薬剤師の求人で勉強会あり、その種類と内容


薬剤師の求人で勉強会あり、とあるとどのような印象を抱くでしょうか。

勉強会には、会社の中で行い社内勉強会や外部で参加する外部勉強会があります。

これらの勉強会では具体的な医薬品を取り扱い、情報共有の場としたり、より基本的な会話スキルなどを取り扱うものと種類はたくさんあります。

具体的に職場ごとにどのような勉強会があるか見つつ、勉強会に焦点を当てた転職活動のコツを見ていきましょう☆☆☆

薬剤師の求人で勉強会ありだと調剤薬局、ドラッグストアで期待できる内容とは

薬剤師の求人で勉強会あり、という文字がある場合、どのようなことが期待できるでしょうか。

基本的に調剤薬局やドラッグストアなどで行われる勉強会はOTC医薬品や服薬指導といった業務に直結した内容を扱うことが多いです。

その中でも新しく発行されたインタビューフォームを製造販売者のMRが訪れて直接説明する勉強会であったり、新しく副作用情報などを共有するための勉強会といった次の日の業務に直結する知識を共有するものが多いです

他にも、在宅医療の重要性を理解するための勉強会や患者さんとのつきあい方を考えさせる勉強会といった倫理的な部分を強調したものがあります。

いずれにせよ、これらの勉強会はスキルアップに最適です。

調剤薬局やドラッグストアでは社内でこのような勉強会を多く開催している場合が多く、大手であれば段階別に準備されていることも多いです。

これらの勉強会に参加できる時間が準備されていて、きちんと本人のレベルに合った勉強会に参加できることから安心して参加できるというメリットが有ります。

さらに点数制などを取り入れ、やる気を持続させるためのやり方が確立されているところもあり、モチベーション維持にも安心があります。

薬剤師の求人で勉強会ありで期待できる病院などでの内容とは

薬剤師の求人で勉強会ありで期待できることといえば、病院などの医療機関であれば、医薬業界の最新ニュースを扱った内容のものです。

もちろん、新たに使用を開始した薬剤など業務に直結した内容もありますが、研究者的な立場からの勉強会が多くなります。

大きな病院になれば、それぞれの専門にこだわらず、広く知識を獲得することができるので、やる気の向上につながりますし、スキルアップが出来ます。新たな分野に精通する機会を得られるともいえます。

発展的な内容となりますので、事前に予習を行うなど、勉強会以外に勉強の時間を確保することが必要といえるかもしれません

薬剤師の求人で勉強会あり、外部の勉強会への参加も

薬剤師の求人で勉強会について特に明記されていない場合勉強会にまったく参加できないかというとそうではありません。

薬剤師の教育課程が6年になったことで薬剤師の地位が向上し、同時に社会に求められる薬剤師の役割も重要視されるようになりました。

そのため、全国的に多くの外部の勉強会が開催されています。

在宅医療であったり、患者さんとより信頼関係を築くためのコツを題材とした勉強会が代表的です。

在宅医療に必要なバイタルサインの見方といった技術的な面はもちろんのこと、患者さんとの距離感、つまりパーソナルスペースといったものが学べます。

基本的な挨拶の仕方から会話のコツから相談の乗り方、アドバイスをする際の注意点など人とのコミュニケーションの取り方に不安のある方も参加できるものとなっています。

薬剤師の求人で勉強会ありのものは、実際どのくらい出ているの?

薬剤師の求人で勉強会ありになっているものはどのくらい出ているのか、最後に実際の求人状況をお伝えします。

当サイトでお勧めしている薬剤師転職サイト「リクナビ薬剤師」で実際に出ている求人の中から、東京都、大阪府、愛知県、福岡県の4地域で出ている調剤薬局、ドラッグストア、病院の3業種の求人について調査をしました。

※調査日時:2016年2月(非公開求人を除く)

東京都

全体の求人数 勉強会ありの求人数 勉強会ありの求人の比率
調剤薬局 3745件 258件 6.80%
ドラッグストア 1306件 8件 0.60%
病院 271件 9件 3.30%

愛知県

全体の求人数 勉強会ありの求人数 勉強会ありの求人の比率
調剤薬局 1648件 133件 8.00%
ドラッグストア 662件 4件 0.60%
病院 101件 11件 10.80%

大阪府

全体の求人数 勉強会ありの求人数 勉強会ありの求人の比率
調剤薬局 2061件 132件 6.40%
ドラッグストア 633件 5件 0.70%
病院 228件 7件 3.00%

福岡県

全体の求人数 勉強会ありの求人数 勉強会ありの求人の比率
調剤薬局 1410件 66件 4.60%
ドラッグストア 326件 0件 0%
病院 94件 0件 0%

このように、勉強会ありとして打ち出している求人はごく少数に留まります。

ドラッグストアに至っては、勉強会ありとしている求人は1%にも満たない状況となっています。

しかし、勉強会は一言で勉強会と言っても多くの形で存在します。

また、勉強会ありと謳っていないだけで実は小規模な勉強会があったりするのはよくある事です。

あくまでも求人を出す際の条件として、担当者が勉強会ありにチェックを入れなかっただけの場合も多いということです。

ちなみに当サイトでご紹介しているような大手調剤薬局やドラッグストアでは、まず間違いなく勉強会があります。

ですので、本当に勉強会が全くない職場なのかどうかは薬剤師転職サイトのコンサルタントに聞いたほうが確実です

もし今勤務している職場で勉強会が開催されない、外部の勉強会に参加できない、勉強会はあるけど内容に満足していない、という場合、選択肢としては勉強会のある就職先を探すか、もしくは外部の勉強会に参加できる雰囲気、制度のある職場に転職するかです。

ただただ勉強会があるという点だけで転職活動をするのは後の後悔に繋がる可能性があります。

まずは薬剤師のための転職専門サイトに登録して情報収集を開始しましょう。


タグ: , ,
カテゴリー: 雇用条件
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。