薬剤師は未経験でも転職できる!おすすめ職場4つと成功の4ポイント

薬剤師は未経験でも転職できるのか不安に思っている人は多いと思います。未経験の分野の職場に転職してみたいけれど、求人があるのか、仕事についていけるのか心配ですよね。

また、未経験の分野に転職しようと思ったけれど、採用試験を受けてもいつも不採用になってしまうという人もいると思います。

薬剤師が未経験で転職する場合のおすすめの4つの職場と転職を成功させるために押さえておきたい4つのポイントを説明します。これを読めば、未経験でも転職成功できるはずです!☆☆☆

薬剤師が未経験で転職するのが大変な理由

薬剤師が未経験で転職するのは、ハッキリ言って大変なことが多いです。転職してから、「こんなに苦労するなら、転職しなければ良かったかも」と思うこともあるのです。

薬剤師が未経験で転職するのが大変な理由には、次の2つがあります。

  1. 職場によって仕事内容が全く違う
  2. 職場のやり方や求められるスキルが異なる

この2つの理由を実際に未経験で転職した薬剤師さんの体験談を交えながら説明していきます。

職場によって仕事内容が全く違う

薬剤師は職場によって、仕事内容が全く違います。同じ薬剤師の仕事でありながら、病院での仕事、調剤薬局での仕事、ドラッグストアでの仕事、製薬会社での研究の仕事、CRAやMRの仕事、これらは全然違う仕事内容なのです。

29歳 女性 企業から調剤薬局への転職

企業で研究の仕事をしていましたが、結婚を機に調剤薬局へ転職しました。同じ薬剤師の仕事だし何とかなるだろうと思っていたら、今まで使っていた知識が全く役に立たず苦労しました。全然違う職種の仕事をゼロから覚えるような感覚です。

薬剤師の仕事と言っても、職場によって仕事内容は全く違います。そのため、未経験で転職するのは大変なのです。

職場のやり方や求められるスキルが異なる

薬剤師は、職場によってやり方や求められるスキルが異なります。例えば、ドラッグストアや調剤薬局は接客業のスキルが必要です。さらに、ドラッグストアは商売であることを意識しなければいけません。

また、MRやCRA、CRCは企業の一員として、医療人として働くだけでなく、その企業のために利益を追求する姿勢を求められることもあります。

38歳 男性 病院からドラッグストアへの転職

病院での仕事に疲れたので、ドラッグストアへ転職しました。薬剤師としての知識面は勉強することで何とかカバーできたのですが、お客様への接客がなかなか慣れずに苦労しました。

病院では患者さんに接する機会はそこまで多くなかったですし、患者さんとは対等な立場で接してきたのですが、ドラッグストアはお客様に対する接遇が求められるので、正直ストレスが溜まります。

薬剤師の仕事と言っても千差万別なので、薬剤師としての知識だけではなく、それ以外のスキルややり方のギャップに苦労する人が多いのです。

未経験の転職は大変だけど、やりがいがある!

未経験の転職は大変です。「それなら、転職しないほうが良いの?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

興味のある分野に転職すれば、やりがいを感じられるからです。

30歳 男性 製薬会社から療養型病院へ

製薬会社から療養型病院へ転職しました。転職した当初は、仕事内容が全く違うので、苦労の連続でした。でも、病院での仕事にやりがいを感じているので、転職して良かったと思っています。

今の職場では患者さんと接する機会もありますし、患者さんの回復に役に立っているという実感を持つことができて、医療人としてのやりがいを感じることができます。

患者さんの顔が見える。そして、その患者さんの回復を実感できるというのは、前の職場では経験できなかったことなので、思い切って転職して良かったです。

未経験で転職すれば、誰だって最初は苦労します。でも、それ以上に希望した職場&興味のある職場で働くと、やりがいを感じられることが多いのです。

だから、転職してみたいと思った人は、思い切ってチャレンジしてみると良いでしょう!

薬剤師が未経験でも転職しやすい4つの職場

薬剤師は未経験で転職すると、大変でもやりがいを感じることができます。とはいっても、いくらやりがいを感じても、あまりに大変だと転職を後悔することになりかねません。

また、薬剤師の職場すべてが未経験で転職できるというわけでもないのです。未経験で転職しやすい職場と転職が難しい職場があります。

まずは、未経験でも転職しやすい職場を確認しておきましょう。薬剤師が未経験でも転職しやすい職場は、次の4つがあります。

  1. 調剤薬局は未経験なら一番おすすめ!
  2. ドラッグストアが未経験でも大丈夫!
  3. 病院の中でも療養型病院なら未経験でも働きやすい
  4. MR、CRA、CRCは未経験の中途採用が多い

この4つの職場・仕事はなぜ未経験でも転職しやすいのかを詳しく説明していきます。

調剤薬局は未経験なら一番おすすめ!

調剤薬局へ未経験で転職というのは、実は薬剤師として最も容易な転職方法かもしれません。

それは、やはり調剤薬局で働くためには薬剤師免許が必須であり、薬剤師がいないと薬局の経営が成り立たないことから、調剤薬局は未経験者でも安心して入れるように様々な研修制度や支援制度をそろえているのが普通です。

未経験者専用の研修であったり、新卒じゃなくとも新人研修うが受けられたり、先輩とのマンツーマン制度があったりとその取り組みは様々です。

しかし、実際にその制度が活用されているか、意味があるかというのは薬剤師転職サイトなどで評価を確認することが重要です。

興味を惹かれる制度があったら、まずは情報収集して、自分に合ったものか確かめましょう。

調剤薬局は在宅業務など、多くの事業に取り組んでいる調剤薬局もありますが、基本的には毎日がルーチンワークとなります。

前職にもよりますが、どのような仕事になるかはきちんと転職サイトなどで確認してから転職活動を行うようにしましょう。

実際に転職した方の体験談を見ていきましょう。

30代 女性 製薬会社から調剤薬局へ

わたしは、結婚を機に、転勤族である夫の転職先についていくために製薬会社から調剤薬局へ転職しました、30代の女性です。製薬会社から調剤薬局への転職は比較的、簡単と考ええて良いと思います。でも、いくら簡単に転職できるとはいえ、訪れる患者と服薬指導にいおいて直接話をする機会が多いので、それが苦手だとつらいかもしれません。でも私のようにむしろそれが良いと思うなら、おすすめです

薬剤師の転職、製薬会社から調剤薬局へは常套手段??

ドラッグストアが未経験でも大丈夫!

ドラッグストアへ未経験で転職するといっても、ドラッグストアが出している薬剤師の求人は多いので、基本的に内定を取るのはそこまで苦労しないかもしれません。

しかし、ドラッグストアへの転職で苦労するのはそのあとといっていいでしょう。

ドラッグストアは薬剤師が医療従事者として求められる医療の知識以外のものを最も多く求められる職業の一つと言えます。

棚卸などから始まる体力的にきつい業務に、お客さんを相手にする窓口業務、さらにレジ打ちなどの雑用が非常に多くあります。

調剤薬局並列タイプであれば、調剤薬局とほぼ変わらない業務となるかもしれませんが、ドラッグストアの中にワンコーナーで準備されている場合、多くの仕事が期待されます。

それをやりがいにできたり、いろいろできるから飽きずにいられる、とポジティブにとらえられるのであればよいですが、もし一つの業務に集中したいのであれば、お勧めできるものではありませんので注意しましょう。

もしよくわからないのであれば、薬剤師転職サイトに登録することで掲載されている情報を見てじっくり考えみるのがおすすめです。

では、実際にドラッグストアへ転職した方のお話を聞いてみましょう。

20代 女性 調剤薬局からドラッグストアへ

私はやりがいを求め、周りの従業員と協力する姿勢や薬以外の日用品も扱う仕事に惹かれ、思い切って調剤薬局からドラッグストアに転職をした20代の女性です。未経験で、雑務の多いドラッグストアということで不安はありましたが、やりがいをもって働けています。今ではその時に勇気を出してよかったと思えるようになっています。

薬剤師の転職、調剤薬局からドラッグストアで変わる職場環境

病院の中でも療養型病院なら未経験でも働きやすい

薬剤師が病院に未経験で転職する場合、病院の中でも療養型病院なら比較的働きやすい職場です。

急性期病院は、総合病院が多く、診療科が多岐にわたっているので、扱う薬剤の種類が非常に多くなります。また、新薬もどんどん導入されます。

それに対し、療養型病院は急性期病院に比べて扱う薬剤の種類は少なく、仕事内容もルーティンワークが多いので、慣れない仕事でもゆっくり覚えていくことができます。

ただ、求人数に関しては、調剤薬局やドラッグストアに比べると少なめなので、「希望に合った求人を見つける」という点においては、やや難しいかもしれません。

療養型病院の未経験OKの求人を探すなら、薬剤師転職サイトで求人を探すことをおすすめします。

では、未経験で療養型病院へ転職を成功させた薬剤師さんの体験談をご紹介します。

30代 女性 調剤薬局から療養型病院へ

数年前に調剤薬局から療養型病院への転職を成功させた30代女性薬剤師です。より多くのやりがいを求めての転職でした。患者さんの入院から退院までを見守ることができ、社会に貢献しているという充実感もあり、大きなやりがいを感じられています。

薬剤師の転職、調剤薬局から病院という選択

MR、CRA、CRCは未経験の中途採用が多い

薬剤師の仕事にはMR(医療情報担当者)やCRA(臨床開発モニター)、CRC(治験コーディネーター)もあります。これらの仕事は、薬剤師の資格が必要というわけではありませんが、薬剤師の知識や経験を活かすことができ、薬剤に深くかかわる仕事です。

これらMR、CRA、CRCとして働く薬剤師は企業薬剤師とも言われて、一般企業や製薬会社で働くことになりますが、これらは未経験OKの中途採用の求人が多いので、転職するのは比較的簡単です。

特に、次の5つのアピールポイントがあると、未経験でも採用されやすくなります。

  • 前職で役職に就いていた
  • リーダーシップが取れる
  • ストレスに強い
  • コミュニケーション力が高い
  • 英語ができる

未経験者向けの研修制度・指導体制を整えているところも少なくないので、そのような企業を選んで転職すれば、未経験でも少しずつ仕事に慣れていくことができるでしょう。

では、調剤薬局からCRAに転職を成功させた薬剤師さんの体験談を見ていきましょう。

20代 女性 調剤薬局からCROへ

もともと2年間調剤薬局で働いいていましたが、何か物足りないような気がして転職を検討した結果、出会ったのがCROで働くCRAという仕事でした。未経験の職種への転職を一番心配していたのは、両親でした。しかし、今では両親を説得して勇気を出して自分の道を選んだことを本当に良かったと思っています。

薬剤師 転職で調剤薬局からCROという選択

次に、調剤薬局からMRに転職を成功させた薬剤師さんの体験談を見ていきましょう。

30代 男性 調剤薬局からMRへ

調剤薬局からMRに転職を果たした30代男性です。調剤薬局での給与に不満を持ったこと、さらにより外に出て仕事をしたかったことからMRに興味を持ちました。一番苦労したのは、実は求人数の多さです。MRという業界を理解していなかったこともあり、あまりにも多い候補からの絞り込みは大変でしたが、自分にぴったりの場所が見つけられたと満足しています。

薬剤師が転職で調剤薬局からMRに行くことはどういったメリット・デメリットがあるのか

薬剤師が未経験だと転職が難しい3つの職場

薬剤師が未経験だと転職するのが難しい職場もあります。その職場とは、次の3つです。

  1. 急性期病院は未経験だと仕事に追いつけない
  2. 大学病院は新卒採用が基本
  3. 製薬会社の研究・開発職は未経験だと採用が難しい

これらの職場は、新卒採用が多く、仕事内容的にも未経験だと難しいため、未経験の薬剤師には転職をおすすめできないのです。

急性期病院は未経験だと仕事に追いつけない

急性期病院の薬剤師の仕事は、とても忙しく、薬剤部で医師から処方された薬剤の調剤をする以外にも、病棟薬剤師として医師と協力しながら患者さんへの薬剤の処方をオーダーしたり、患者さんへの服薬指導をしたりと、非常に幅広くなっています。

しかも、病院の特性上、とても忙しく、臨機応変に対応していかなければいけないこともあります。

そのため、新人ならともかく、中途採用者にゆっくり業務を教えている余裕がないため、中途採用は経験がある即戦力を求めることが多いのです。また、中途採用の求人数もそれほど多くありません。

ただ、急性期病院に未経験で転職するのは絶対に無理というわけではありません。未経験でも急性期病院に転職できたケースはあります。

それでも、採用されるのは難しく、さらに採用になって実際に働きだしてからはもっと大変であることは覚悟しておく必要があります。

40代 男性 ドラッグストアから急性期病院へ

ドラッグストアから急性期病院への転職を成功させた40代男です。とりあえず仕事をしないと、という感じの新卒だった私は、とりあえず初任給が高いことが魅力だったドラッグストアで働くようになりましたが、より医療人としてのやりがいを求めた私は病院への転職を志しました。

未経験ということもあり、求人がなかなかないのが大変でしたが、その大変さを超える価値はあったと思っています。

薬剤師の転職でドラッグストアから病院はお金とやりがいが肝

20代 女性 製薬会社から急性期病院へ

製薬会社から病院へ、20代のうちに転職を決意した女性です。今は日々チャレンジとやりがいがありつつ、臨機応変な対応と忙しさに耐えうる体力とメンタルの強さが求められる急性期病院に勤めています。

未経験ということもあり、新しいことだらけで企業時代よりも大変な面もたくさんありますが、それをカバーするだけの充実感を持って毎日を過ごしています。

薬剤師で転職、製薬会社から病院に行くには

大学病院は新卒採用が基本

大学病院も、未経験で転職するのは難しいことが多いです。大学病院は、新卒採用が基本なので、中途採用の求人は非常に少ないのです。

しかも、大学病院の場合、系列の大学出身者を採用するのが一般的です。そのため、出身大学が違い、さらに中途採用で未経験の薬剤師が大学病院に採用されるのは、非常に難しいと言えるでしょう。

仕事内容も、最先端の医療を行っているため、薬剤師に求められるスキルも高くなるため、採用後は苦労するはずです。

ただ、未経験で大学病院への転職が不可能というわけではありません。20代の若いうちに、大学病院を目指すなら可能性はあります。

27歳 女性 製薬会社から大学病院へ

27歳で調剤薬局から大学病院へ転職した薬剤師です。調剤薬局で働いている中で、もっと最先端の医療の職場で経験を積みたいと思い、大学病院への転職を志しました。

転職活動はハッキリ言って大変でした。求人はなかなか見つからないし、求人に応募しても不採用になるし。薬剤師転職サイトで非公開求人を紹介してもらって、何とか採用されました。

でも、入職後はさらに大変で…。最先端の医療の中で、日々スキルアップしながら働くことに充実感を持つことができていますが、それ以上に今はまだ大変なこと、辛いことがたくさんあって、仕事を覚えることで精いっぱいです。

それでも、今は間違いなく転職して良かったと心から思うことができています。

大学病院の薬剤師への転職は難しい?

製薬会社の研究・開発職は未経験だと採用が難しい

製薬会社の研究・開発職への転職も、未経験だと採用が難しいことが多いです。製薬会社の求人は、基本的には新卒採用で、中途採用は経験者のみであることがほとんどだからです。

だから、未経験で製薬会社の研究・開発職への転職はとても厳しいと言えるのです。

ただ、製薬会社のMRの学術的教育やDI業務を行う学術部門なら、転職できる可能性はゼロではありません。

先ほど説明したような「前職で役職に就いていた」や「英語ができる」などのアピールポイントがあると、製薬会社の学術部門に未経験でも転職できる可能性が出てきます。

では、実際に未経験で製薬会社の学術部門に転職した薬剤師さんの体験談を聞いてみましょう。

30代 女性 調剤薬局から製薬会社へ

前職調剤薬局、現在製薬会社で学術部門を請け負っている30代女性です。自分の培ってきたマネージメント能力を武器に内定を取ることができました。企業への転職が難しいとあきらめずに自分の武器を見出すことがコツです。

薬剤師の転職、調剤薬局から製薬会社は狭き門?

未経験で転職する薬剤師が知っておきたい成功のための4ポイント

薬剤師が未経験で転職するなら、次の4つのポイントを確認しておきましょう。

  1. 未経験での転職は給料が下がるが、転職はステップアップのための第一歩
  2. 未経験での転職は面接でのアピールが大切
  3. 転職後にしっかり指導してくれる職場を選ぶ
  4. 薬剤師転職サイトを利用すれば、転職失敗のリスクは減る

この4つのポイントを押さえておくことが、未経験での転職成功のカギとなります。

未経験での転職は給料が下がるが、転職はステップアップのための第一歩

薬剤師が未経験の分野に転職しようと思った場合、基本的に年収は下がります。なぜなら、今までのあなたの薬剤師としての経験を、十分に活かすことができないためです。

即戦力になれない人に、高給与を提示する職場はほとんどありません。それを知らずに、自分の希望する給与を提示してくれる求人を探していたら、転職活動は全く進まなくなってしまいます。

だから、未経験で転職をするなら、給料ダウンは覚悟しておかないといけないのです。

ただ、未経験で転職したら、ずっと給料が低いままというわけではありません。そこからステップアップしていけば、給料はどんどん上がっていきます。

例えば、CRAは最初は年収400~450万円ですが、経験を積んで昇進していくと、どんどん給料が上がり、最終的には年収1000万円以上を稼ぐことも可能です。

また、最初は未経験でも働きやすい療養型病院に転職し、そこで病院薬剤師としての経験を積んでから、給料が高い急性期病院へ転職すれば、転職で給料アップを狙うことができるのです。

まずは給料ダウンを受け入れる。そこから、ステップアップしていくようにしましょう。

未経験での転職は面接でのアピールが大切

未経験で転職するなら、面接でしっかりアピールすることが、採用を勝ち取るためには大切なことです。面接でやる気や熱意、あなたのアピールポイントや長所をしっかりと伝えることができれば、「未経験でも採用してみよう」と思ってもらえるはずです。

未経験であることは、ハッキリ言って不利です。採用側は中途採用ではできるだけ即戦力を採りたいと思うものですから。

でも、面接でアピールできれば、未経験というマイナスポイントをカバーすることができます。

  • なぜ未経験の分野に挑戦するのか
  • 志望動機は?
  • 自己PRポイント

これらをハッキリと伝えられれば、未経験でも採用してもらえる可能性が高くなります。

転職後にしっかり指導してくれる職場を選ぶ

薬剤師が未経験で転職するなら、転職後にしっかり指導してくれる職場を選びましょう。最初にも説明しましたが、薬剤師の仕事や求められるスキルは、職場によって大きく異なります。

だから、未経験で転職すると、ゼロから仕事を覚えていかなくてはいけないのです。この時に、丁寧に指導してもらえるのか、放置されて見よう見まねで仕事を覚えなくてはいけないのかによって、ストレスは全然違ってきます。

大企業は基本的に中途採用者向けの研修があり、フォロー体制が整っているところが多いです。中小規模の職場は、そのような研修や中途採用者向けの指導マニュアルはないところが多いです。

それでも、職場全体で指導してくれる、先輩がマンツーマンで指導してくれるようなところであれば、仕事に慣れやすいです。

研修制度・フォロー体制が整っているかどうか、または丁寧に指導してくれるかはきちんと調べておきましょう。

薬剤師転職サイトを利用すれば、転職失敗のリスクは減る

未経験の分野へ転職を考えている薬剤師は、薬剤師転職サイトを利用しましょう。そうすれば、転職に失敗するリスクは少なくなります。

転職サイトに登録すると、担当の転職コンサルタントがあなたの転職のお手伝いをしてくれます。転職コンサルタントは仕事内容や指導体制を細かく調べてくれます。

また、未経験では転職が難しいとされる職場へ転職したい場合も、未経験可の求人を非公開求人の中から紹介してくれますし、未経験でも採用してもらえないかを職場側と交渉してくれるのです。

さらに、面接対策もしてくれるので、採用してもらえるような面接アピールの方法などもアドバイスしてもらえます。

まとめ

薬剤師が未経験で転職する時のおすすめ職場や転職が難しい職場、知っておくべき4つのポイントをまとめました。

薬剤師が未経験で転職するのは苦労も多いですが、やりがいを感じることができるので、諦めずに転職活動を始めましょう。

未経験の分野に転職するなら、薬剤師転職サイトを使いましょう。転職サイトなら、人気の非公開求人を扱っていますし、担当コンサルタントがあなたの転職を全面的にサポートしてくれるので、未経験でも転職に成功することができるのです。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ