薬剤師の求人の住宅手当ってどうなってるの!?

薬剤師の求人は住宅手当を見て判断する、という人も少なくありません。薬剤師にかぎらず、転職となると引っ越しが伴うもの。

その場合、新しい家の家賃に対して手当は付くのでしょうか?と誰しも思うでしょう。

なにしろ家賃は毎月のものなので、都心になると、ある程度の金額が出ないとつらいものがあります。

では、実際に薬剤師の職業ではどの程度の家賃手当が出ているのでしょうか☆☆☆

薬剤師の求人で住宅手当が当然な職業!

1

薬剤師の求人で住宅手当がほぼ100%付いているものとしてあげられるのが大手チェーンの調剤薬局です。

ただでさえ薬剤師不足の調剤薬局です。手厚い住宅手当をアピールポイントにしている薬局も多くあります。

最初に就職先として選んでもらうことももちろんですが、たとえ結婚などをきっかけとして引っ越さなければならなくなった時や経験値を活かして独立したいと考えた時にそれを阻止する目的もあります。

また、実際問題大手チェーン薬局は、店舗間で薬剤師が動く際、どうしても引っ越しが必要になる場合が生まれます。

その際にも、所在地が東京都になって家賃が高くなるから、という理由で転職されてはたまらないので、基本的に住宅手当はどこも手厚いと考えていいでしょう。

一律で住宅手当を提示しているところも有りますが、家賃のあるパーセンテージが会社負担提示しているところが多いので、実際家賃の相場が高いところに引っ越しても安心です。

最大80%~90%会社負担というところが多く、安心して家を選べます。

ただし、上記のように高い家賃負担率を見て、上限ぎりぎりの家を選ぼうと思ったら、思わぬ落とし穴があるので注意しましょう。

より家賃がかかる家は広く、住みやすいのですが、基本的に郊外に位置し、最終的に職場に行くならまだしも、買い物に行くのに徒歩である程度歩かないとバス停に着けなかったり、どこに行くにも車が必要になったりして逆に不便になってしまうこともあります。

住宅手当ばかりを気にした家選びはやめましょう。

薬剤師の求人、住宅手当で選んではいけないCRO!?

2

薬剤師の求人で住宅手当があるとは言え、企業によっては住宅手当を提示していないところがあります。

その筆頭がCROです。日本の中小CROでは、そもそも住宅手当という概念がない場合が多く、外資系になれば、給料に含まれている、というようにしているところも多くあります。

そのため、人によってはCROの比較的高額な初任給でも、住宅手当込と考えると物足りないと感じます。

とくにCROの企業の本社は都心にある場合が多く、多くの社員が家賃の高さに悩むそうです。

なにしろ言わずと知れた、国内でも家賃の相場が高い東京23区になれば、ワンルームマンションでも平均7万です。

それでもまだ給与が高いことや都会に住める!ということで満足できるという人も多いので、要は考えようですね。

最近では住宅手当を出しているところもありますが、それが出るかどうかで就職先を選んでいると、どこからか引かれているかもしれないので注意しましょう。

薬剤師 求人の住宅手当・・・あるとこと、ないとこがある!

薬剤師の求人には住宅手当の有るところがあれば、当然無いところもあります。薬剤師を雇う企業と一言で言っても様々なものがありますし、職種も多様です。

残念ながら、企業に関しては一概に言えず、正直に言ってしまえば、大手は比較的住宅手当が手厚く、小さくなれば、その分あまり余裕が無いということです。

もちろん、どこもそうというわけではありませんが、傾向としてはこのようになります。

3

ドラッグストアに関しては、薬剤師の勤め先としてはあまり住宅手当が手厚いとはいえません。

地域限定であれば、ある程度期待できますが、全国展開しているものだと、九州地区、関西地区などと別れており、だいたいその範囲だったら大丈夫でしょう、というようにあまり住宅手当がでません。

ドラッグストアでは、店長候補などになれば、店舗を回ることがあるでしょうが、それもだいたい地区内で済まされます。

そのことを考えたら企業側にそこまで住宅手当を重視する理由がないとも取れます。

このことから、住宅手当があればそれに越したことはないのですが、それに過度に期待するのはちょっと違うかもしれません。

4

病院になると、企業と同様、ある程度差が出るのですが、注意しなければならないのは、公立病院や国立病院における住宅手当です。

民間病院について言えば、探せば住宅手当の手厚い職場は沢山あります。

しかし、国公立の場所で働くならば、あなたは公務員の枠に入ります。

そのため、一律で限度額が決められていても、自分の家賃がその限度額の二倍未満の場合は、一律の料金以下になる半額しかもらえません。

公務員は基本的に2万から3万円程度が一律の住宅手当の限度額になっています。

また、もちろんですが、住宅手当が適応されるのは正社員という雇用形態がほとんどです。

もちろん例外もあるのですが、そこはきちんと確認して後悔のないようにしましょう。

このように、住宅手当を基準として就業先を選ぶということはあまり推奨されませんが、最終的な転職先の決定事項としては採用すべき項目でしょう。

住宅手当を重視するのであれば、あなたの就業条件などを登録することで住宅手当のある求人を簡単に見つけることが出来ます。

まずは候補を見つけるため、薬剤師転職サイトに登録してみて、求人情報を探しましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ