり裕福な暮らしをしているとよく耳にします。

また、転職によって、大幅に年収アップが望める職でもあります。

薬剤師の求人で企業募集人気トップのCRO・・・先行き不安!?

薬剤師の求人(企業系)で人気となっている治験モニター、もしくは臨床開発モニターとは、治験の進行から新薬の書類申請までを管理し、進める仕事です。

業務内容には、治験を行う医療機関を選定から、進捗の確認、さらに治験データの収集等も含まれています。

この治験モニターが所属するのが、CROなのです。最近は、自社の人間で行われていたこの治験ですが、その流れを丸々別の会社に外注するタイプが多くなってきています。

これは別に珍しくもなんともなく、むしろ先進国の中でこの動きは遅い方です。

アメリカなどでは、半分以上の製薬企業がCRO頼りです。

まだ製薬企業の中でやる場合もなりますが、忙しい時期だけ派遣を募集するなどで、基本的に外注が増加、そしてそれに伴ったCROの設立ラッシュが続いています。

CROの給与面は需要の高さと政府の支援で保証されていると考えてもいいでしょう。

しかし、今後もボーナスが保持される、更に行ってしまえば、その企業が競争を生き抜けるかはわかりません。

製薬企業側としては、出来るだけコストを抑え、なおかつ良質なCROに依頼したいものです。そのため、どうしても一本化してしまう傾向にあります。

その波に乗れたCROならば良いのですが、特定の顧客を持たないところは、少々賭けになるでしょう。

薬剤師の求人で企業が求める人材とは?

薬剤師の求人において企業が求めている人材。正直に言いましょう。

辞めない人です。特に女性の間でよくある話なのですが、一度憧れていた企業、仕事だから働きたいけど、もし嫌になれば免許があるから転職できる!

と、最初から転職ありきで入社してくる人です。このような雰囲気が出てしまっている人は企業の方から願い下げです。

真摯な態度を持って面接などに挑みましょう。そうすれば、人柄からあなたを採用の有無を決定してくれるでしょう。

企業は長く働いてもらうために、子育て支援や福利厚生に力を入れているところが多いです。

土日週休二日制はほぼ定着していると言っていいでしょう。

それらを転職サイトでチェックすることで、よりモチベーションをもって長く働ける場所を見つけて行きましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ